ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トゥーンリンク

とぅーんりんく

『ゼルダの伝説』シリーズに登場する、トゥーンレンダリングされたリンクの通称。
目次 [非表示]

概要

風のタクト』を初出とするカートゥーン調のリンクの通称。

「トゥーンリンク」と呼ばれるのは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』において『風のタクト』のリンクが「トゥーンリンク」の名で登場したことから。ただし、原作ゲームでは呼ばれていない。

この呼び名は、『スマブラ』のディレクターの桜井政博氏が『ゼルダの伝説』総合プロデューサーの青沼英二氏と相談して決めたものである。


トゥーンリンク。初クリップスタジオイラストです

頭が大きく、足が短く、胴と手が長いのが特徴。

目がのように見えるため「猫目リンク」とも呼ばれる。

pixivではトゥーンリンクと猫目リンクの両方がタグとして使われているので、OR検索の使用を推奨。


このデザインのリンクが登場する作品

『風のタクト』以降の作品でも子ども版のほとんどがこのデザインとなっているため、「青年」と「少年」で分ける意味でも使われる事もある。


作品タイトル発売年月日対応機種その他
風のタクト/風のタクトHD2002年12月13日/ 2013年9月26日GC/WiiUWiiUでリマスター版として発売された。『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』ではこの人物で統一している他、多くの作品にも登場している。CV:松本さち
4つの剣2003年3月14日GBA正式名称は『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』。CV:瀧本富士子
4つの剣+2004年3月18日GC『4つの剣』の続編"ではない"。トゥーン系では唯一の"子どもリンク封印ルート"。CV:松本さち
ふしぎのぼうし2004年11月4日GBAゼルダ史によると、トゥーン系では最古となる作品。CV:瀧本富士子
夢幻の砂時計2007年6月23日DS『風のタクト』の続編で、"同一人物"である。CV:松本さち
大地の汽笛2009年12月23日DS『夢幻の砂時計』の続編だが、"別人"である。CV:小平有希
トライフォース3銃士2015年10月22日3DS神々のトライフォース2』と"同一人物"。同作より数年後の設定の為か、"青年"らしい。また、トゥーン系では唯一の"敗北ルート"。CVは上記3名に加え、斎賀みつきの4名からランダム。

ゼルダ無双


CV:松本さち

スタルキッドアリルと兼任


俊敏な動きで剣を振るう幼き少年。

小柄ながらも熟練した剣術と、軽快な動きで相手を翻弄する。

高くジャンプをして空中からデクの葉や叩きつけるような一撃を繰り出すなど、テクニカルな戦闘を得意とする。

(-公式サイトの紹介文より-)


概要

3DS版『ハイラルオールスターズ』から『風のタクト』の人物としての参戦。

PVでは「トゥーンリンク」だが、ゲーム中での表記は「リンク」となっている。その為、バトル内で青年リンクこどもリンクがいる場合は情報がややこしくなる(どちらも表記が「リンク」となっているため。トゥーンゼルダも同様である)。

他のリンクたちと同様彼も喋らないが、妹のアリルがゴシップストーンを通じて代弁する。


使用可能まで

「レジェンドモード」(所謂ストーリーモード)には登場せず、やり込み要素である「アドベンチャーモード」より使用可能となる(「レジェンドモード」の最初のバトルをクリアすれば、全てのマップも含めてプレイ可能となる)。

3DS版では「冒険マップ」のスタート地点付近にあるバトルでクリアが条件となる(Switch版ではこどもリンクに差し替えられており、そちらの解放条件は易しくなった)。

Switch版では「大海原マップ」のスタート地点に変更されており、この仕様の変更によって、下記の理由により「レジェンドモード」の終盤まで避けられないことになってしまった。

  • そのスタート地点でのバトルは「10分以内にあるボスたちを倒すこと」であるが、後者の弱点のアイテムの入手先が「レジェンドモード」の終盤である「風のタクト編」となっている。
    • 前者は序盤での入手となる。
  • 肝心な「風のタクト編」にたどり着くまで、メインストーリーだけでなく、番外編の二つまでやる必要があるので、かなり手間と時間が掛かる。
    • 普通にプレイしていると、一つのバトルにつき10~20分以上は掛かる上、ストーリーも結構長め。
    • 「風のタクト編」の解放まで28バトルぐらいある。その上、初心者にとっては把握しづらいミッション内容もある為、クリアに失敗するとより時間掛かる。救済処置はなし。
    • 更に身も蓋もない内容になるが、本作は長時間プレイし続けると、ゲームが強制終了されるエラーが高確率で発生する(バトル勝利からリザルト画面に切り替わる時にエラーが発生し、最初からやり直し…ということもあり得るので、こまめにゲームを終了することを推奨する)。
  • 更に、このバトルをクリアしないとマップの進行が出来ない都合上、メドリの使用も出来ない。
    • それどころか、一部のキャラのLv.2の武器の入手も出来ない。
    • テトラハイラル王の使用は「風のタクト編」か「大海原マップ」での解放となる。マップでの場合、メドリも含め「探索アイテム」を使用しないとクリアしても解放出来ない。

以上の問題点により、解放までの進行に巨大ボスが絡んでいる中でも、「レジェンドモード」を中盤まで進めると攻略しやすくなるチンクルラヴィオなどに対し、Switch版での『風のタクト』のキャラはいずれにせよ最後辺りまで進行しないと解放が難しい条件となっており、出番が遅めになりがちな面を踏まえて、不遇な扱いである。

対象キャラが目当てでプレイする場合は「やり込み要素>ストーリー」のプレイスタイルでも、「レジェンドモード」の番外編も含め、ほぼ全てをクリアするまでは避けられないことを覚悟すること。

また、2度目の移植作品なのにも関わらず、WiiU版や3DS版によるセーブデータの引き継ぎも不可。それにより「レジェンドモード」をその都度プレイする必要がある。

ただ、こどもリンクを先に使用解放し、特殊攻撃による「必殺技ゲージを魔力ゲージに変換する」という性能を活かして工夫したゴリ押し戦法であれば、弱点アイテムを入手せずともクリアは出来ないこともない(Lv.15で検証済み。「レジェンドモード」の進行次第では連れの仲間二人が不要になることもあるため、安全な場所に誘導する必要もあるが…)。


活躍

前述通り「レジェンドモード」での出番はなし。

「アドベンチャーモード」の「大冒険マップ」の一部のバトルでは援軍として登場し、単騎でバトルエリアを徘徊しながら周囲の味方を鼓舞する(やる気が上がる)という、サポート役を担っている。登場する際、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』でもお馴染みのあの戦闘曲のアレンジが流れる(進行によっては流れないこともある)。ただ徘徊するだけでなく、拠点を制圧することもある(拠点の制圧は、敵が味方砦を侵入するまでの時間稼ぎにもなる)。操作キャラの2Pと3Pには鼓舞の影響は受けるが、なぜか彼本人と1Pには影響は受けない仕様である。鼓舞を受けた味方の生存率は上がるので、なるべく敗走されないように気を配ろう。

また、彼を1P(もしくは2人プレイ)として操作した場合は援軍としての登場はしない(代役もなし。これはメドリやトゥーンゼルダなど、途中から援軍するキャラ全員同様)。


使用武器

  • 片手剣

最初から使用可能な武器。

属性は光で、武器のLv.4+では水属性が追加。

機動性が高いイメージを持っていることから高くジャンプすることが出来、敵の攻撃を避けたり、後ろに回り込むことが可能となっている。クセがなく、小回りが利きやすい。また、前述の通り、デクの葉で風を当てたり、上から剣を叩きつけたりする追撃手段がある。

敵のウィークポイントゲージを削り切った時に敵の周りにウィークポイントスマッシュ発生のサークルが出現するのだが、ジャンプ(攻撃含む)で近づこうとするとウィークポイントスマッシュが発生せず、暫くの間画面がチグハグになるバグが存在する(巨大ボス除く。3DS版は不明)。

最高のLv.4+の入手先は「ロウラルマップ」であるが、マップ構造や探索用アイテムの都合上、やや後半気味(このバトルのみ片手剣の武器制限も追加)。

待機モーションは、機嫌良くタクトを振る(『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』の上アピールと若干似ている。結構可愛いので一見の価値あり)。

尚、全レベルの武器の入手先は、砦などを制圧する「アドベンチャーバトル」のみとなっている為、彼のレベルが低いと難易度が上昇する。


  • サンドロッド

3DS版ではDLCとして追加され、固まった砂や汽車を操って戦う武器となっている。属性は炎で、武器のLv.4+では闇属性が追加(Switch版のみ)。

片手剣より機動性は少し劣るものの、攻撃範囲はこちらの方が広い。汽車で突進する間は、大きさと速さもあって動きの制御がしにくいが、(フレイム)ギブドの雄叫びや仰け反りが無効化される、所謂スーパーアーマー状態なので、使い慣れると光るところがある。

Switch版ではアドベンチャーモードの「大冒険マップ」の左側である『大地の汽笛』サイドでの入手となり、全てのレベルの武器はこちらのマップにて用意されている。ただ、マップの難易度が「辛口」で、キャラ制限(トゥーンリンク。Lv.4以上はサンドロッドの武器制限も追加)が掛かっており、レベルが低いとやはり苦戦する。

こちらのマップでは入手難易度は高いが、キャラクター制限の解放が可能なアイテムカード「黄金の汽車」が存在している(とにかくキャラ制限が多い他のマップでも欲しいと言わんばかりである)。ハートの器とは違い、武器の解放は本人でなくても可能な為、鍛えたキャラで挑むのもいいだろう。アイテムカードの購入(Switch版のみ)は出来ないが、一度入手してしまえば、探索で「ウィンドストーン」を利用して量産も出来る(しかも暫くすると復活する)ので、在庫切れにならないように気を配ろう。

他のマップでは片手剣で参戦するが、「大冒険マップ」のみサンドロッドを持参する(援軍時も同様)。

待機モーションは、サブゲーム等の勝利モーション。

尚、こちらのトゥーンリンクは『風のタクト』及び『夢幻の砂時計』の人物であり、元ネタである『大地の汽笛』に登場する機関士リンクとは別人であるが、魔力解放時や勝利ムービーに機関士リンクの特徴とも言える、敬礼する。


武器一覧

種類属性レベル武器名その他
片手剣Lv.1勇者の剣初期装備の武器。
Lv.2夢幻の剣「大海原マップ」で解放
Lv.3ロコモの剣「裏冒険マップ」で解放
Lv.4裏ロコモの剣「黄昏マップ」で解放
Lv.4+水ロコモの剣水属性が追加。「ロウラルマップ」で解放
サンドロッドLv.1サンドロッドDLCとして追加(3DS版)。「大冒険マップ」で解放(Switch版)。
Lv.2サンドロッド改「大冒険マップ」で解放
Lv.3ナイスサンドロッド同上
Lv.4裏ナイスサンドロッド同上
Lv.4+闇ナイスサンドロッドSwitch版で追加。闇属性が追加。「大冒険マップ」で解放

総評

武器が2種類ではあるが属性が被っておらず、5つの属性の内4つの属性を持つため、戦略の幅は広い方である(ただし、雷属性のみ未所持)。特に、数多くのキャラクターが弱点とする光と闇の属性を持つというのは、バトルを有利に繰り広げやすくなる。

また、光属性の「複数の敵に連続して攻撃を与えるほどダメージが増加する」特性上、回転斬りが多い片手剣とは相性が良い為、雑魚敵を一掃しやすい。ただし、巨大ボスを相手する場合はウィークポイントゲージを削るのに時間が掛かる為、強6攻撃よりも強3攻撃を連続で当てると素早くウィークポイントスマッシュが決めやすい。

サンドロッドも、炎属性の「ふっ飛ばした敵が着地時に爆発して、周囲に追加ダメージを与える」特性と攻撃範囲が広いのが相まっているのか、片手剣同様雑魚敵の一掃には向きの武器である。動きの制御がしづらいものの、強5攻撃がかなり強力であるため、巨大ボスのウィークポイントゲージを削るのも速い。また前述通り、ギブド系の雄叫びや仰け反りの無効化もかなり大きい。ぶっちゃけると、操作に慣れてしまえばこの技が強すぎる為、他の技が霞んでしまい勝ちになるほど。また、光属性の妖精でフェアリースキルである「属性マジック」で暫くの間メイン属性を炎→光に上書きすれば、片手剣同様に光属性の特性が噛み合う。


その他

  • コスチュームも用意されており、海老の服や機関士の服などが存在する。
    • 「"裏"大海原マップ」で入手出来る「裏海原別色」では、『風のタクト』等に登場していたニコが元ネタである。因みに、テトラの「大海原別色」も同じ元ネタ。
    • 「コホリントマップ」で入手出来る「夢別色」ではマリンの父であるタリンが元ネタである。その為、このコスチュームでは髪の色が黒くなる。

  • 『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』や『夢幻の砂時計』などでのボイスは『風のタクト』の流用であるが、こちらでは新たに収録されている。

  • 原作ゲーム『風のタクト』の主人公だが、前述通り「レジェンドモード」には一切絡まない為、「風のタクト編」にも登場しない。
    • 登場した原作ゲームのキャラは、テトラ、ハイラル王、ジークロック、ファントムガノン、プチブリン、チュチュとなっている。メドリも同じく登場しない。
    • そもそも「風のタクト編」はストーリー本編の後日談であり、青年リンクと上記のキャラは登場しているものの、オリジナルキャラクターが主役といっても過言ではないストーリーになっている(原作キャラのテトラやハイラル王も、大雑把にいえば手を組む程度の絡み(所謂ゲストキャラのようなポジション)であり、キーキャラクターではない)。
    • その為、リンク同士やゼルダ同士(正確にはテトラと無双のゼルダ姫)のクロス要素は存在しない(ゼルダ姫は城に居残っている為。また厳密に言えば、「アドベンチャーモード」の同じバトルに配置している程度。専用の台詞もなし)。

  • 「風のタクト」も武器として存在するが、ゼルダ姫の使用武器の一つとなっている。因みに、唯一彼が持ってない雷属性である。
    • 元々タクトは、『風のタクト』に登場していた風の賢者のフォド曰く、「国王が賢者を指揮して、神様を呼ぶ曲を演奏するために使われていたもの」であり、「ハイラル王家の所有物」という点を踏まえると辻褄が合う。
    • 「アドベンチャーモード」の一部のマップでのアイテムカードとしても存在する。用途は「マップの道を塞ぐ風を退かす」ものであり、マップの攻略には必須。購入(Switch版のみ)は出来ない為、バトルの報酬しか入手法がない。彼の代名詞とも言えるキーアイテムを、(ドットグラフィックとはいえ)敵キャラも含めた他のキャラクターが普通に使用できるので、なんとも複雑な状況である。


外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

第3作『大乱闘スマッシュブラザーズX』よりファイターとして参戦。詳細についてはトゥーンリンク(ファイター)の記事を参照。全ての作品において、『風のタクト』及び『夢幻の砂時計』の人物で統一している。

当記事では、それ以外の人物としてのトゥーンリンクを紹介する。


大乱闘スマッシュブラザーズ_for_3DS

本作で追加されたステージの「汽車」では、『大地の汽笛』に登場した機関士リンクが汽車を操縦している(リンク系のファイターで対戦している場合、師匠のシロクニが操縦している)。

また、機関士リンクリンク(大地の汽笛)のフィギュアも登場している他、3DS版のフィギュアでは『夢幻の砂時計』・『大地の汽笛』が主になっている(Wii_U版ではリマスター版に合わせたのか、『風のタクト』の出典が主になっている)。

フィギュア名フィギュアの解説
リンク(大地の汽笛)自由できびしい海や空を往くことに比べて、決まったレールの人生なんて、とお嘆きの方。機関士となったリンクの波瀾万丈を知ったら、そんな思いは、汽車の煙のように消えるはず。見習い機関士だったモヨリ村のリンク少年は、敷かれたレールだけでなく、知恵と勇気で、消えた路線を復活させつつ冒険を進めるのだ。
機関士リンクリンクのイメージカラーを聞いたならば、100人中100人が緑と答えるはずだが、今回の物語に限り、彼は紺色の制服も着る。ところで、渋い赤色の帽子にハトのマークがついているのは、さて、どうしてでしょう?ゼルダの伝説といえばハートだから、ハト?正解は、汽車ポッポ→ポッポ→ハトポッポ!

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

スピリットがいくつか登場している。

  • シロクニ&機関士リンク

出典:『大地の汽笛』

分類:サポーター

階級:HOPE級

スキル:ダッシュ攻撃強化(タックルなどの、走行攻撃の攻撃力アップ【中】スピードアップ【小】)

その他:『灯火の星』で、荒野の汽車を動かせる唯一のスピリット。

スピリッツバトルでは、ダッシュ攻撃強化と超速タックル(走ると体当たりで攻撃できる)のスキルが付いているトゥーンリンクとシロクニ役のキャプテン・ファルコンとの1対2の対決となる。

ステージは当然「汽車」(通常)であり、暫くすると攻撃力もアップするので、長期戦はかなり危険。

ただ、階級はHOPE級なので、ACE級以上で挑むと結構楽になる。

尚、このバトルではトゥーンリンクとの対決の為、運転はシロクニが担当。


  • トーテムリンク

出典:『トライフォース3銃士

分類:アタッカー(投げ属性)

階級:HOPE級

スキル:なし

その他:『灯火の星』で、岩を破壊できる。

スピリッツバトルでは、緑(スマッシュ攻撃多用)・赤(必殺ワザ多用)・青(掴み多用)のそれぞれ役割を持つ3人のトゥーンリンクとの対決になる。

ステージは「ハイラル城」(通常)で、ギミックの竜巻には要注意。また、ハンマーやボム兵などの強力なアイテムが出現しやすい。上手くアイテムや竜巻を利用しよう。

こちらも階級はHOPE級なので、ACE級以上で挑むと結構楽になる。



ニャニャニャ!ネコマリオタイム

突如下から登場し、パペットのリンクが『ゼルダの伝説シリーズ』の作品を紹介する準レギュラー。ネコマリオたちには「リンク」と呼ばれているが、デザインはトゥーンリンクのもの。

一人称は「ボク」で、語尾に「デャッ!」と付けて喋る。

喋る時に剣を振り回す。

恐らく『4つの剣』のCMで使われたものだと思われる。



コミックス版

詳しくはこちらの記事を参照。


  • 『ゼルダの伝説 風のタクト リンクの4コマ航海記』
    • 著者:ÖYSTER(オイスター)
    • ゲームのストーリーを4コマ形式で描いている、ギャグ漫画。コミックでのストーリーは途中までのものとなっている。

  • 『ゼルダの伝説 4つの剣+
    • 著者:姫川 明
    • トゥーン調ではなく、オリジナルのデザインとなっている。




関連イラスト

トゥーンリンク全般

猫目ずかん


『風のタクト』

リンクとマコレ


『4つの剣』/『4つの剣+』

4swords


『ふしぎのぼうし』

Link VS Big Octorok


『夢幻の砂時計』

夢幻コンビ


『大地の汽笛』

今度のリンクは汽車を駆る


『トライフォース3銃士』

フリル姫



関連タグ


作品関連

風のタクト / 4つの剣 / 4つの剣+ / ふしぎのぼうし

夢幻の砂時計 / 大地の汽笛 / トライフォース3銃士


キャラクター関連

リンク(ゼルダの伝説) / こどもリンク / トゥーンゼルダ


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

トゥーンリンク(ファイター) / スマブラ


その他

猫目リンク:表記ゆれ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8675358

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました