ピクシブ百科事典

リンク(ブレスオブザワイルド)

りんく

リンク(ブレスオブザワイルド)とは、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに登場する主人公リンクのことである。
目次[非表示]

概要

CV:高梨謙吾

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの主人公。
シリーズの例に倣って金髪と青い目をもつハイリア人の青年。
イメージイラストでは青い服を着て、髪を後ろで束ねている。
ゲーム開始前から100年の眠りについており、開始時に目覚めたものの、あまりに永い眠りだったために記憶喪失になっており、力も大幅に落ちてしまっている。

能力

弓矢片手剣ブーメランといったおなじみの武器に加え、今作では両手剣棍棒なども使用する。シーカーストーンの多様な機能を使いこなす器用さも健在。
しかしながら総合的な戦闘センスはプレイヤー次第。今作は割と死にやすいゲームバランスをしているので、序盤は無様を晒すことも少なくないかと思われる。

登坂能力は歴代最強であり、ハイラル全土を探しても登れない壁の方が少ない。垂直に切り立った崖、一見してつかみどころのない城壁はもちろん、そり立つ壁のようにこちら側へ反り返った壁すら(スタミナ消費は増えるものの)容易に登り切る。

100年前

プレイヤーが操作する時点でのリンクは長年の眠りにより衰えている設定であり、100年前のリンクは凄まじい戦闘力を誇っていた様子。
確認出来る実力としては─

  • ゼルダを守りつつ作中屈指の難敵であるライネルを始めとした多数の魔物の大軍を単身で殲滅してかすり傷程度で済む
  • 盾を所持していない状態で姫を庇いつつ多数のガーディアンを破壊する

…等々その戦闘能力は極めて高く、他の英傑からも手放しで賞賛されている。
作中のスロー攻撃も長年の鍛錬の賜物なのだろう。

人物

騎士の家系に生まれ、幼少時から大人をも打ち負かす程の類稀なる剣才と鍛錬による非常に高い実力を持つ。
その実力は城内でガーディアンが暴走した際に咄嗟に落ちていた鍋の蓋でビームを反射して暴走を沈めたほど。
この一件がハイラル王の目に留まり、ゼルダ直属の近衛騎士に最年少で昇格した。

好き嫌いはなく何でも(例えそれが失敗した料理や岩ロースであっても)食べる健啖家。

また今作では無口である理由も語られており、その才能ゆえに注目されやすく周囲の模範となるよう心掛け続けた結果、自分の感情を出せなくなってしまったという。

……しかしながら、目覚めて以降は記憶を失っていることとその手のしがらみから解放されたためか、かなりノリノリな性格になっている(過去は寡黙なだけだが、現在の目覚めたリンクはゲームの都合上喋っていないと言えるくらい違う。セリフの選択肢も真面目なものからネタ染みたものまで幅広い)。本作は自由度がかなり高いため、いろいろなリンクを見ることが可能となる。(その際たるものがコレかもしれない)

また、本作では他作品と異なり名前を変更することはできない(イベントやムービーシーンでボイスが採用されているためと思われる)。

ブレスオブザワイルド


今までのシリーズと違い様々な防具を着用でき、衣装チェンジするのも醍醐味。
お馴染みのあの緑服は終盤で手に入る。

なお今作は珍しく美形としての側面が強調されており、その為か多くの女性に懸想されている。
またストーリー進行上女装する羽目になった際も一切怪しまれることがなく、寧ろ「可愛い」とまで評されるほど。

利き腕

武器は右手であるため、本作のリンクは右利きであると解釈されることが多い。
しかしながら、シーカーストーンを扱う時、祠のゴールを開けるときなど、戦闘以外の場面では左手を常用しており、ハテノ村の自宅の事務机に置かれるペン立ても左側。

このことから、今作のリンクは元来左利きだが、騎士としての教育を受けるにあたって武器だけは右手で扱うようになった、といういわば矯正されたが故の右利きではないかという解釈も存在する。

関連イラスト

ゼルダの伝説
蛮族装備


ホットミルク
トパーズの耳飾り


link
ブレスオブザワイルド4枚



関連タグ

ブレスオブザワイルド

コメント