ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)が発売したゲームソフト『ファイナルファンタジー4』(以後、FF4)および、『ファイナルファンタジー4 THE AFTER -月の帰還-』(以後、TA)などに登場するキャラクターで、召喚士である。

声優(DS版)は下屋則子

pixivではただのリディアとしてのタグがメイン。
イラストもほとんどを占めている。

プロフィール

名前リディア(Rydia of Mist)(注1)
職業召喚士
出身ミストの村
年齢7歳(初登場時)
身長107cm(同上)
体重18kg(同上 注2)
利き腕右手


なお、FF4におけるドワーフの城で復帰後のプロフィールは詳細不明。
年齢は、ディレクター坂口曰く「20歳くらいが女性の一番美しいときなので、そのくらい」。そのため公式設定は20歳といわれている。時田が監修した小説版には10年以上幻界で修行したという記述がある。
ファンの間では昔から16、17歳くらいだという説があるようだ。

ストーリー

召喚士の村ミストで母と2人で暮らしていた、素直で心優しき少女。

母は、バロンからの来訪を拒絶する為、ミストの洞窟で幻獣「ミストドラゴン」を召喚したが、それを知らないセシルとカインにより、ミストドラゴンは撃破。幻獣を殺された召喚士も死ぬ為、間接的に母は二人に命を奪われてしまった。
バロン王に渡されたボムの指輪によって、ミストの村は炎に包まれ、王が最初から村を召喚士ごと滅ぼす事にあったと、2人は遅まきながら知る。そこに少女の泣き声が聞こえ、母の亡骸の横で泣いているリディアを発見する。
しかし、2人がドラゴンと母を殺したのだと知ったリディアは、保護しようと差し伸べられた手を拒絶。炎に包まれのっぴきならない状況からカインが力づくで連れ出そうとした為、感情を爆発させて幻獣「タイタン」を呼び出してしまう。大地震によってバロンへの帰路は閉ざされ、カインは行方不明になってしまった。
力量以上の幻獣を喚び出して気を失ったリディアは、セシルによって保護。砂漠のオアシスであるカイポの宿で目を覚ました直後は心を開かないが、バロンの追っ手からセシルが護ってくれたことで彼のことを信頼し、旅に加わることとなる。

ミストの悲劇がトラウマとなっており、炎の初等魔法「ファイア」が使えなかった。
しかしローザに諭され、勇気を振り絞って克服(注3)。ファブールへと至る道を開いた。

ダムシアンでは、アンナを失い悲しみにくれるギルバートを「よわむし! おにいちゃんは おとこでしょ! おとなでしょ!」と叱咤。
ファブールでも、クリスタルとローザを奪われて失意の男たちに「しっかりしてよ みんな! きっと ローザはぶじよ。クリスタルだって とりもどせば いいじゃない!」と活を入れる場面もある。
このように、作中では最も悲惨な運命に遭う境遇でありながら、優しいだけではなく、大人たちよりもはるかにしっかりした芯の強さを見せた。

ファブールから海路でバロンへ向かう途上、突如として出現したリヴァイアサンにより海へ転落し、一時離脱。
幻獣王たるリヴァイアサンによって幻界へと連れて行かれ、そこで召喚士としての修行を積む。地上と幻界では時間の流れが違う為、再登場した時には大人の姿になっていた。
ゲーム中盤、地底世界・ドワーフ城にてセシルの危機に駆けつけ、戦闘中という事もあって当時のプレーヤーの度肝を抜いた。それ以降、最後まで抜けることはない。

エンディングでは「げんじゅうのまち」に戻っている。
この時「たいせつなのはこころ。そうでしょ、セシル!」という発言があり、DS版で見られるキャラクターの心情からは、セシルに仄かな想いを寄せていたことが分かる。
エッジに惚れられ、幾度かそれとなくアプローチを受けているが、このときはどちらかというと心はセシルに向けられているため、あまり相手にされていない。

その後は、幻界で暮らすという描写があったため成長の速度が危惧されてはいたが、TAではその心配とは裏腹に、10年以上経過しているにも関わらず若々しい姿のまま登場している。これは、幻界の時の流れは地上のそれよりも速いとは限らないということかもしれない。
TAリディア編によると、アスラに諭されてその後の生活はミストで送っていたらしいが、インタールードでは幻界にいるなど、何度かは幻界にも足を運んでいたようだ。しかし、ある時期を境に幻界を追い出されてしまい、それが本人の悩みの種にもなっていた。
また、前作の天真爛漫な性格や子供っぽい感性と比べると、年齢や外見に見合う大人びた言動などが見られるようになった。

TAでは、謎の少女によって幻獣を召喚することができなくなるが、ストーリーの中で取り戻して行くことになる。また、インタールード以降、エッジとも親しくなっている。
エンディングでは幻獣王夫妻との仲も修復され、さらに家族を迎えて幸せになっている。

戦闘

召喚魔法はもとより、黒魔法白魔法も習得できる。
ただし、白魔法が使えるのは幼少期のみであり、後に成長して合流した際には使えなくなっている。GBA版準拠の作品では、追加シナリオで一時的に子供の姿に戻るが、この時は一時的に使用可能。

白魔法は、ほんの一部しか覚えないが、幼少期でも根気よく育てればラ系魔法以外のすべての黒魔法を習得することが可能となっている。
ファイアだけは、イベントを経由しないと覚えられないが、上位炎魔法のファイラやファイガは覚えられるなど、制御の穴もある。

また、FF4はレベルアップによる能力アップが一定ではないため、がんばれば全ステータス99にできる唯一のキャラである。ただし最大HPだけは低いので、極めるなら銀・金のリンゴ狩りをすることになる。
実際は全パラメータ99の段階で敵からまともに攻撃を受けること自体がほとんどないし、ピンチになる前に敵が全滅しているだろう。

ラストダンジョンで最強の剣ラグナロクを守っているダークバハムート戦では、相手がリフレクを張っている上に召喚獣に対するカウンターを使って来るため、事実上のリディア殺しとなっている。
ただしクエイク(Lv47で取得)なら反射もカウンターもされないし、弓を装備できるためアルテミスの矢を射れば逆に特効で大ダメージを狙えるので、召喚士以外の戦い方も選択に入れてみるといい。

最終決戦であるゼロムス戦では、HPの低さが災いして「ビッグバーン」一発で戦闘不能になりやすい。レベルによっては完全にお荷物になってしまい、「ケアルガの回復量を増やすために戦闘不能のまま放置するのが常套手段」とさえ言われてしまう。
が、しっかりレベリングすれば「ビッグバーン」もしのげ、召喚魔法とフレアでダメージを稼ぐ事が出来る。

DS版ではポーチカという特殊な幻獣がおり、召喚するとリディアの代わりに戦闘メンバーとして戦ってくれる。ミニゲームで成長させることができるほか、顔のデザインもプレイヤーが設定でき、戦闘で使用するアビリティも自分でセットできる。

テラ曰く「よい ししつを ひめておる。しゅぎょうすれば ほかのまほうも つかいこなせるじゃろう」というように、リディアは召喚士、魔道士として高い資質を持っている。
これは、リディアがミストの純血であることにも由来しているのだが、つまり血族婚を繰り返しているため、彼女らは短命であると言われる(公式設定 注4)。
なお、ラストメンバーの中では最も「アビリティ」が強くなる可能性を秘めている。

ディシディアファイナルファンタジー』では、召喚獣に関するヘルプを担当。

FF4TAでは白魔法は一切使えない上に、精神はポロム、知性はパロムの方が高い。
しかし、双方が高い上にバンド技のレパートリーも豊富であること、召喚魔法とバイオがかなり優秀なこと、優秀な装備アイテムが多いことから、普通に強いキャラの部類に入る。

ビジュアル設定etc.

緑髪の碧眼であり、絵師からもビリジアンのような濃色の緑で描かれることが多い。天野喜孝、オグロアキラの公式イラストではいずれも緑というより黄緑である。
また、服装も緑を基調としていることから、リディア=緑というイメージが強い。
髪はクセ毛がかった右側が長いアシンメトリーだが、CGではストレートに近い。
TAではウェーブのあるロングヘアとなっている。

FF4では、ゲーム序盤ではロリ担当だが、中盤以降からは露出の高い服装もあってセクシー担当として描かれることが多い。
衣装はFF4では振袖と星型のイヤリング、花をあしらった青の髪飾りなどが特徴。
4TAではセパレートのようなレオタードのようで、布面積がかなり際どくなっており、赤の髪飾りがベースとなっている。
ちなみに天野絵やドット時代での想像を補う名残なのか、描き手によって衣装の細部や小物がかなり異なるものが多い。

なお、子供と大人の2つの姿について、当時のファンの間では熱い論争があったようだが、どちらもリディアであることは当然のことながら容認されている。
更にTAでより成熟したリディア(俗称:大人リディア)が登場しているが、比較的最近の作品であるため知名度はあまり高くない。しかし、エッジと合わせたファン(通称エジリディ派)には人気が高い。

移植作GBA版での追加シナリオでは、昔の姿に戻る場面もあった。
ちなみに昔の姿に戻った理由は召喚魔法(幻獣)がリディアから離れた事によるもの。
と、いうことは幻獣には召喚士の身体の成長に影響する何かが幻獣界と共にあるのだろうか?

余談

FF14拡張ディスク「暁月のフィナーレ」にて、FF4をオマージュした装備「リンボシリーズ」が登場。大人リディアの装備が魔法DPS・ヒーラー用にそれぞれ用意されている(ヒーラーは色違いの白)。
なお男性も装備できる為、キャラによってはかなりキッツイ絵面になる。

脚注

1:リディアには氏姓が設定されていない。
リディアは英語表記において"Rydia of Mist"(ミストのリディア)という表現をされることがある。
パロムポロム、そしてテラにもないことから、召喚士血族のミスト、魔道の秘境ミシディアには、氏姓という概念がない生活を送っていたとも推測できる。

2:この数字は5歳児で身長が93cmのポロム(19kg)よりも軽い。
大人になった姿を見ると、遺伝的な問題ではなかったようだ。

3:ところが、レベルを上げると最上級の「ファイガ」を習得する(オリジナル準拠のみで、DS版は不可)。
また、ラ系魔法は大人にならないと習得できない。

4:ガイドブック『FINAL FANTASY IV 設定資料編』より。
但し、DS版によると黒歴史の設定らしい。

関連イラスト

FF4
初登場時

リディア(小)
FF4 子リディアv
チョコボとリディア
月とリディア



再登場時

リディア(大)
召喚士とドラゴン
リディア
リディア
リディア
召喚士 
FINAL FANTASY Ⅳ
センシティブな作品



関連タグ

FF4 ファイナルファンタジー4 ファイナルファンタジーシリーズ 
ロリディア エジリディ

ガーネット・ティル・アレクサンドロス17世:境遇がよく似ている。

外部リンク

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー4 ふぁいなるふぁんたじーふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リディア(FF4)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リディア(FF4)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 883886

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました