ピクシブ百科事典

ギルバート・クリス・フォン・ミューア

ぎるばーとくりすふぉんみゅーあ

ギルバート・クリス・フォン・ミューアとは、『ファイナルファンタジー4』シリーズに登場する仲間キャラクターの1人である。
目次[非表示]

FF4』・『FF4TA』に登場する王族で吟遊詩人ギルバートのフルネーム。pixivには他のギルバートの絵も多いので、探す際には「FF4」などと合わせて検索することが望まれる。

CV:堀川りょう(DS版、iOS/Android版)

FF4時代

ダムシアン王国の王子。24歳。身長174㎝、体重51㎏。
身分を隠すために吟遊詩人として過ごし、テラの一人娘、アンナと駆け落ちする。良く言えば心優しい、悪く言えば過度の臆病な性格。
ゴルベーザの手によってダムシアン王国と恋人を失い泣き崩れるが、自暴自棄になった所をリディアセシルに叱咤された事をきっかけに仲間に加わる。

だが、戦闘面であまり役に立たない(攻防特技すべて振るわない上に、勝手に隠れたりする)上に、どうもヘタレな印象は否めない。
その上パーティ内に居る期間自体が短く(ダムシアン崩壊~リヴァイアサン襲撃)、ゲーム中半分以上の期間を寝たきりで過ごしている。
とは言え、ダークエルフ戦でのひそひ草を通しての支援など、見せ場も無いわけではない。

GBA版では終盤〜追加ダンジョンでの出番が追加され、パーティメンバーとして復帰。長くレベル上げをしないと役に立たないが、実はレベル上げ末期になってからの伸びがハンパではなく、専用武器の性能がオンリーワン的な活躍のできる代物に仕上がっているため、育成すると化ける。

FF4TA時代

ダムシアンの王に即位し、戦乱で傷ついた諸国を経済的に支援するなど立派な大人に成長している。智慧も回りバロンの陰謀を打ち破ったりした。
彼を慕う秘書のハルが登場、たがいに惹かれあっている様子が見られる。

尚、月が見える夜には亡くなった恋人とその父を思い、リュートを奏でているらしい。

GBA版の頃の攻撃的なスタイルは控えめになり、アイテムを一度に全員に使う技能を数段強化させている。このため、パーティ内でのサポート役として重要な立ち位置になる。

関連イラスト

ギルバートとリディア
20th!
ぼくの歌姫


関連タグ

ギルバートに光を! ヘタレ

外部リンク

FF用語辞典内【ギルバート・クリス・フォン・ミューア】/FF4

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルバート・クリス・フォン・ミューア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208079

コメント