ピクシブ百科事典

ジェノバ

じぇのば

ジェノバ(JENOVA)とは「ファイナルファンタジー7」に登場するモンスターである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • イタリアの北西部に存在する臨海都市。「ジェノヴァ」とも表記される。
  • FF7に登場する生命体。

本項では2について記載する。

概要

に衝突し、そのエネルギーを食らい尽くす行為を繰り返す凶悪な宇宙生物。
自分を倒せるほど強力な生物がいた場合、適度に分離しつつそれに怪しまれない姿に化け、油断させたところで感染者をモンスターに変えてしまうウィルスを植え付けて滅ぼしてしまう。

当時惑星上で繁栄していた古代人種「セトラ」に対して上記の能力で滅ぼそうとしたが、最終的に彼らによって地中深くに封印された。
なお、この時に古代種の女性に化けていたために後に神羅に発見された際、ガスト博士に古代種と勘違いされジェノバと名付けられている。
分離した体は本体からの指示が無い限り明確な意思を持たないが、本能的に本体のもとに帰ろうとする性質「リユニオン」を持つ。

このジェノバの細胞を植え付けられた生物は、飛躍的に身体能力が上昇し場合によっては不老となるものの、相応に強い精神力がないとジェノバに乗っ取られ「分離した体」と同じ状態になる。

来歴

本編からおよそ2000年ほど昔に、隕石と共に物語の舞台となる惑星に落下(この落下地点がラストダンジョンである大空洞である)。
星のダメージの修復の手伝いをするべく数千ものセトラの民が、ノルズポル(後のアイシクルエリア)に住み着き長年活動していたが、彼らが後は自然治癒力に任せてノルズポルを離れる準備をしていた所に、ジェノバはセトラの女性に擬態して接触した。
擬態と幻影能力を利用してセトラを油断させ、彼らにウィルスを植え付けて次々とモンスター化させていった。
ノルズポルをほぼ全滅させた後は、世界中のセトラの部族にもウィルスをバラ撒き、暴れまわっていたが、生き残ったセトラの決死の抵抗で地中深くに封印された(星自身も対ジェノバ用生体兵器「ウェポン]を生み出していたが、セトラが先にジェノバを倒したので起動すること無く大空洞内で眠りについていた)。

センシティブな作品
JENOVA


本編から30年ほど前に、神羅カンパニーの研究者であるガスト博士に化石状態で発掘される。
ガストはジェノバがセトラだと誤解したまま研究が進み、神羅による古代種再生計画「ジェノバ・プロジェクト」が開始される(その関係でジェノバ細胞を埋め込んで誕生したのがセフィロスやソルジャーである)。
やがて、セトラの末裔であるイファルナとの接触で真実を知ったガストは神羅を出奔。
プロジェクトは宝条に引き継がれ、ジェノバは休眠状態のままニブルヘイム魔晄炉の最奥に安置されていたが、ニブル事変の折にセフィロスによって封印が破られる。
ジェノバは頭部のみセフィロスと共にライフストリームに落下し、星の体内に潜伏。
残る胴体は宝条に回収されてリュニオンの検証の為に神羅本社ビルに安置される(この為にクラウド達ニブル事変の生き残りは捕まって「セフィロスコピー」の実験台にされた)。
宝条はすべてのジェノバ細胞が胴体部分にリュニオンすると仮定していたが、実際には頭部の方にリュニオンが起きており、胴体はセフィロスに擬態して神羅ビルを脱出。
各地のセフィロスコピーを操り、完全復活し星そのものを吸収するべく暗躍する。

主なジェノバ

ジェノバ・BIRTH(ジェノバ・バース)

LV:25
HP:4000
MP:110
「生誕」を意味するジェノバ。運搬船内で戦う。
セフィロスに化け、はじめは神羅本社ビル内で神羅社員を次々と殺害し、プレジデント神羅正宗で殺害。
さらに、湿地帯の大蛇「ミドガルズオルム」を惨殺、そして運搬船内部に居た乗組員を次々と殺害した。
外見は歪な樹木を思わせる形状をした醜悪な怪物で、髑髏のような顔と乳房らしき部位を持つ。

単体攻撃の「レーザー」「Wレーザー」や全体化攻撃の「テイルレーザー」、回避不能の単体攻撃「ガス」のほか、魔法「ストップ」も使う(MPの関係で3発のみ)。
1ターン中に「レーザー」「Wレーザー」は最大3発まで、「テイルレーザー」は最大2発まで放つことがあり、明確なパターンや弱点が無い(一応ローテーションではあるが)ため、ジェノバの中ではある意味最強に近い。
ちなみに、ターンが回ってきても何もしない時がある。
目覚めたばかりで不安定なのだろうか。
倒されると、ジェノバの腕が残るが、すぐに消滅した。
さらに、イフリートの召喚マテリアが落ちている。

ジェノバ・LIFE(ジェノバ・ライフ)

LV:50
HP:10000
MP:300
「生命」を意味するジェノバ。忘らるる都水の祭壇で戦う。
最初はクラウドを操ってエアリスを殺そうとしたが、仲間たちからの呼びかけで正気に返ったため、今度はセフィロスに化け直接彼女を殺害した。
エアリスファンにとっては特に憎たらしい個体のジェノバと言える。
外見はジェノバ・BIRTHの色違いで、全身が赤い体色となっている。

「青い光」「ブルーフレーム」「アクアブレス」を使い、魔法を受けるとカウンターで「リフレク」を使う。
地属性に弱いので、こちらもリフレク状態にしたうえでクエイガの全体デルタアタックをすれば、相手のリフレク枚数を0にしてダメージを与えることが可能。
水属性の攻撃しか持っていないため、水の指輪さえ装備すれば負ける要素はほぼ無くなる。
水の指輪自体も、直前のサンゴの谷で拾える親切設計。
逆に属性防御を怠ると、高威力の「アクアブレス」が脅威になる。
無策で戦いに挑んだ結果、バトル直前に起きたトラウマ級の悲劇との積み重ねで、より一層の泣きを見る羽目になったプレイヤーも多かったことだろう。

ジェノバ・DEATH(ジェノバ・デス)

LV:55
HP:25000
MP:800
「死」を意味するジェノバ。竜巻の迷宮で戦う。
セフィロスに化け、黒マテリアをセフィロス本人に届けようとした。
ジェノバ・BIRTHやジェノバ・LIFEの色違いで、BIRTHの全身を暗くしたような体色。

攻撃パターンは、2~3連発で「赤い光」「熱風」「サイレス」
水属性しか使わないLIFE同様、こいつも炎属性の攻撃しかしてこないので、炎の指輪や烈火の腕輪、「ぞくせい」+「ほのお」などで防御すれば楽勝。
HPだけはやたら高いので、無駄にしぶとい。

ジェノバ・SYNTHESIS(ジェノバ・シンセシス)

ジェノバと宇宙の旅


LV:61
HP:60000
MP:600
「統合」を意味するジェノバ。星の体内で戦う。
BGMのタイトル通り、完全なるジェノバらしい。
本体・右触手・左触手に分かれている。
本体は丸い形状の物体に女性の裸体が貼り付いたような姿をしており、丸い身体の背面には心臓らしき器官が確認できる。

左触手による通常攻撃(怒りの追加効果)、右触手による「吸収」(悲しいの追加効果)、「バイオラ」を使用(ちなみに、「吸収」は実際にHPを吸収しているわけではない。単なる無属性魔法攻撃)。
更に左触手のみ残っていると「ストップ」を、右触手のみ残っていると「ケアルガ」を使用し、
両方の触手が潰れると本体が0~2ターン後に両方とも復活させる(復活後のHPは最大値の25%)。
そして残りHPが15000を切ると、カウントダウンの後「アルテマ」を放って自滅する。
ナイツオブラウンドを使用する等、こいつとどう戦ったかによって、リバース・セフィロス及びセーファ・セフィロスのHPに補正がつく。
こちらも十分に強ければ、補正されても問題は無い。

その他用語

「ジェノバ細胞」と「リユニオン」

ジェノバ細胞は、化石化していたジェノバから採取された細胞で他の生物に移植すると、その肉体を強化する事ができる。
しかしジェノバは細胞レベルでバラバラにしてもそれぞれが生きており、集結して復活しようとする性質がある。
これが「リユニオン」である。
移植された人間の体力・精神力が優れていないと、ジェノバ細胞は宿主の意識を操って都合のいいように動かそうとするのである。

母さんの日



「ソルジャー」と「セフィロスコピー」

ソルジャーは神羅カンパニーのエリート戦闘員。しかし実際は人間にジェノバ細胞を移植し、魔晄エネルギーを大量に浴びせて完成する強化人間である。
並の人間ではジェノバ細胞と魔晄に耐えられず廃人化してしまい、最悪の場合はジェノバの操り人形と化してしまうので、ソルジャーになれるのは心身ともに優れた者だけである。
セフィロスコピーはリュニオン検証の為に、宝条がニブルヘイムの町民の生き残りにソルジャーと同等の処置を行ったモルモットである(一部を除き識別の為に手のひらに数字のイレズミが彫ってある)。
元々が一般市民である為にソルジャーの様にはなれず、精神崩壊して各地に散っていたが、リュニオンに呼応して、ジェノバの操り人形となって黒マテリア入手等セフィロス(擬態)のサポートに利用された。
全部で何体いたかは正確には不明だが、大空洞に終結したコピーはすべてジェノバ・DEATHに処分されて細胞を回収された様である。

本編後

自身が利用していたセフィロスクラウドたちに倒されたことに伴い、セフィロス戦前に倒されたジェノバも完全に滅ぼされたと思われていたが、続編の『アドベントチルドレン』にて、ジェノバの情報はライフストリームの中に存在し続け、それが入り込んでしまった人間の命をやがて奪ってしまう奇病「星痕症候群」を引き起こしていた。

さらにルーファウスの命令で大空洞の調査に赴いたタークスによって、首だけの状態で発見されていたことが判明する。
ルーファウスの意識の変化や、宝条といった狂信的な科学者の不在、何より彼らの中では既にジェノバの持つ危険性は知られていたため、悪用される心配はないと思われていたが、セフィロスの思念体であるカダージュヤズーロッズの三人がセフィロスへのリユニオンを果たすためにタークスを襲撃するという事件を起こし、最終的にリユニオンを果たす際にカダージュに取り込まれ、彼を媒体にセフィロスを蘇らせた。
そのセフィロスがクラウドに倒されると諸共に消滅したが、今だに残留思念はライフストリームの中を巡っているようだ。

REMAKE

FF7をリメイクしたPS4用のゲーム、『FINAL FANTASY VII REMAKE』にもオリジナル版に引き続きジェノバが登場する。
現時点では、基本的には原作通りの設定を踏襲しているようだ。
本作ではマルカートなど、セフィロス・コピー(黒マントの男たち)の出番が多くなっている。
神羅ビル内にある研究施設にてジェノバの体が保管されている点も同じだが、赤い血を引きずりながら移動していたオリジナル版とは異なり、黒く輝く粘液のような血を引きずりながら移動している。
プレジデント神羅を殺害した後、セフィロス・コピーと化したマルカートの体から闇のようなエネルギーが噴出し、幻覚のような形で怪物と化したジェノバが襲い掛かるというオリジナル版とは全く異なる展開を見せている。

ジェノバ・BEAT(ジェノバ・ビート)

ジェノバBeat


LV:???
HP:EASY(43085)、NORMAL(78336)、HARD(113184)
MP:???
「胎動」を意味するジェノバ。神羅ビル社長室で戦う。BEAT=「胎動」とは母親の胎内の子が動くことを意味しており、言葉通り「誕生」を意味するジェノバ・BIRTHよりも前の個体であることを示す。
全体的なフォルムはジェノバ・BIRTHなどに酷似しているが、顔が人間の髑髏のようなデザインになっているほか、全身に血管が浮き出ており頭部が一部ひび割れているなど、オリジナル版に比べて相当グロテスクになっている。
腕や触手を先に倒さないと本体への攻撃が通り辛いほか、リフレクやプロテスを使って身を守るなど守りの面においては中々厄介な仕様になっている。
またストップなどの状態異常攻撃も併用してくるため、事前に装備品やアイテム編成を整えてから挑むといいだろう。
このバトルではオリジナル版のジェノバ戦で度々流されていた名曲「J-E-N-O-V-A」のアレンジ曲である、「J-E-N-O-V-A ー胎動ー」が流れる。
序盤は宇宙生物であるジェノバの恐ろしさを感じさせるようなゆっくりとした曲調だが、ジェノバのHPを削ると段々と盛り上がりを見せ、最終的には原曲さながらのアップテンポなバトル曲になる。
この演出はゲーム上の盛り上がりにも一役買っているほか、過去にオリジナル版をプレイしたファンへのサービスとも言え、多くのプレイヤーを興奮させていた。

関連タグ

ファイナルファンタジー7 FF7 FFVII
セフィロス 宝条
ママン

遊星からの物体X:恐らくモデルになっているであろうSF映画。
ラヴォス:よく比較対象となる宇宙生命体。

関連記事

親記事

FF7 えふえふせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェノバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78515

コメント