ピクシブ百科事典

セシル・ハーヴィ

せしるはーゔぃ

セシル・ハーヴィとは、ファイナルファンタジー4の主人公である。
目次[非表示]

キャラクター概要

セシル・ハーヴィ(Cecil Harvey)はスクウェア(現:スクウェア・エニックス)が発売したゲームソフト『ファイナルファンタジー4』(以後、FF4)および、『ファイナルファンタジー4 THE AFTER -月の帰還-』(以後、TA)、『ディシディアファイナルファンタジー』(以後DFF)などに登場するキャラクターで、暗黒騎士及びパラディンである。FF4本編において主人公を担う。
声優(DS版、DFF)は程嶋しづマ

プロフィール

名前:セシル・ハーヴィ(Cecil Harvey)
職業:あんこくきし(暗黒騎士)/パラディン
出身:不明(注1)
年齢:20歳(初登場時)
身長:178cm(同上)
体重:58kg(同上)
ききうで:みぎて

TAでのプロフィールは不明。

キャラクター

FF4本編における主人公である。
真面目で優しい青年。悪く言えば堅苦しい。

酒は呑めるらしいが、DS版では酒場でミルクを頼んでいる場面がある。
同じくDS版では「あいのフライパン」を受け取ったあと他のメンバーとは異なり一人だけ、「これで何かをつくれば……?」と見当違いなことを思う天然ボケな一面もある。
また、怒ると怖く、卑怯な手段を用いる者や、自分の弱さに開き直って自暴自棄な態度を見せる者に対し激昂した事も(バロン王に化けたカイナッツォに怒りを露わにしたり、恋人と母国を失い泣き崩れるギルバートにビンタをかまして「悲しいのは君だけじゃない」と言い放つ程)。

出生不明の捨て子だったが、バロン王に拾われ、その下で育つ。
最強軍事国家バロンの主力部隊である飛空艇団赤い翼(赤き翼)の隊長を務めていたが、ミシディアの水のクリスタル奪取任務を遂行後、国王への疑念を看破され、部隊長の任をとかれ、カインと共にミストの谷の幻獣討伐の任に就く。
ミスト村での事件をきっかけに、完全にバロンからの離反を決意、(結果的にとはいえ)自らが母を殺めてしまったリディアを連れて各国へ協力を要請しに旅立つ。

その後は黒幕ゴルベーザからクリスタルを護るべく戦うこととなるのだが、道中で真の闇を討つ光を手に入れるため、また、自分自身の暗い過去と決別するべく、試練の山にて父クルーヤの光を授かり、暗黒騎士からパラディンへとクラスチェンジする。

物語終盤に、月の民の眠りを護る伯父フースーヤから、自身が月の民の血をひくものであることを告げられる。
さらに、今まで憎み、戦ってきたゴルベーザが自分の兄であることが発覚し、真の黒幕ゼムスに操られていただけに過ぎないという残酷な事実がわかる。

また、DS版ではゴルベーザの語りにより、セシル出生に関する詳細も聞ける。

エンディングではバロンに戻り、王位を継いでローザを妃に迎えている。
後に息子セオドアが生まれ、父親になった。

TAでは、魔物の軍勢から襲撃されたバロンを護るために、国王自らが前線にたつが、黒幕の謎の少女マイナスに敗北し、心の光を抜き取られて支配されてしまう。
まるでマイナスの男性版とも言える無機質な人格にすり替わっており、かつて同じように他者に操られた経験を持つ男をして「(お前は以前と)変わったな…」という印象を持たれている。これは、FF4における洗脳には無かった状況であり、新手の操り方である。
その後、先王の魂を持つオーディンにより支配は解けるが、それでも元に戻ることはなく、抜け殻の状態が続く。しかし、再び心の闇である暗黒騎士の自らと、ゴルベーザたちと共に戦うことになり、その中で光を取り戻す(このときの展開はパーティメンバー内の特定キャラの有無で異なる)。

ビジュアル面

消えてゆく力、守り続ける力


暗黒騎士時代はフルフェイスの兜と全身鎧のせいで容姿不明だが、パラディンになると素顔を曝け出す。
銀色でやや長髪をしており、FF4のドット絵では緑、DS版では青、携帯アプリ版では薄い紫の瞳をしている。
オリジナルのパッケージ版では茶髪。ドット絵では薄紫色の短髪である。

脚注

1:月の民の血をひき、バロンで育てられているが、地上での出生地がどこなのかは不明である。

性能

暗黒騎士

序盤は暗黒騎士の姿で戦う。
装備できる武器や防具が限られており、後述のあんこくも含め攻撃一辺倒の戦いになってくる。
専用コマンドは「あんこく」。HPを消費して敵全体を攻撃する。威力はそこそこ強力だが、アンデッド系の敵には無効化されてしまうという弱点がある。
なお、専用の武器や防具はそのまま装備していると、後述のパラディンにジョブチェンジした時に消滅してしまうので、アイテムをコレクションしている方は要注意。

パラディン

試練の山で試練を乗り越えた後、パラディンの姿になる。
暗黒騎士時代よりも能力が一気に強化され、最終的には全メンバーの中でも随一の火力を誇るようになる。また、装備できる武器種がかなり多くなり、場面に応じて弱点を意識した武器換装をすると活躍できる局面は非常に増える。
専用コマンドは「かばう」「白魔法」。
かばうは対象に選んだキャラが物理攻撃を受ける際、身代わりとなって自分がダメージを受けるというもの。また、瀕死の味方がいるとコマンドを入力していなくても自動でかばう(他のメンバーにかばうを掛けていた場合は例外)。
白魔法はケアルラやレイズを習得できるものの、覚える魔法が少なめなのでサポート面においては少々心許無く、あくまでローザやリディアなどの魔法主体で戦うメンバーの負担を軽減する程度に使うのが無難。

FF4TAでは終盤になってようやく戦力になる形で加入する。参加できるバンド技がかなり多いのが特徴。

DFFシリーズ

FF4代表のコスモス枠の戦士として参戦。
ゴルベーザの正体を知っており彼を「兄さん」と呼ぶ事から、ゼロムスとの決着がついた後に召還された模様。
原作と比べると穏やかな性格が強調されているものの、道に迷い悩む所は変わらない。

作中ではフリオニールクラウドティーダと行動を共にしているが、本来ならば敵対するカオス陣営に所属するゴルベーザの事を気に掛けており、フリオニールからもその事について忠告を受けている。

ちなみにシリーズを通して「兄さん、来てくれたんだね!」「兄さんには指一本触れさせない!」など、原作とは比べものにならない頻度で作中でやたら兄さんを連呼するので一部プレイヤーからはブラコン疑惑がかけられている。

続編のDDFFで語られる過去の物語では、神々の闘争の世界に召還されてまだ間もない為か記憶の大半を失っており、コスモスの戦士として同じ世界から召還されたカインの事は覚えている一方でゴルベーザの事を覚えておらず、カインと接触を図ったゴルベーザが視界に映った途端に敵と認識して斬りかかるという描写がある。

「いい子ぶりやがって」「どっちつかずは嫌い」との理由でケフカに嫌われている(これはレオ将軍と重ねているからなのか)。
それに対し彼も「なぜ人の痛みがわからない?」と激昂していた。
ちなみにケフカは兄の方も嫌っており、DDFFにおけるエンカウントボイスでは「兄弟揃って半端もんが!」と声を荒げている。

戦闘におけるコンセプトは、異なる二つの姿を駆使して戦う「スタイルメイカー」。
地上戦と火力に優れる暗黒騎士と、空中戦と防御力に特化したパラディンの姿を自在に変えて戦う。

変身するタイミングはHP攻撃を繰り出した時で、地上で発動した時は暗黒騎士、空中で発動した時はパラディンの姿になる。また、レベルを上げると変身用のブレイブ攻撃も習得できる。
また、それぞれの姿にブレイブ攻撃がそれぞれ個別に存在するため、攻撃アビリティ数はかなり多い。

EXモード時は手に持っている武器が両端が刃になっている槍から片手剣に変わり、R+□のコマンド入力で瞬時に変身できるようになる。

関連イラスト

暗黒騎士

暗黒騎士セシル


パラディン

ファイナルファンタジーⅣのセシルさん
FF4TAセシルらくがき


瞬く水晶(クリスタル)。
車田風味セシル


関連タグ

セシル FF4 ファイナルファンタジー4 FF
ディシディア デュオデシム シアトリズム
暗黒パラディン
コンビ・その他
セシロザ(ローザとのカップリングタグ)
バロン組(ローザ・カインとのトリオタグ)
月兄弟(ゴルベーザとのペアタグ、いくぶん腐向け
24710フリオニールクラウドティーダとのパーティタグ)
SFC組バッツティナ)とのパーティタグ

外部リンク

FF用語辞典内【セシル・ハーヴィ】

pixivに投稿された作品 pixivで「セシル・ハーヴィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195605

コメント