ピクシブ百科事典

ユフィ・キサラギ

ゆふぃきさらぎ

『ファイナルファンタジー7』に登場するキャラクターである。ゲーム本編では声は当てられていなかったが、エアガイツ以降のゲームではかかずゆみが担当している。
目次[非表示]

プロフィール

年齢16歳
身長160cm
誕生日11月20日
星座蠍座
血液型A型
出身地ウータイ
使用武器手裏剣
CVかかずゆみ


概要

マテリアを狙っている忍者の少女。「しゅしゅしゅ!」と言いながら拳で風を切るのがクセ。
マテリアやギルをちょくちょく盗むので、手癖の悪いじゃじゃ馬娘のように見えるが、マテリアを盗むのは寂れた故郷ウータイを復興させたいという郷土愛によるもの。また、エアリスの死の際に泣き崩れたり、シスター・レイでの宝条戦後に優しいセリフをかけたり、歳相応の女の子らしい一面も持っている。デートイベントではクラウドの頬にキスをするシーンもある。

ヴィンセントと同じくパーティに加えなくともゲームクリアできるキャラクター。
マップ上の森の中でのみ敵としてエンカウントし、これに勝利するとイベントが発生し仲間になる。ただし、この際の一連の会話で正しい選択肢を選び続けないとパーティのギルを盗んで逃げてしまうため、再びバトルを行う必要がある。ウータイに近い地点ほどエンカウントする確率が高くなるが、最速で仲間にできるのはミスリルマイン通過直後。
神羅嫌いという点では仲間に同調しているが、隙あらばクラウドらの持っているマテリアを失敬しようという下心がある。

ウータイに行く道中に仲間からマテリアを盗んで逃走するも、新羅に追われてウータイに逃げ込んでいたドン・コルネオに捕まって人質にされる。クラウドらとタークスによって無事救出された後は、「一緒にいればマテリアが手に入りそうだから」と半ば強引に仲間に戻った。

クラウド以上に乗り物酔いがひどく、ハイウインドの中では常に辛そうにしているが、『DC FFVII』ではある程度慣れている。

スリーサイズは不明で胸の大きさも作品によって異なっているがなぜか初期の『FF7』の頃が一番胸が大きく特に続編である『DC FF7』でも現在のユフィより回想(『FF7』)のユフィのほうが大きかった。

キングダムハーツでのユフィ

スコールと行動を共にしている。『FF7』時とは衣装が異なっている。

関連イラスト

今見るとあんま似てない
ユフィ


ユフィ
忍者娘



関連タグ

ファイナルファンタジー7 へそ出し

pixivに投稿された作品 pixivで「ユフィ・キサラギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3263234

コメント