ピクシブ百科事典

カイン・ハイウインド

かいんはいういんど

カイン・ハイウインド(Cain Highwind)とは、RPG『ファイナルファンタジー4』のプレイヤーキャラクターの一人である。
目次[非表示]

プロフィール

名前カイン・ハイウインド(Cain Highwind)
職業りゅうきし(竜騎士)/聖竜騎士
出身バロン王国
年齢21歳(初登場時)
身長183cm(同上)
体重61kg(同上)
ききうでひだりて(※)
CV山寺宏一(DSリメイク版およびDDFF

※ オリジナル準拠及びTAでの設定だが、DS版では「ききうで」が廃止され、モーションでも右手で槍を構えている。

概要

カイン・ハイウインド(通称カイン)は、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)が発売したRPG『ファイナルファンタジー4(以後、FF4)』および、『ファイナルファンタジー4 THE AFTER -月の帰還-(以後、TA)』などに登場するキャラクター。
ジョブは竜騎士(のちに聖竜騎士)である。

経歴

本編の主人公セシルの親友であり、軍事国家バロンの竜騎士団隊長。
父親も高名な竜使いであったが、幼少の頃に職業病で他界。その時から竜騎士としての素質を見いだされ、バロン兵学校へ入学、本格的に竜騎士の道へと進む(コミカライズの前日談より)。

セシルの恋人(後に妻)であるローザに密かに恋心を抱き、それが捨てられずにいた。その心の隙をゴルベーザに利用され、作中で二度も親友を裏切ることになる。

二度目の裏切りの際に放った
だいじょうぶだ‥‥ おれは しょうきに もどった!
…という台詞は本作を代表する名(迷)台詞として現在もファンの間で話題に上がることもしばしば。

エンディングではバロンを離れ「試練の山」で独り修行をしている。
セシルたちを二度も裏切ったことへの自責の念と、ローザへの想いがあるために素直に彼らを祝福することができないという複雑な想いゆえであろう。

それゆえ、心の迷いなどを映し出すダンジョン「月の遺跡」では、セシルとローザがイチャつく中で殺人事件の犯人に間違われ、事件解決させようと孤軍奮闘していた状況で偶然、敵にやられたセシルの姿を目撃し、真犯人から「セシルへトドメを刺せ」という悪魔のささやきを受けるというとんでもない葛藤を体験することになる。

しかし、「父を超える竜騎士となったそのときにはバロンに戻れるかも」と言っているが、十数年経ったTAでも、結局その想いを引きずり続けて試練の山にまだ居たことが発覚。
試練の山でクルーヤに導かれ、己の心の闇と戦うが、この際に元のカインが敗れ、闇のカインが独立してしまうのであった。そして残った本体は……。

参考

ネタバレポロム編



後にカインは心の闇を受け入れ、真の光を手にし、聖竜騎士へクラスチェンジを果たすのである。心の闇の部分を否定しないのが重要なポイントであり、良い部分も悪い部分も併せ持つのが人間という、時田イズム全開の展開でもある。

エンディングでは赤き翼の部隊長となり、セシルたちの息子セオドアと共に各国の支援にまわる姿が見られる。

ビジュアル設定

彼の素顔は金髪碧眼として描かれることが多かったりするが、FF4本編のドットをみるかぎりではむしろ赤い眼をしている。
FFRKでは他のFF4キャラ同様に、原作の頃からドットがあったがFF6準拠のものが新しく用意されておりエドガーをベースにしたモーションとなっている。また、肌の色が多少他のキャラクターと異なる。

フォロー

裏切りが目立つせいで何かとネタ扱いされることの多い彼だが、いけ好かない態度を取る割には非常に人望が厚い。その為デュオデシムではケフカに「裏切り者のおいでですか?」と罵られた事も。

FF4本編冒頭では、自らも罰せられるかもしれないというのにセシルを庇い、ミストの村を焼き払うために、己を利用したバロン王と決別する覚悟を決めた彼を見捨てずについていく意思を見せてもいる。己の精神的な弱さに付け込まれたために洗脳されセシル達の敵に回ったことについTRもカイン本人は強い罪悪感を持ってもおり、終盤にパーティ復帰した際、エッジに「また操られたりしなきゃいいんだがな」と皮肉と疑念をぶつけるエッジに対し、「その時は遠慮なく俺を斬るがいい!」と躊躇うことなく断じ、相応の覚悟を示している。
シドが自らを犠牲にした際にも、「どいつも死に急ぎやがって!」と普段クールな彼が激昂する様子が見られる。

本来は非常に真面目で善良な性格であるが、ローザへの純粋な想いがゆえに悪に利用され、悲しい目にあってしまった、れっきとした被害者である。

更に身も蓋もない事を言っていしまえば、一連の彼の行動は洗脳されていた状況でとった行動であり、彼自身が自らの意思を持って一行を裏切ったことは少なくともゲーム作品としては一度もない。そういう意味では裏切り者キャラ呼ばわり自体が風評被害ともいえる。
(小説版では前述の二度目の裏切りはあえて洗脳される前にゴルベーザの軍門に下る事でセシル達に手出しをさせないという取引とされている。こちらは自分の意志で裏切っているもののあくまでセシルたちを案じての上の行動である)


かっこいいキャラなんだよ!

戦闘能力

装備可能な武器は剣・槍・斧。最終パーティメンバーの一人でもあるのでメンバー中屈指の物理アタッカーとして活躍する。
後述のジャンプが非常に強力で、通常攻撃でたたかうよりもこちらを連発するのが主なバトルスタイルとなってくる。
反面、魔法関連のアビリティは武器やアイテムを使わないとほぼ使えないので、その辺りは白魔法を扱えるセシルとの差別化といったところか。

固有コマンドは「ジャンプ」。空高く跳び上がって姿を消した後、対象の頭上から攻撃する。
その性質上「たたかう」よりも攻撃発動までの時間が長くなり速効性に欠けるが、飛び道具や魔法と同様に後衛相手でも命中率・威力の減衰がなく、威力自体も大幅にアップする。ボス戦などの長期戦ではこちらを連発する方がダメージ効率は良い。また、一部の敵の防御技・回避技を無視してダメージを与えたり、無効化することがある他、姿を消している間は完全無敵なため、発動タイミングを調整することで、回避不能な攻撃を無傷でやり過ごしたりも出来る。


DFFシリーズ

第2作目のDDFFより、コスモス陣営の戦士として参戦。
ストーリーではライトニングら新規参戦したコスモス陣営の戦士達と行動を共にしていた。
原作での裏切りネタから、参戦決定の情報が公開された直後からファンの間では「まさかまた裏切るのか」「どのタイミングで裏切るのか」と不安な声が囁かれていた。
そしてゲーム開始からものの数刻も経たない内に本当に裏切る。
……が、これは誰かに洗脳されていたり闇落ちしたといった訳ではなく、以下の経緯によるもの。

ある時、カインは同じ世界からカオスの戦士として召喚されていたゴルベーザと遭遇。
ゴルベーザからこの戦いの真実を聞かされたカインは12回目の戦いはあえて敗北を選び、13回目の戦いで神々の闘争に終止符を打つべく、コスモスの戦士達を倒し回っては敵の手が届かない場所へと匿うという行動に出る。
コスモス陣営からすれば味方が敵に寝返ったとも見られても仕方のない行為ではあったものの、唯一ウォーリアオブライトコスモスは本人から事前にこの計画を聞かされていた(後に12回目の戦いで消滅してしまうライトニング達も真実を知る)。

バトルにおけるコンセプトは「ポジションメイカー」。
空中での機動力が非常に優れており、さらにほとんどのブレイブ技はヒットさせるとエアダッシュで敵を追撃できる仕様となっている。
EXモードでは技が終わった後の隙をエアダッシュでキャンセルできるようになり、さらに敵に与えたダメージ分だけ自分のHPを回復しブレイブも即座に回復する専用技「竜剣」が使えるようになる。
EXバーストは「プライドオブドラグーン」。空高く飛翔し、上空から槍の一撃を食らわせる。
なお、コマンド入力が完全に成功すると、演出の最後にFF4のタイトルロゴと同じポーズを取る。
そしてレベルを100にしていると極稀に例の迷言を口走る

DFFNTでも参戦する。

関連イラスト

今日も明日もジャンプ
カイン 参戦


落下します3秒前


竜騎士の帰還
竜騎士



関連タグ

カイン ガリ おれはしょうきにもどった
FF4 ファイナルファンタジー4 FF 悪堕ち
バロン組(セシル・ローザとのトリオタグ) カイライ(DDFFでのライトニングとのカップリングタグ) 

リチャード・ハイウィンドシド・ハイウインド
……他タイトルの登場人物。同姓である他、槍使い、ジャンプ、飛空艇など各人には共通点が多い。

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー4 ふぁいなるふぁんたじーふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カイン・ハイウインド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312088

コメント