ピクシブ百科事典

ミファー

みふぁー

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場するゾーラ族の英傑。
目次[非表示]

「私は…貴方を護りたいから」

CV:一色まゆ

この記事にはネタバレが含まれていますので、閲覧はゾーラの里の神獣を倒してからがお勧めです。














概要


神獣ヴァ・ルッタを使役する、ゾーラ族の英傑。ゾーラ国王ドレファンの娘であり、弟にシドがいる。治癒魔法と槍術を得意とする。

100年前の大厄災の時に神獣内部に閉じ込められ、神獣に侵入してきたガノンの手先である水のカースガノンと戦って敗れ、命を落とした。以降100年もの間、魂はガノンに乗っ取られたヴァ・ルッタの中に囚われている。

リンクとは幼馴染の間柄。
リンクに対して淡い思いを抱いていたようで、将来の婿となる者に渡すとされるゾーラの鎧をリンクのために密かに作っていた。
しかしハイリア人を快く思わないゾーラ族も少なくなかった為、その事を知っていたのは家族だけだった。

魂を解放されてからはリンクに自らの癒しの力を授けるとともに、神獣を動かしリンクに協力する。
リンクの役に立てる事を嬉しく思いながらも、死んでしまった彼女はもうリンクと共に過ごす事も、大好きな家族に会う事もできない。
その未練を口に出しながらも、彼女は他の英傑たちと共に最後の使命を全うするのであった。

追加コンテンツでは、リンクとは彼が4歳の頃に出会い、再び出会った時は身長も追い抜かれてしまっていた。リンクがライネルから自分を守ってくれたのを機に、明確な恋心を抱いたという。それは大昔にハイリア人の騎士に恋をしたゾーラの姫に通じるものがあると本人も父親も認識しており、父親も娘の恋を温かく見守ることにしていた。しかしそれとは別にルッタに乗ることに関しては父王も含め最後まで周囲から反対されており、ハイラルの危機はゾーラにとっても無関係ではないと彼女が懸命に説得したことで父王がついに折れ、「無事に帰ってくるように」という約束で認められた。しかしその約束も、彼女の恋心も、厄災によって叶うことはなかった。

それらの経歴から、ゼルダを退かして真のヒロインと位置付けるファンも少なくないようである。

名前の由来は音階からと思われる。国王ドレファンと弟シドを繋げて、「ドレ・ミファー・(ゾーラ)・シド」となる。

武器

光鱗(こうりん)の槍(攻撃:22)

ミファーが愛用していた銀色に輝く三つ叉槍。
彼女の形見でもある。
単発の威力よりも手数による総合的なダメージで勝負する。

性能も耐久性も槍の中では屈指だが、『壊れると真の形見ではなくなる』という愛から、ずっと懐に仕舞う、或いはマイホームにずっと大事に飾るプレイヤーが多い。

槍系は相手に投げつけると一撃で壊れてしまうため注意。

ちなみにゾーラの里の下にはミニチャレンジを進めるのにも使える“祭事の槍“なるものが沈んでいるが、レプリカ品であるため、性能は半分以下となっている。

ミファーの祈り

魂を解放されたミファーがリンクに授けた加護。
体力がゼロになった時に全回復+追加体力を授けるもの。

敵の火力が高くゲームオーバーになりやすい本作において、死んだことを無かったことにするうえ、体力を一時的に増強させるこの能力はかなり心強く、特にマスターモードでは重宝する。
ただし一度発動するとゲーム内時間で一日(24分)のリロードタイムを要する。

関連

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
ゾーラ族 ルト

pixivに投稿された作品 pixivで「ミファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1567791

コメント