ピクシブ百科事典

バスターソード

ばすたーそーど

『ファイナルファンタジーⅦ』の主人公・クラウド・ストライフの愛剣。 無骨な外見をした大剣で、その見た目のインパクトから作品のシンボルアイテムともなっている。
目次[非表示]

概要

バスターソードとは、『ファイナルファンタジー7』の主人公クラウド・ストライフが最初に装備しているである。

もしかして:バスタードソード
※バスター(Buster)ソードは「撃退する剣」、バスタード(Bastard)ソードは「半端者の剣」。

外見

クラウドの身の丈ほどもある大剣で、鰻裂包丁を極大化したような無骨な見た目をしている。
身の丈大の巨大さを誇り、全く飾り気のない頑強な片刃の大剣。刀身の根元にマテリアをはめ込むためと思しき穴が2つ空いている。
CCFF7FF7ACでは鍔の部分が金色となり装飾が施されたアレンジが加えられていたが、リメイクでは元の武骨なデザインに戻っており、刀身は幾多の激戦を潜り抜けてきたことを示す無数の傷が刻まれている。

出自

元々はクラウドの親友であったザックス・フェアの愛剣であり(更にその前はザックスの元上司であるアンジールから受け継いだ物)、物語本編の時間軸から5年前(BCFF7)のセフィロス暴走・ザックスとの神羅屋敷から逃亡を経て、最終的にクラウドの手に渡ることになる。
ザックスは神羅屋敷からの逃亡の際に死亡してしまっため、結果的には亡き親友の形見となった。
セフィロスとの決戦後は、クラウドの手でかつてザックスが息絶えたミッドガルドを見渡せる丘に墓標代わりに立てられていたが、2年後カダージュに蹴り倒されてしまっている。

最も有名な『初期装備』

以上のような経緯から、物語序盤からクラウドはバスターソードを装備しているのだが、ゲームバランスの関係からクラウドの武器としては最弱である。(攻撃力+18 魔力+2 命中率+96 マテリア装填スロットは連結型で1組。)
しかも特にバスターソードがパワーアップするようなイベントなどもなく、最弱武器のまま、またザックスの形見という背景から売ることも捨てることもできずに常に持ち続けることになる。
しかしながら、そのあまりの見た目のインパクトから「クラウド=バスターソード」の印象をプレイヤーに与え、初期装備でありながら本作の象徴的なアイテムとして扱われている。
そのため、Ⅶ本編以外のファイナルファンタジー、スクウェア・エニックス関連作品にクラウドが登場する際には必ずセットでバスターソードが付いてくる。
またFF7ACでは七分割↔合体ができる『セブンス・バスターソード』が登場するなど、もはや両者は切っても切れない間柄となっている。
FF7リメイクでも当然ながらクラウドの初期装備として登場するが、オリジナル版と異なりマテリア穴の拡張や攻撃力上昇を付与するなど、強化することが可能となり、その後も長らく活躍させることができる上、メニュー画面の説明文では「闘う者たちの想いを乗せ、受け継がれてきた大剣です」と記されている。バスターソード好きのファンからすれば中々に嬉しいことである。


関連タグ

大剣 武器 巨大武器  ファイナルファンタジーⅦ クラウド・ストライフ ザックス・フェア アンジール

ドラゴン殺し - 時期的に元ネタと考えられる。

関連記事

親記事

クラウド・ストライフ くらうどすとらいふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バスターソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581314

コメント