ピクシブ百科事典

骨太のおなご

ほねぶとのおなご

骨太のおなごとは、「ファイナルファンタジーⅦ」にて、女装した主人公「クラウド・ストライフ」のことである。
目次[非表示]

「クラウド、女の子に変装しなさい。 それしかない、うん。」

概要

ファイナルファンタジーⅦ』本編において、主人公のクラウド・ストライフ女装するイベントが発生する。
その際、コルネオの館にて、コルネオが彼を「骨太のおなご」と呼んだのが語源である。
そのクオリティにはティファも一目で気づかなかったり、門番たちも騙されるほど。
女装するとグラフィックが変わり、紫色ドレスを着た三つ編み姿になる。
歩き方も女性らしくしなを作って歩くようになるが、走りは完全に男走りである。
また、後述のイベント失敗時には女装を解いて即座に単独行動で戦闘に入ることから、バスターソードはちゃんと持ち歩いている。ちょっ…

女装する経緯

ティファを追って、コルネオの館に行くことになったが、そこは女性しか入れない場所だった。
しかし、ウォールマーケットの顔役にして、スケベじじいのコルネオにエアリスを接触させたくはない。
思い悩むクラウド。そこでエアリスが女装を提案した際に言い放ったのが冒頭のセリフである。
何故エアリスがそう思ったのかは永遠の謎である。

結局、エアリスに押し切られたクラウドは各地で女装する為の化粧品を集め、コルネオの館に無事潜入する。最低限、かつらとドレスさえ用意出来れば館内には入れるのだが、完璧な女装をするとコルネオの「夜のお相手」に選ばれてしまう。
ふっきれたのか諦めが付いたのか、こうなると凄い勢いでコルネオを誘惑するクラウド。
なんとキスにまで持ち込ませてしまう。なんとか未遂で終わるのだが。

こんなイベントが序盤に、しかもストーリー上強制的に発生する。
このような経緯もあり、クラウドは『ファイナルファンタジータクティクス』出演時に女性専用防具の「リボン」を装備できる。

なお、このイベントでクラウドが選ばれると、エアリスとティファからの好感度が下がる。
この好感度は、ゴールドソーサーでのデートイベントでの相手に関わるもので、これ以外にも様々な選択肢で上下する。
通常はティファかエアリスがデートの相手になるのだが、二人からの好感度が低いとユフィ、さらに下げているとバレットとデートすることになる。イベントコンプリートを目指すなら避けては通れない関門である。

女装セット

コルネオから最高評価を得られる一式のアイテムは以下の通り。
pixivで投稿されるクラウドの女装イラストもこの状態が多い。

特にランジェリーと化粧を入手する際のセリフは語り草になっている。


まさかの再登場

ディシディア ファイナルファンタジー』で条件を満たすと、「ブロンドのカツラ」、「シルクのドレス」、「セクシーコロン」、そして蜜蜂の館の「会員カード」が「女装セット」として売り出される。
全てを装備してもグラフィックは変わらないが、「蜂蜜の色香」というアイテムドロップとライズ確率が上がる効果が発生する。

参戦する男性キャラクターのうち、装備できるのはクラウドとケフカのみ。
効果の関係もあり、他の男性キャラにも装備(女装)させたいユーザーは多いと思われる。
ただまあ、スタッフはどうかしているいいぞもっとやれ

余談だが、続編の『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』のダウンロードコンテンツとして、この衣装を提案したスタッフがいたらしい。
しかし採用されず、キングダムハーツ登場時の衣装が正式採用された。
ちなみにドレス姿でクラウドのアクションをさせると下着問題以外にも、ドレスを揺らす為のデータが重くなることが予想される。実際に本作は容量ギリギリまで使い切っている為、そういった理由でも没になったのかもしれない。

23年の時を経て……

「なにも言うな」
エアリス「ひとことだけ」
「ダメだ」
エア「かわいい~!」

ティファ「えーっと…… もしかして クラウド? お化粧してる? その格好!」
「カンソウハイラナイホカニホウホウガナカッタ」
※字幕は「感想はいらない 他に方法が無かった」だが、早口で言っている為こう聞こえる。

リメイク版ではさらに磨きがかかったビジュアルで女装を完全再現。走り方も女性らしくなっている。

117 - Lady Cloud
女装クラウド


強気なおなご


リメイク版女装クラウド3タイプ
ちなみにティファエアリス、この二人と同じく、ドレスが3タイプある。
何でも屋イベントのクリア数などに対応して、変化する。
ただし、骨太のおなごとは呼ばれず、こちらでは「強気なおなご」。(なお、これはゲームの言語設定を日本語にしている場合で、英語版では「Big boned Girl」となっている)

女装した経緯も変わっており、こちらではまずエアリスがコルネオの館に潜入する為の推薦状の入手とドレスアップをするのだが「やはり、ひとりで行かせるわけには」と躊躇うクラウドに対し「ひとり? そんなつもりないよ」と、エアリスが連れて行ったのは蜜蜂の館
なんとエアリスはクラウドを女装させたうえで館の店主アニヤン・クーニャンにコルネオに推薦してもらうという作戦を提案してくる。さすがにクラウドは躊躇するがエアリスに押し切られ、館でのダンスショーでアニヤンとダンス勝負(ミニゲーム)をする羽目になり、ショーのラストで観客の前であっという間にドレスアップさせられてしまう。
※ちなみに、ダンス勝負のミニゲームの結果はストーリーの進行やクラウドのドレスの種類には影響しないが、高スコアだとショーを見ていたエアリスが喜ぶ。彼女がドレスアップしていることもあり、一部ファンからは「キャバ嬢を喜ばせる為に余興をしているよう」と思われるとか。

こちらではオリジナル版より強引に女装させられた為終始不機嫌だが、その態度が逆にコルネオの興味を惹いてしまい、100万ギルのドレスを着たエアリスだろうが、ミニスカ着物のティファだろうが必ずクラウドが選ばれる
その後もとにかくコルネオを拒絶しまくるが、言葉責めに興奮したコルネオに挙句の果てには蹴りをかましている。ちなみにこの時写真を撮られまくっている。
なお、流石に剣は持ち歩いてはおらず、駆けつけたエアリスとティファから服と武器を受け取り即座に着替えている。つまりコルネオは強気なおなごの生着替えを目前で見た。

逆にエアリスとティファは必ず不合格になる為、「おこぼれ」にあずかろうとした手下を倒す役は彼女たちの役目となる。
オリジナルと違い戦闘はイベントムービーとなっているが、着飾ったエアティコンビが絶妙のコンビネーションで(しかも、知り合ってすぐ)手下たちをボコボコにするシーンも一見の価値ありである。

ちなみに女装姿で街を歩くと様々な住人の声が聴け、男だと気づいておらず見惚れた人々の声は必聴。さらに、リメイク版では蜜蜂の館の従業員らからも好評なようで、一連のイベント終了後もステージに出演してくれないかとお願いする程。

備考

FF7AC』以降、クラウドの声優を務める櫻井孝宏は女性キャラクターを演じた経験もある。
その為、一連のイベントに音声がついても何も問題はなかったりする。
ただし、リメイク版では上記のように不機嫌だったこともあり、残念ながら(?)女性口調ではなかった。

関連イラスト

じゃーん!
コルネオフィルタ!
「…切り落とすぞ」【女装注意】
…クラウドだ。


関連タグ

ファイナルファンタジー7 クラウド・ストライフ クラウドちゃん 蜜蜂の館
女装 公式女装 女装男子 女装青年
ディシディア 公式が病気 だが男だ だがそれがいい


マリオ ルイージ リンク トゥーンリンク むらびと ジョーカー
スマブラで共演するキャラクターの中の女装経験者、もしくは女装が可能なキャラクター。ルイージとリンクは女装しなければクリア不可のゲームが存在する。

ピカチュウ カービィ クッパ デデデ大王 メタナイト 勇者(DQ4)
同じくスマブラ共演ファイターで、こちらはゲーム以外の媒体で女装経験があるキャラクター。
ピカチュウはアニメ版で二度、カービィはCMと小説版(デデデと二人一役)と漫画『も~れつプププアワー!』、クッパはアニメ『しらゆきひめ編』他、デデデは小説版(カービィと二人一役)とさくま良子氏の漫画版、メタナイトは漫画『今日もまんまる日記』、勇者は小説版及びCDシアターで女装した。
また、カービィハンターズには女性っぽい装備がいくつかある。

リュウ ケン テリー
まさかの女体化経験者

関連記事

親記事

クラウド・ストライフ くらうどすとらいふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「骨太のおなご」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4582887

コメント