ピクシブ百科事典

ローザ・ファレル

ろーざふぁれる

ローザ・ファレルとは、「ファイナルファンタジー4」に登場する、仲間キャラクターの一人。本作のヒロイン。
目次[非表示]

概要

FF4』シリーズに登場する女白魔道士で、本作のヒロインの一人。並の白魔道士では及ばない治癒力を持ち、弓の腕も優れている。
タグとしては単にローザとなっている時が多い。
身長162cm、体重47kg。

セシルカインの故郷であるバロン王国の貴族の家に生まれる。
セシルとカインとは幼少時からの幼馴染で、このころからすでに、セシルに好意を持っていたと思われる。セシルの力になりたいという動機で白魔道士の道を進む。セシルの安否を確認するために単身で砂漠まで追っかけてきたりと行動力が半端ない(FF4TAでは、とあるシナリオでローザがこの時通ったルートを主人公が通るのだが、これがかなりの難関である)。
物語序盤でゴルベーザに拉致されてしまい、土のクリスタルとの取引に利用されてしまう。約束を破ったゴルベーザに危うく処刑されそうになったが、間一髪のところでセシルに助けられた。以後は離脱することなく主要メンバーとなる。
FF4エンディングにてバロン王となったセシルと結婚、王妃となる。

『インタールード』でもセシルと引き続き同行するも、途中で体調不良を起こし離脱。
後にその理由が妊娠であることがセシルのセリフで判明する。

続編『FF4TA』では、セシルとの間に一児セオドアを産んで、母親らしい落ち着いた姿を見せている。

戦闘能力

FF4

装備可能な武器は弓矢・杖。
これまでの白魔道士のイメージを払拭するかのごとく、弓矢で果敢に戦う。
……というか後述の専用コマンドや本作の弓矢の使い勝手の悪さもあり、実質本作において弓矢を使いこなせるのはローザ一択。

固有コマンドは「しろまほう」「いのり」「ねらう」。
「しろまほう」で習得する魔法はポロムと同じだが、どのレベルでどの魔法を習得するかが若干異なる。

「いのり」は味方全体のHPを回復するが、失敗する事もある。回復量は僅かなので、序盤を過ぎると出番はなくなる。
GBA版以降のリメイクでは、隠しダンジョンで入手できる白の指輪を装備すると、確実に発動できる上に味方全体にケアル・ケアルラ・ケアルダ&エスナのいずれかの効果を発揮する「きせき」に変化する。

「ねらう」は弓矢を装備している時にのみ使えるコマンドで、「たたかう」より攻撃発動がやや遅めになる代わりに、命中率が強化された攻撃を繰り出すことが可能。
本作では弓矢の命中率がやけに悪いので、弓矢装備でローザを戦わせる際は、このコマンドを使うのが定石となる。

FF4TA

前作同様に白魔道士ポジションで、装備できる武器も同じ。
魔法に関してはそちらの道を極めているポロムには今一歩及ばないが、「ねらう」で弓矢の威力を最大限に引き出せるという点ではまた違ったベクトルで活躍できる、いわば物理アタッカーもこなせる白魔道士といったところ。
また、バンド技でも何気に色々なキャラとの組み合わせが多く、特に5人バンド技では全キャラ中最多の3種類に参加する。

固有コマンドは前作とほとんど変わらないが、「いのり」が「しゅくふく」に変更されている。
効果は味方全体のHP・MPの小回復だが、こちらもいのり同様に失敗する事がある。

立場が似た人

同じスクウェア・エニックスのブレイブリーデフォルトに登場するエタルニア公国元帥夫人『ヲカエ・リー』はおそらくローザが元ネタ。旦那であるエタルニア公国元帥にしてセシルと同じ聖騎士(パラディン)ブレイブ・リーに始まり、とにかく彼女にまつわる馴れ初めエピソードにはセシルとカインのような出来事がある。なお、彼女は白魔道士ではない。

関連イラスト

ローザ
先回りのプロ
ローザママン
ローザ
センシティブな作品
ローザ



関連タグ

ファイナルファンタジー4
セシロザ (セシルとのカップリングタグ)
バロン組 (セシル・カインとのトリオタグ)

外部リンク

FF用語辞典内【ローザ・ファレル】

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー4 ふぁいなるふぁんたじーふぉー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ローザ・ファレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205560

コメント