ピクシブ百科事典

ブレイブリーデフォルトⅡ

ぶれいぶりーでふぉるとつー

ブレイブリーデフォルトⅡとはスクウェア・エニックスのブレイブリーシリーズのRPGである。
目次[非表示]

世の理を司りしクリスタル
火、水、風、土の力、人の手に余るものなり
解き放せし時、その力は災いとならん
しかして、さらなる災厄が訪れるであろう

        ────ミューザ国 四行詩

概要

2020年にニンテンドースイッチで発売予定のブレイブリーデフォルトから始まるシリーズの最新作。物語の舞台は新たな世界である五つの国を擁する「エクシラント大陸」となっている。

世界観が異なる為「ブレイブリーデフォルト」ならびに「ブレイブリーセカンド」との繋がりは現段階で一切不明だが、前作までのキャラクターは登場しないと言われている。「Ⅱ」ではあるものの、RPGとしては三作目になる(正確にはBDFFのアッパーバージョンのBDFtSがあり4作目)。誰もがブレイブリーセカンドが「Ⅱ」にあたるものだと思っていた中でこの作品が発表された。

2020年3月27日に突如公開されたニンテンドーダイレクトminiで「先行体験版」の同日の配信が告知された。

スタッフはこれまでのシリーズを手がけた浅野智也が続投する一方で、キャラクターデザインは吉田明彦から生島直樹に変更された。今回はゲストイラストレーターは招かず、生島が全てのジョブデザインを担当している。
音楽はブレイブリーデフォルト以来久しぶりにRevoが担当する。
シナリオはF.E.A.R.の久保田悠羅と、クリーク・アンド・リバーの長井知佳。
開発はこれまでのシリコンスタジオからコンテンツ部門が分社化したクレイテックワークスが担当する。

Pixivでは記事作成の段階では「ブレイブリーデフォルト2」のタグで投稿されているものが割と多い。ちなみに公式でも「ブレイブリーデフォルト2」と表記する事がある。

今作ではこれまでと違いサブタイトルは付かないという(世界同時発売を計画している為)。

システム関連

※先行体験版に基づいており、発売前後に内容が変わる事があります。

戦闘はランダムエンカウントからシンボルエンカウントに変更された。これによりフィールドまたはダンジョンで敵と接触する際に「敵の背後を取って先制攻撃」「敵から背後を取られて先制攻撃を食らう」「一行があるレベルに達するとフィールドやダンジョンで敵が逃避行動を取る」特徴が付加された。

フィールドは「FF7」から導入された「起伏のある地形」「高低差のある地形」「視点を自由に変えられる」タイプになった。また、フィールドの草を斬る事でアイテムをランダムで入手できる要素も加わっている。引き続き昼夜の概念も導入されている。

登場人物

※声優は先行体験版で判明したキャスト

  • セス(武内駿輔):嵐に巻き込まれてエクシラント大陸に辿り着いた船乗りの青年。
  • グローリア(嶋村侑):亡国ミューザの第一王女。
  • エルヴィス(井上和彦):師匠が残した魔導書を解読する為に世界を旅する学者。
  • アデル(ゆかな):エルヴィスに雇われた女性の傭兵。

先行体験版の内容の段階では、エルヴィスが35歳で他の3人は概ね20代らしい事が明かされている。
これはユーザーが高齢化したため、少年少女よりも青年の方が感情移入しやすいのではないかと考えられたため。

アスタリスク所持者

  • バーナード(????)※



※先行体験版スタッフロールにキャストとして記載されておらず、この人物である可能性が高いとされている。

余談

やはりブレイブリーセカンドの内容が不評だった事は浅野氏にも届いていたらしく、もう一度ブレイブリーデフォルトとしての再出発を目指した形として「Ⅱ」にしたという。舞台を一新したのもその事があった模様。
「ブレイブリーサード」ではないのもその理由であり、前作・前々作とは繋がりは無いとされるが…?
なお、前作以前の世界観についても構想自体はあるらしく、今後に期待したい。

関連動画




外部リンク

ブレイブリーデフォルトⅡ公式サイト

関連タグ

ブレイブリーデフォルト ブレイブリーセカンド スクウェア・エニックス

ロマンシングサガ…基本的にシンボルエンカウント方式
クロノトリガー…同上

MOTHER2MOTHER3…シンボルエンカウントの特徴が上記二作品よりも非常によく似ている作品。

関連記事

親記事

ブレイブリーデフォルト ぶれいぶりーでふぉると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイブリーデフォルトⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1021

コメント