ピクシブ百科事典

セリス・シェール

せりすしぇーる

ファイナルファンタジー6のプレイヤーキャラクターの1人。ガストラ帝国の元女将軍。ケフカと同じく帝国の魔導実験によって魔導の力を与えられた人造魔導士。
目次[非表示]

プロフィール

年齢18歳
身長172cm
体重58kg
生年月日3月10日
星座魚座
血液型B型
職業ルーンナイト(元帝国将軍)
出身地ベクタ
宝物シド博士に贈られた「セリス」という名の薔薇の株
趣味シド博士の温室の世話、ローズ・トピアリー作り
好きな物アンティーク絵本
嫌いな物弱い男
CV桑島法子WOFF、DFFOOより)


概要


常勝将軍」と呼ばれ恐れられるガストラ帝国の元幹部。帝国の技術者シド博士によって人工的に魔導の力を注入されており、魔法が失われているFF6の世界においては希少な「最初から魔法を使えるキャラ」の1人。弱冠18歳にして高い地位に就いていたのも、それだけ魔法が使えることの優位性が大きかったのだとも解釈できる。
本作の初期操作キャラであるティナとは様々な意味で対比的な印象を持っている。
(特殊な出生事情を持つ「天然の魔導士」であるティナに対していわゆる強化人間的な存在であるセリス、初期習得魔法が火属性のファイアであるティナに対して氷属性のブリザドが使えるセリス……等。しかし剣や鎧などの戦士系重装備が可能なのは両者とも同じでゲーム的な性能は近い感じであるなど、共通点も結構ある。)

ストーリーへの絡み

物語序盤の初登場時には、既に裏切り者として捕えられ将軍の地位を剥奪されている。
SFC版・PS版では地下牢で鎖で拘束された状態を救出することになるが、この際選択肢に意味もなく「このままながめてるのもいいかというものがあったりするのが未だに語り草である。
他機種リメイクではなくなってしまった。(ゲーム内の変更点が殆どないPS版と、下記のVC版では健在)

最初はクールな性格であり軍人のような男勝りの口調である。
ナルシェカイエンと出会った際に帝国の人間ということで「成敗する」と言われてしまい、ロックに庇われる。その後もカイエンから疑惑の目向けられたが、その際は挑発する様子も見せている。
如かしながら中盤のオペラ座のイベントでは、似ているという歌手マリアの姿になり、セッツァーを誘き寄せる役を引き受けている。当初はイヤがるようなそぶりを見せていたが、楽屋に入った途端発声練習を始めるほどノリノリになる。これにはロックも笑いを隠せなかった。
マリアと似ているだけで肝心の歌唱はどうなのかといえば、台本を間違えない限りは歌唱をやりきっている為に本職のオペラ歌手顔負けの歌唱力があるようだ。
この頃になるとロックへの想いをちらつかせ、だいぶ女性らしい口調になっている。

帝国ではケフカの策謀でスパイ疑惑をかけられ、身の潔白を証明するべく魔法でケフカと共にいずこかへ転移。行方不明となり一時的に離脱することになる。このイベントの際、カイエンを連れているとセリスを「怪しい女だと思ったわ!」と罵倒する固有台詞が見られる。なお、セリスとカイエンが和解するイベントはないものの、両者の不仲が窺えるイベントもこれ以降は特にない。

その後はしばらくの間PTから外れ、魔大陸に潜入する直前で再加入する。
やがて、漁港でのロックとのやり取り(以前、スパイ疑惑をかけたロックを冷たくあしらってしまう)で、サウスフィガロの地下室のBGMとオペラで歌った「アリア」に悲愴感を加味したアレンジの「セリスのテーマ」が流れる…。BGMは将軍時代のセリスのイメージと真逆で乙女チックであり、帝国将軍時代のセリスの心がすっかり氷解した様子が演出されている(昔からシド博士など、セリスをかわいがる男性はいたようだが、恋する乙女の素顔を見た人物は少なかったようだ)。

世界崩壊後は孤島でシドに1年間看病されていた。
その後、シドと共に生活(と言っても漁労)するがある段階で孤島を出、仲間を捜す旅に出ることになる。
この時にはシドの事をおじいちゃんと呼んだりと最初の将軍の頃の面影は全くなくなっている。

しかし、場合によってはシドと死別することになる。
彼が亡くなった後、「みんな死んでいく。ロックも、もういない。世界はもうおしまいなのね」と絶望し、一度は崖から身を投げる(この時もまた「セリスのテーマ」が流れる)が、奇跡的に助かる。
そして、鳩にロックのバンダナが巻かれているのに気づき、彼を探すべく島を出る決意をする。このイベントの時に、鳩に巻かれていたロックのバンダナは後にFFRKにて装備品として登場した。

実はこの時の絶望の展開はシチュエーションこそ違うが、あのオペラ「マリアとドラクゥ」を髣髴とさせる。
ただ、劇中のマリアと違いセリスは微かな希望を胸に「待つ」のではなく行動を起こしたのである。

実は、女優マリア以外に、帝国に殺されたロックの恋人・レイチェルとも瓜二つである(セリス初登場時のロックの台詞、レイチェルのドット絵、レイチェルの遺体を見た時のセリスの反応から窺える。ロックは以前からセリスのことは知っていて、レイチェルに似ていると認識したのは、セリスの鎖を外した時であった)。

その為、ロックに対しては「自分は死んだロックの元恋人・レイチェルの代わりなのか?」と問いたり、帝国のスパイと疑われた後でなかなか彼と打ち解けることができなかったり、幻獣フェニックスにおける一連の出来事の背景には彼への複雑な思いを抱えていた。
しかし、その過去のトラウマに苦しむ彼の心の中にいた想い人とは・・・?



ちなみに、世界崩壊後はセリスの視点からスタートするのでEDまで必ず登場する仲間キャラの一人。
つまり、ティナと並んで真の主人公と言われやすいキャラであるが、ロックとの恋愛イベントが必須でロックを加入させなくてもゲームのクリアが可能であったり、地下室で眺められるイベントや孤島で看病されていたイベントや触手戦など、エロRPGのようなイベントが多かったりと、ティナと比べると大人向け玄人好みの印象を受ける(そのせいか、パッケージやコラボ作品ではティナが抜擢されることが多く、ロックの抜擢度も多からず少なからずとなっている)。

ロックが加入するか否かでEDが変わる(余談で、ストラゴスがいるかいないかでもリルムからの扱いが変わる)。
ロックが加わっているとセリスに迫った危機に彼のトラウマの再来かと思われたが……?

オリジナルコマンド

オリジナルコマンドは魔封剣(まふうけん)。これは剣を掲げた後一回に限り、敵味方問わずに誰かが使用した魔法を吸収し、その消費MP分のMPを吸収する(ダメージは受けない)。

序盤は魔法を使える仲間が少ないため純粋な防御手段として有効であるが、仲間が魔法を扱い始める中盤以降になると使い所が難しくなる。これは、ストーリー本編ではこれを必要とするほどの強敵がほとんどいないことも大きい。

ちなみに一部の魔法は吸収出来ないが最強魔法のアルテマ(オリジナルコマンドが使えないマジックマスター戦を除く)や、魔導レーザーなどの一部の特殊攻撃も吸収可能。
特にGBA版などでアルテマを使う隠しボス等では有効である。GBA版の追加ダンジョンでは、ザコ・ボス問わず魔封剣が有効な敵は多く、しかも厄介なものばかり。対応する攻撃であればいかなる破壊力を持つ攻撃も「確実に無力化」できるため、真に強い相手でこそ輝くコマンドと言える。

そのため、これを戦術に組み込む場合は味方側も魔封剣に引っかからない攻撃や回復を心がける必要がある。青魔法やメテオとの相性は抜群なので、これらを使いこなすと難易度はグッと下がる。

容姿・服装

セリスとセリス


金髪碧眼でティナよりも更に長いロングヘア
オペラ劇場のダンチョーから、オペラ女優・マリアに似てるといわれるほどの美貌の持ち主(セッツァー曰く「よく見るとマリアより美人」。ちなみに、マリアも、舞台のヒロイン・マリアを演じる女優・マリアという人物で、性格が設定されていない。セリスと別の意味で謎が多い人物である)。
女優・マリアとはシルエットがそっくり、ロックの亡き恋人・レイチェルとは顔がそっくりと言った感じか。

女優・マリアはゲーム中では言及されていないが、セッツァーの亡き友人・ダリルに髪型が似ている。オペラ衣装の髪型がエドガーにそっくりなのは特に意味がないらしい。
オペラセリスも参照。


セリス



  • 一方ドット絵では緑のレオタード姿に白いマントでドキドキである。ドット絵のティナと同じ肩当て、リストバンドを付けている(ティナは赤系、セリスは青系)。ちなみに二人とも指し色に緑が入っている。

25th



  • 髪飾りは天野版はバレッタ、ドット絵ではヘアバンドで、ゲーム画面ではどちらにも見える髪飾りを付けている。
  • 靴は白(ドット絵では青色)のロングブーツで、ティナはドット絵ではぺたんこ靴だが、セリスは天野版でもドット絵でもハイヒールである。
  • ティナとの比較なのか、公式画ではいつも斜め後ろを向いている。
  • オペライベントではドレス姿。花束を持ち、リボンをつけて髪を束ねている。 → オペラセリス FFRKにて文字通りの「ドレスレコード」として登場し、オペラ衣装のまま戦えるようになった。
  • セリス(celes)が「天空・青空」の意味の為か、目や一部の衣類が空色寄りに塗られている(この為、宝物の「セリスという名の薔薇の株」が青薔薇だと解釈されることが多い)。ティナの海外での名称「terra」は地球・大地という意味で、ティナとセリスは対の名前なのが分かり、こころなしか衣装もそれをイメージしたものになっている(ティナは高原・花畑風の衣装、セリスは大空・月夜風の衣装)。ちなみに、エドガーの青いリボンを結んだ金髪が砂漠の太陽&湖をイメージしているのは公式から発言が出たことがある(Vジャンプ誌上)。キャラ全員好きに解釈していいというのが公式のコンセプトなのだろうが。
  • ゲーム中ではロック以外の男性陣との絡みも多いが、おそらく彼女がロックに一途で他の男性陣と絡んでも公式カップリングだと勘違いされずに済むからである。公式美人とは言え、彼女がティナやリルムや他女性陣よりもモテる設定、他女性陣よりも女性として魅力的な設定、男性陣が彼女をやらしい目で見ている設定は一切ない(あるとしたら、体が一番成熟している設定だけであろう。その体型のせいでリルムには年増女呼ばわりされてしまった)。強いて言えばマリア=セリスを娶ろうとしたセッツァーだけで、ロックがいないEDでは初期にバンダナを装備していた設定が生かされている。彼女に子作りを迫ったケフカは人形遊びが好きな為、ティナを着せ替えしていた解釈もされている。「女主人公の中で誰が一番乙女ゲー主人公らしいか」といった論争は不毛なので控えること(二人の女性(セリスとセリスに似た故人の彼女)の間で揺れるロックは賛否両論とされており、女性全員が好きなエドガーは女性陣にギャグキャラ扱いされている。つまり、女主人公も同じ条件なのが分かる。蛇足ながら、このゲームは「誰がメインの主人公か」と言った話題のほうが向いている)。
  • FINAL FANTASY LEGEND2では、ドット絵基準の服装に、編み込みがあるアームカバーとニーソックス(色は黄色で、右手、左足のみ)を着けたイラストが発表された。マントの縁には天野絵を彷彿とさせる房が付いている。

尚、ティナとは対比的な印象が強いのは上述の通りだが、向こうが(DFFの公式イラスト、モーグリを抱えているなどの印象もあってか)慎ましい体型で描かれやすいことへの対比か、セリスはかなりのナイスバディに描かれることがあるらしい…。

ティナセリ


(と言ってもその辺はあまり明確な公式設定があるわけでもないので、結局は絵師の好みによる所も大きい。公式画では「身長に合わせて胸の大きさも変えている」といったデザインである。)


余談

オマージュ的なキャラクターとしてベアトリクスがFF9に登場している。

戦闘に突入した際、何故か敵に驚くポーズをとるのだが・・・とても常勝将軍という肩書とは思えない慌てっぷりである。

世界崩壊後、浮上できなくなったフィガロ城の原因をエドガー(またはフィガロ兄弟)と共に突き止めるべく動力部へ向かったが、なんとそこには謎の触手が蔓延っていた。そのまま戦闘となるわけだが、触手は誰彼構わず絡みついてくる為、当然セリスにも絡みついてくる…その容姿のせいでこの展開の薄い本が厚くなるような光景にロックを含まないパーティの男共はドキドキしなかったのか心配である(同じ会社の前例。Vジャンプでは「エドガーのエネルギーも吸い取る」という男女平等パンチな説明がされていた)。また、ロックが加入する前に雑魚敵に「ロック」という技で固められてしまう。ロック、早く加入しろ!

関連イラスト

セリス
セリス・シェール
セリス
セリス
セリス
セリス・シェール
セリスさん
セリス
セリス
美しき女将軍
セリス
セリス
セリス
センシティブな作品
セリス・シェール
セリス誕生日おめでとう



関連タグ

セリス ファイナルファンタジー6
ティナ・ブランフォード シド ロック・コール
レオタード チューブトップ ハイレグアーマー グリーンヒロイン イエローヒロイン 光落ち ツンデレ 常勝将軍 オペラセリス

カップリングタグ


ロクセリ……ロックとセリスのイラスト
セツセリ…セッツァーとセリスのイラスト
セリティナ……ティナとセリスのイラスト

外部リンク

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー6 ふぁいなるふぁんたじーしっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「セリス・シェール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「セリス・シェール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4367974

コメント