ピクシブ百科事典

ザックス・フェア

ざっくすふぇあ

「ファイナルファンタジーⅦ」のとその派生作品群の登場人物。及び外伝作品「クライシスコア ファイナルファンタジーⅦ(以下CCFF7またはCC)」の主人公。登場作品によって年齢と容姿が異なる。
目次[非表示]

「夢を抱きしめろ、そして、どんな時でも、ソルジャーの誇りは手放すな!いらっしゃいませー!」

プロフィール

享年23(CC開始時の年齢は16歳)
身長185cm(18歳時)
血液型O型
出身地ゴンガガ
鈴村健一(アドベントチルドレン以降の専属)/佐々木望(エアガイツ)


概要

ファイナルファンタジー7』及び、外伝的作品"COMPILATION of FINAL FANTASY VII"と総称される作品に登場する。
クライシスコア ファイナルファンタジー7』では主役。

神羅カンパニー所属のソルジャー。主人公クラウドの上司であり親友である。また、エアリスの初恋の相手で、任務でニブルヘイムを訪れており、ティファとも面識がある。

名前の由来は「快晴」であり、7の主人公である「クラウド」(曇り)とは対局になる命名がなされている。

田舎村のゴンガガ出身の若者であり、セフィロスに憧れて英雄になることを夢見て家出同然でミッドガルに向かい、ソルジャーとして採用される。CC序盤は夢見る少年だったがウータイでの幼少期のユフィ・キサラギとの出会いなどが切っ掛けで現実を見るようになる。

明るく女の子好きで、誰とでも親しみを持って接する性格。コンピレーション作品ではノリの軽いお調子者な様子が描かれており、「子犬のザックス」というあだ名が付けられていた。
物語の核心に迫る中で、度重なる陰鬱な展開が多いため、壮絶な状況に追い込まれて悲壮な表情を見せることも多いが、そのような環境にあっても務めて明るく振舞おうとする気丈さも持ち合わせている。
物語中盤からは実力と実績が認められ、ソルジャー・クラス1stに昇格し、優秀な指揮官へと成長していく。

魔晄による肉体強化を受けた影響で、戦闘好きとは思えないほど曇りのない綺麗な青色の瞳を持つ。髪型はツンツンと尖った黒髪で、前髪を少し垂らしたオールバックにしている。『CCFF7』においては序盤はオールバックではなく、前髪を横に流した長髪であるが、ソルジャー・クラス1stに昇格した後に起きたある事件を機に髪型をオールバックに変えている。

ソルジャーの制服(紫紺色。『CCFF7』では1st昇格後に黒色)と黒い肩当を装備している。
メイン武器はのちにクラウドに継承される2穴つきバスターソード。『CCFF7』では支給されたごく普通の剣(ロングソード)を使用しているが、後に上官「アンジール」が所有していたバスターソードを形見として引き継ぐという経緯が描写される。

クラウドは数多くいる部下の一人であり、セフィロスに憧れて傭兵入りした田舎出身者という共通点を持つ。任務をこなすうちに打ち解けていき、最終的には上官と部下の関係を越えた友人となる。この時のクラウドは気弱で無口、ひどくナイーブな10代の子供という印象であり、ほっとけない存在であった。

物語終盤、任務で訪れたニブルヘイムでの事件の後、部下のクラウドと共に宝条の実験サンプルとして捕らえられてしまい、過酷な5年間を過ごす。
何とか脱走するも追加で埋め込まれたセフィロスの細胞の影響で酷く弱体化しながらも二人で逃避し、セフィロスの細胞を狙うジェネシスの追撃を受けるもアンジールコピーとの共闘でなんとか退け、エアリスからの手紙を受け取りミッドガルへと目的地を定める。
その最後に目的地間近で神羅兵の大群にあい、獅子奮迅の戦いをするも本調子では無い上に数の暴利についに屈し殺害される。
この時、精神崩壊状態故にトドメを刺されずに捨て置かれたクラウドに、「お前が俺の生きた証」と最期の言葉と共に自身のバスターソードを継承する。
この時、彼と親交のあったシスネをはじめとするタークス達は極秘で彼らの保護を急いでいたが間に合わなかった。
なお、クラウドは「アドベントチルドレン コンプリート(以下ACC)」にてザックスを英雄と称している。

過去(FF7本編において)

ゲーム開始時点で既に故人であり、回想シーンにのみ登場する。インターナショナル版で性格やクラウドとの友好関係についての追加回想イベントが見られるが、オリジナル版においては終盤の回想に少し登場しただけで台詞もほとんどなく、その人柄についてはほとんど語られていなかった。プレイヤーからすれば「誰だお前」という感じだろう。
終盤では、クラウドが仲間たちに話していた過去の回想や、自身の信念、様々な言動(セリフ)が、実はザックスのものであったことが判明する。

クラウドは実験サンプルにされていた折にジェノバ細胞を植え付けられたことで、魔晄(ライフストリーム)中毒となり、廃人同然になってしまう。その際に記憶の混濁が起こり、後に幼馴染であるティファと再会した際、ジェノバ細胞の「他者の記憶を読み取る能力」によって彼女の記憶に合わせて自身の記憶を改竄。ザックスのクールな言動/経歴/生き様を元にした「理想の自分」を作り上げ、以降そのキャラクターを無意識に演じていた。
ザックスとティファは5年前のニブルヘイムであっているため面識がある。当然ティファは、クラウドの語る過去がおかしいことに気づいていたが、クラウドがいなくなってしまうという不吉な予感を覚えて本当のことをずっと言い出せずにいた。

ザックスの存在については、ミッドガルにてエアリスが「初恋の人がいた」という間接的な話で触れられる。またゴンガガの実家を訪れると、ザックスという名の息子の消息について彼の両親に尋ねられるサブイベントがあり、この時初めてザックスの存在に触れられるが、物語進行には関わらないためスルーできる。ちなみにエアリスやティファがパーティにいると二人は不自然な素振りを見せる。

余談

ミッドガル脱出後に謎の声がクラウドに語り掛けて来るが、これはライフストリームに残るザックスの意識である。
エアリスの死後、ライフストリーム内にて再会し情報交換を行った。
そしてセフィロスがクラウドに討たれるとエアリスと共にライフストリームに溶けた意識たちにかたりかけ、メテオを押し返すきっかけを作るのが攻略本おまけ小説で綴られる。

FF7ACC(ブルーレイ版)ではセフィロスの前に膝を付いたクラウドに語りかけ再起を促す。

「俺ならまだあきらめないぜ たとえ絶望的な状況でもな」
「夢を抱き締めろ そして どんな時でもソルジャーの誇りは手放すな」
「ま ソルジャーにはならなかったけど ハートの問題だ ハートの」
「一度倒した相手だろ 楽勝じゃない」

直後、立ち上がったクラウドは「超究武神覇斬ver5」で大逆転を果たし、見事セフィロスを打ち破ったのだった。

エアガイツでは隠しキャラクターとして登場。技はクラウドと似通っている。

関連イラスト

無題
おまえを放り出したりなんかしない 友達 だろ?


ザックラ
if



別表記タグ

ザックス・フェア

登場作品関連タグ

ファイナルファンタジーⅦ ファイナルファンタジーVII ファイナルファンタジー7
FINALFANTASYⅦ FINALFANTASYVII FINALFANTASY7
FFⅦ FFVII FF7
FFⅦAC FFVIIAC FF7AC FFⅦACC FFVIIACC FF7ACC
CCFFⅦ CCFFVII CCFF7
KH キングダムハーツ -「バースバイスリープ」にて出演。
エアガイツ - 隠しキャラとしてプレイアブル化。

キャラクター関連タグ

クラウド・ストライフ エアリス・ゲインズブール セフィロス アンジール ジェネシス(FF7)


















































リメイク版第一作においては最終盤で登場する。
時系列上、すでに死亡しているはずなのだが……?

「勝った……、マジか……」

神羅の追っ手の軍勢を撃退し生き残るなど従来の歴史と異なっている描写があり、その際風で流れてきたスナック菓子の袋に描かれている『忠犬スタンプ』のイラストも作中目にするものとは明らかに異なっている。
さらには、廃人状態のクラウドを連れてミッドガルにたどり着く
その際、ミッドガルを脱出したクラウドやエアリスとすれ違うようなイメージがフラッシュバックするがお互い気付いていないなど色々考察できそうな謎を残して終わっている。

仮に「本作のラスボスを倒したことでなんらかの過去改変が起きた」あるいは「実は登場していないだけで本作ではザックスが生存していた」のだとすれば、後で息を吹き返したのではなく、二人でミッドガルに向かっている以上、今度は本作が成り立つ理由が無くなってしまう
先述した通り「廃人状態のクラウドが一人でミッドガルに向かい、ティファと出会い、アバランチに誘われて魔晄炉爆破に赴く」というのがゲーム開始直前の話であるため、ここにザックスが居たのだとしたらザックスも参加するはず(というより直前まで廃人だったことを知っていて、どう考えても自分=ザックスの立場で話しているクラウドの言動がおかしいと分かるザックスがクラウドを参加させる方があり得ない)である
なんらかの並行世界が発生して、それがミッドガル脱出後の話に関わってきているのかは今以って謎である

  • 更に2021年にPS5向けに発売されたインターグレード版の追加エピソードのエピローグ映像にてミッドガルへ帰還し、伍番街スラムの教会まで来た彼の姿が見られるのだが肝心のエアリスの姿はなく、地形の都合で滅多に訪れない民衆の姿を見て唖然としていた。
様子を見る限りこの民衆は七番街スラムの生き残りに見えるが、二人(本来の歴史ではクラウド一人)がミッドガルに到着した直後は当然プレートの落下はまだ起きていないため、仮に時系列通りだとするとミッドガル到着からプレート落下まで空白期間が存在することになる。

また、仮に時系列が正しいとすると、ザックスが「廃人にバスターソードを渡したうえでそこらの路上に放置して何処かに行って」いて、その間に原作通りのイベントが発生しており、廃人の友人がバスターソードを持ったままどこかに消えたにも関わらず一切探した様子もなくプレート落下まで過ごし、作中ED前後の時系列で教会に笑顔で到着という正気や常識、人格を疑う行動をとっていることになってしまう。

関連記事

親記事

FF7作品群の登場人物一覧 ふぁいなるふぁんたじーせぶんさくひんぐんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ザックス・フェア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ザックス・フェア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1782351

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました