ピクシブ百科事典

ミッドガル

みっどがる

「ファイナルファンタジー7」に登場する都市。

概要に興味ないね

「FF7」に登場する大都市で神羅カンパニーの本拠地であり、世界一の商業都市。貧富の格差が激しく、あちこちにスラム街がある。町は8つの扇形のプレートの上に形成されており、上から見るとピザのようでもある。それぞれのプレートが魔光炉と呼ばれる発電施設から電力供給を受けている。それぞれのプレートの上側は高級住宅地、下側がスラム街になっており、列車で往来できる。神羅カンパニー本社がある中央のエリアが0番街、周囲の8つのプレートが1番街~8番街、地下にディープグラウンドがある。
複数の魔光炉から得る膨大なエネルギーを確保しているので、カーム等の周辺地域にも電力供給を行っている。その反面、魔光エネルギーの汲み上げによって自然環境は悪化しており、ミッドガル付近では一部を除き植物の生育もままならない状態にある。

物語冒頭のアバランチによる1番魔光炉爆破、序盤の7番街プレート崩落、終盤のダイヤウェポンの襲撃と、メテオとホーリーのぶつかり合いと立て続けに被害にあっており、アドベントチルドレンの頃に嘗て裕福だったプレート上部も滅茶苦茶になり、500年後には完全に都市機能を喪失して森に埋もれている。

FF7シリーズを通して重要な場所となる。また、外部作品でも「ディシディアFF」や「スマブラ3DS/WiiU」でクラウドのホームステージとして登場。スマブラのステージは大きな土台とすり抜け足場3つという戦場プププランド(64)に似たシンプルな地形だが、時々召喚マテリアが登場し、とると召喚獣5種(イフリートオーディンリヴァイアサンラムウバハムート零式)からランダムで1種が現れてステージに攻撃を仕掛ける。
バハムート零式に至ってはテラフレアが背景のミッドガルに撃ち込まれてからそのままステージに向かって来るというミッドガル終了になりかねない攻撃である。

関連タグに興味ないね

セフィロス

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッドガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14185

コメント