ピクシブ百科事典

リルム・アローニィ

りるむあろーにぃ

ゲーム『ファイナルファンタジー6』のキャラクター。
目次[非表示]

キャラクター概要

魔導師の末裔が住むサマサの村で暮らす10歳の女の子。
天性の絵の才能と持ち前の魔力を組み合わせた特殊能力「スケッチ」を駆使するピクトマンサーである。

オリジナルコマンドは「スケッチ」。
敵1体のイラストを描き一度だけ敵に応じた技を使う。
とあるアクセサリーをつけると「あやつる」になりこちらの方が使い勝手がよい。

タグは「リルム」で登録されるイラストが多い。

プロフィール

年齢10歳
身長153cm
体重40kg
誕生日9月9日
星座乙女座
血液型B型
出身地サマサ
宝物母親お手製リボン
趣味お絵描き・リボン集め
好きな物卵ふわふわのメイプルシロップのパンケーキ
嫌いな物毛虫・怖い人・苦い風邪薬
CV悠木碧(DFFOOより)


キャラ設定

物心付く前にみなしごになり、義理の祖父ストラゴスと共に暮らしている。絵を描くことが好きで、そちらの方面で天性の才能を持つ。

ストラゴス同様、魔大戦で生き残った魔導師の末裔であり、潜在的に備え持った高い魔力と生来の絵の才能を組み合わせて編み出した彼女独自の魔法能力「スケッチ」を駆使する。敵の姿を描いて実体化させ、その敵の技で攻撃するというもの。(ジョブ名の『ピクトマンサー』は、『絵を操るもの』といった意味合いの造語のようだ)

ティナ一行が訪れた際、炎のロッドが保管されていた建物の火事に巻き込まれるが、ティナ達に助けられる。その後、西の山でのオルトロス戦で乱入し、得意技のスケッチで一行に勝利をもたらす。それ以降、旅に同行しパーティーメンバーに加わる(世界崩壊後は加入させるかは任意だが、ストラゴスの再加入には彼女を復帰させておく必要がある)。

かわいらしい容姿とは裏腹に口が悪く毒舌家で、ストラゴスのことを「じじい」と呼ぶだけでは飽きたらず、マッシュのことを「筋肉男」、エドガーを「色男」、セリスを「年増女」と呼んでいる(18歳の女性に年増と言ったらブチギレものである)。
また、やりこめられても黙って引き下がらない強情な一面やオテンバな一面もあり、ストラゴスがティナ一行を西の山に案内する際に同行の意思を拒絶されるも、負けじとこっそり後を尾けてきおり、オルトロス戦にて戦闘に乱入。
得意のスケッチでオルトロスを描き、自分がカッコいいと思い込んでいるオルトロスに自分がタコであることを知らしめ、戦意を喪失させて苦戦していた一行に勝利をもたらした。
また、マッシュにやり込められた時には悔し紛れに「似顔絵を描くぞ!」と叫び、オルトロス戦での一件で彼女の能力を知ったティナたちを慌てさせている。

世界崩壊後はシャドウが生存しているか否かによってパーティ再加入のプロセスが微妙に変わるが、どちらの場合でも最終的にアウザーの屋敷でラクシュミの絵を描いていたところでチャダルヌークが出現、それをパーティが倒す事で加入する。
シャドウが死亡していた場合は、その前に獣ヶ原の洞窟で倒れていてそれを助ける必要がある。

実は、パラメーター上ではティナやセリスをも凌ぐ魔力を持っており、魔法を覚えさせるとかなりの威力を披露してくれる。

シャドウの相棒犬『インターセプター』がシャドウ以外の人物に懐く唯一の存在がリルムである。リルムがインターセプターに触れようとしていた時に彼が危険を察知したのか声を荒らげてリルムに触れるのを止めるように叫んだところ、なんとインターセプターが自分以外の人間に気を許し懐いている光景がそこにあった。シャドウはこれに驚く・・・といったエピソードである。
これが実はシャドウとリルムの関係の秘密を解く鍵の一つとなっており、シャドウの夢でインターセプターとどこで知り合ったかで判明していく。

関連イラスト

こらぁ~くそじじぃ!しゃきっとせんかあ!!!
おえかきしようよ


スケッチ
Pictmancer


リルムとオルトロス
妖星乱舞


君に



関連タグ

ファイナルファンタジー6 ストラゴス シャドウ
魔法のアイドルパステルユーミ…リルムと同様、絵を実体化させる魔法少女である。

pixivに投稿された作品 pixivで「リルム・アローニィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117765

コメント