ピクシブ百科事典

概要に興味ないね

FF7」に登場する大都市で神羅カンパニーの本拠地であり、世界一の商業都市。貧富の格差が激しく、あちこちにスラム街がある。町は8つの扇形のプレートの上に形成されており、上から見るとピザのようでもある。それぞれのプレートが魔晄炉と呼ばれる発電施設から電力供給を受けている。それぞれのプレートの上側は主要都市区画、下側が貧困層のスラム街になっており、列車で往来できる。神羅カンパニー本社がある中央のエリアが0番街、周囲の8つのプレートが1番街~8番街、地下にディープグラウンドがある。
複数の魔晄炉から得る膨大なエネルギーを確保しているので、カーム等の周辺地域にも電力供給を行っている。その反面、魔晄エネルギーの汲み上げによって自然環境は悪化しており、ミッドガル付近では一部を除き植物の生育もままならない状態にある。
何故なら魔晄とは星の命その物であり、それを組み上げると言うことはそのまま星の寿命を削る行いだからで、当然それらの恩恵を受けてきた植物が生育できなくなるのも道理なのである、ただの草花が「珍しい品」扱いされると書けばどのくらいヤバい状態なのかは分かるだろう。
だが市民達はそう言った目に見える異常すら無視してひたすら今が良ければ良いとばかりに暮らしている。
全ての市民がそうと言うわけではなく、星生命論者と呼ばれる「魔晄は星の命だから食い荒らすのはやめよう」と唱える者が居たりもするが、上述の様に誰も耳を貸さない為、武力行使に出る者も存在する。
一応ドミノ市長という行政のトップが存在するが都市の運営は神羅が実権を握っており一般市民からもお飾り扱いを受けている。

まあ、いただきストリートスライムにとても暮らせそうにない、カンダタにオレにぴったりの雰囲気だと言われている通りの町と考えて差し支えないだろう。

物語冒頭のアバランチによる壱番魔晄炉、伍番魔晄炉爆破、神羅による七番プレート崩落、終盤のダイヤウェポンの襲撃と、メテオとホーリーのぶつかり合いと立て続けに被害にあっており、本編のエンディングでは都市機能を喪失。アドベントチルドレンではミッドガル全域は放棄されてしまった。500年後には森と湖といった自然の中に埋もれている。ACではかつての住民達が離接した都市として「エッジ」を作っており、一部ハイウェイはミッドガルとも繋がっている。恐らくは資材の再利用運搬を容易にするための措置だと思われる。

DCでは神羅ビルを含めた元市街地の廃墟そのものが半ばダンジョンと化しており零番街地下に神羅の研究施設であるDG(ディープグラウンド)があったことが明らかになる。

FF7シリーズを通して重要な場所となる。また、外部作品でも「ディシディアFF」や「スマブラ3DS/WiiU」でクラウドのホームステージとして登場。スマブラのステージは大きな土台とすり抜け足場3つという戦場プププランド(64)に似たシンプルな地形だが、時々召喚マテリアが登場し、とると召喚獣5種(イフリートオーディンリヴァイアサンラムウバハムート零式)からランダムで1種が現れてステージに攻撃を仕掛ける。
バハムート零式に至ってはテラフレアが背景のミッドガルに撃ち込まれてからそのままステージに向かって来るというミッドガル終了になりかねない攻撃である。

関連タグに興味ないね

セフィロス 架空都市

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー7 ふぁいなるふぁんたじーせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッドガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55579

コメント