2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ゲーム情報

発売日2004年11月4日(木)
ジャンルアクションアドベンチャー
機種ゲームボーイアドバンス
開発元カプコン
発売元任天堂
プレイ人数1人
価格4,571円+税
CERO全年齢対象
関連サイト公式サイト/Wikipedia


なお、2011年8月10日の値下げ以前にニンテンドー3DSを購入した人対象の「アンバサダー・プログラム」と、WiiU2014年からバーチャルコンソール版が配信されている。

あらすじ

とおいとおい昔 ハイラルの国に魔物が現れ 世界が暗い闇に包まれようとした時…
天から、小さなピッコルたちがあらわれて、人間の勇者に黄金の光と1本の剣をさずけました。
勇者は、知恵と勇気、光と剣で魔物と戦い 世界に平和を取り戻しました。
人びとはピッコルたちに感謝し、年に一度「ピッコルまつり」を行うようになりました。

そして、長い時間が過ぎ、ピッコルたちも伝説となったころ、ハイラル王国の王女・ゼルダ姫はピッコル祭りを一緒に見に行こうと幼なじみのリンクを誘いに刀鍛冶のスミスさんの家にやってきました。
100年に一度人間の世界とピッコルの世界をつなぐ扉が開いてピッコルたちがやってくると言われる節目の年にあたる今年は、いつになく盛大なお祭りになっているようです。
ハイラル城では、伝説の勇者にあやかった「武術大会」が毎年お祭りの時に行われます。
お祭りを見終えた二人には、スミスおじさんから預かった剣を届けるためお城へと向かいました。
お城では武術大会の表彰式が行われようとしていました。

しかし、そんなリンクとゼルダを待ち構えていたのは・・・

(参考元:ふしぎのぼうし公式サイト)

登場キャラクター

キャラクターデザインは『風のタクト』、『4つの剣』同様トゥーン調。
今作ではゲストキャラクターは過去の作品に登場してきたキャラクターが多く登場する(『ムジュラの仮面』のアンジュゴーマン、『ふしぎの木の実』のディンフロルネール等)。
また、『マリオシリーズ』からジュゲムトゲゾーがゲスト出演している。

リンクトゥーンリンク

今作の主人公。ゼルダ姫とは幼馴染で、鍛冶師であるスミスの孫。

ゼルダ姫

ハイラルのお姫様でリンクの幼馴染。

エゼロ

鳥のようなくちばしをもったしゃべる不思議な帽子。
リンクを小僧と呼び、かなり見下した態度をとる。
今作の相棒キャラクター。

グフー

武術大会の優勝者でゼルダを石にした張本人。
ピッコルの剣により封印されていた魔物を解き放つが、彼には別の目的があるようだ。

スミス

リンクの祖父。かなり優秀な鍛冶師で序盤でお世話になる剣はスミスが作り上げたものである。

関連イラスト

リンクとエゼロ
Zelda


ちっちゃいやつら
おやすみ



関連動画



関連タグ

ゼルダの伝説 トゥーンリンク ゼルダ姫 エゼロ グフー カケラあわせ

ふしぎの木の実:同じくカプコン開発のゼルダシリーズ。

風のタクト4つの剣4つの剣+夢幻の砂時計大地の汽笛トライフォース三銃士:トゥーン系ゼルダシリーズ。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ゼルダの伝説シリーズ ぜるだのでんせつしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 473898

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました