ピクシブ百科事典

ブレイブリーデフォルトⅡ

ぶれいぶりーでふぉるとつー

ブレイブリーデフォルトⅡとはスクウェア・エニックスのブレイブリーシリーズのRPGである。
目次[非表示]

世の理を司りしクリスタル
火、水、風、土の力、人の手に余るものなり
解き放せし時、その力は災いとならん
しかして、さらなる災厄が訪れるであろう

        ────ミューザ国 四行詩

概要

2021年2月26日にニンテンドースイッチで発売のブレイブリーデフォルトから始まるシリーズの最新作。物語の舞台は新たな世界である五つの国を擁する「エクシラント大陸」となっている。

シリーズで初めて据え置き型ゲーム機でリリースされる(ニンテンドースイッチの特徴からこれまでのように携帯ゲーム機スタイルでのプレイも可能)。

シリーズで初めて前作までとは世界観とキャラクターが異なる。前作までのキャラクターは登場しない為「ブレイブリーデフォルト」ならびに「ブレイブリーセカンド」を知らなくても遊べるとアナウンスされているので繋がりはないと思われる。「Ⅱ」ではあるものの、RPGとしては三作目になる(正確にはBDFFのアッパーバージョンのBDFtSがあり4作目)。誰もがブレイブリーセカンドが「Ⅱ」にあたるものだと思っていた中でこの作品が発表された。

スタッフはこれまでのシリーズを手がけた浅野智也が続投する一方で、キャラクターデザインは吉田明彦から生島直樹に変更された。今回はゲストイラストレーターは招かず、生島が全てのジョブデザインを担当している。
音楽はブレイブリーデフォルト以来久しぶりにRevoが担当する。
シナリオはF.E.A.R.の久保田悠羅と、クリーク・アンド・リバーの長井知佳。
開発はこれまでのシリコンスタジオからコンテンツ部門が分社化したクレイテックワークスが担当する。

Pixivでは記事作成の段階では「ブレイブリーデフォルト2」のタグで投稿されているものが割と多い。ちなみに公式でも「ブレイブリーデフォルト2」と表記する事がある。

今作ではこれまでと違いサブタイトルは付かないという(世界同時発売を計画している為)。

2020年3月27日に突如公開されたニンテンドーダイレクトminiで「先行体験版」の同日の配信が告知され、ユーザーからアンケートを募ってシステム面等にフィードバックさせる試みを行っていた。

2020年12月17日に体験版第二弾「Final Demo」が配信され、先行体験版で行われたアンケートで指摘された部分の反映がされているとされ、本編第一章の一部をニューゲーム毎に5時間(プレイ時間)だけプレイ可能。(進行セーブ可)なお、製品版に引き継ぐ要素は無い。
なお、「Final Demo」のシナリオ終了地点までいくとクリアデータがセーブでき、再開すると2時間延長されて自由行動(+追加イベント)ができる。その為、条件を満たすと計7時間プレイ可能。

システム関連


戦闘はランダムエンカウントからシンボルエンカウントに変更された(周りでの目に見える敵を全部倒したとしてもしばらくするとまた出てくる)。これによりフィールドまたはダンジョンで敵と接触する際に「敵の背後を取って先制攻撃」「敵との接触直前に切りつける事でBPが1から始まる」「敵から背後を取られて先制攻撃を食らう」「一行があるレベルに達するとフィールドやダンジョンで敵が逃避行動を取る」特徴が付加された。(※)
なお、敵とのレベル差があると勝利時に経験値に低レベルボーナスが付くが、逆に考えるとプレイヤー側はダンジョンボスに対して適正レベルにない事も表している。適正レベルにない(レベル差が開いていると)と敵が赤く光る事で視覚的にもわかるようになっている。敵の弱点属性に4つの元素だけではなく武器属性が新たに加わった。その為魔道士が装備する杖や狩人が装備する弓矢も有効打となる場面も。
ただし、今作では敵側に武器もしくは魔法等に対するカウンター攻撃が確率で発動してくるので弱点だけではない特徴も覚える必要がある。

敵の中にはべらぼうな強さの強敵と遭遇する事がある。一切移動しない上に襲いかかってこない・色が異なる等、基本通常の敵とは見分け可能。進行の度合いや育成状況で自信がなければ逃げる事も可能。逃げるを選ぶとその場から消えるが、そのうちまた現れるのでステータスや弱点を先に把握してから後から任意で挑戦可能。倒してもしばらくするとまたその場所に現れるので何度も挑戦できる。

また、装備に重さの概念があり装備すると重さがオーバーしてステータスが下がったり、行動順に影響を及ぼす事もある模様。

魔法はジョブレベルを上げる事で下位から覚えていくタイプになった。その為、それぞれが魔道士系をマスターしないといけない。一見面倒にも思えるが、前作までは魔法を購入しないといくらジョブレベルを上げても全く使えないのに比べれば確実になったといえる。

必殺技は前作までの属性や効果をカスタマイズできるものからジョブ固有技に変更された。特に攻撃系は敵との属性の相性には注意。

フィールドは「FF7」から導入された「起伏のある地形」「高低差のある地形」「視点を360°自由に変えられる」タイプになった。また、フィールドの草を斬る事(後に切れるもの破壊できるものは増える)でアイテムをランダムで入手できる要素も加わっている上にこのアクションを敵と遭遇寸前に上手くヒットさせるとブレイブポイント(BP)が1の状態で戦闘が始まる。引き続き昼夜の概念も導入されている。
今回は国ごとにフィールドBGMのアレンジが異なる。また、ある章から通常戦闘曲も変化する。

初代の「BDFF」以来のユーザーアンケートの集計も行っており、製品版に反映されるものもある程度公表された。一例としては戦闘中のパーティの行動順がわかりづらい事に対してはFFのアクティブタイムバトルでの「ATBゲージ」に近い「ターンゲージ(当初は行動順ゲージと説明されていた)」が追加される模様。先行体験版では「にげる」が「-ボタン」だったのが、FF4~FF9とほぼ同じ方式「ZL+ZR(正確にはZLを押しながらZR)」で行う様に改良された。

パーティに同行するNPCが存在し、戦闘で何らかの補助を行う模様。FF3にあったシステムと同じである。

セーブはフィールド・街中では自由にセーブできるが、ダンジョンはこれまで同様にセーブポイントでしかできない。オートセーブもあるが街に入る・フィールドに出る・特定の場所を通過する際に行われるが、インフォメーションで解説されるがあくまでも進行の補助として存在するらしく、確実な記録として通常のセーブを行う事を推奨される。


またミニゲームとして領地争奪カードゲーム「B&D」が登場する。

※:これは任天堂の同じシンボルエンカウント方式のRPGであるMOTHER2MOTHER3の特徴(切りつける以外)とほぼ同じである。

登場人物


先行体験版の内容の段階では、エルヴィスが35歳で他の3人は概ね20代らしい事が明かされている。その為か、本編では酒を酌み交わすといった話題がよく出てくる。
これはユーザーが高齢化したため、少年少女よりも青年の方が感情移入しやすいのではないかと考えられたため。ジョブもかなり大人びた落ち着いたデザインが多め。なお、各々服装のデザインが違っていたりするジョブもある。
エルヴィスが参入時点で黒魔道士のアスタリスクを最初から持っている為、アスタリスク所持者がメンバーとして存在するのはシリーズでも初。

前作ではセーブポイントでのみテント(コテージ)が使えたが、今作ではファイナルファンタジーシリーズ同様にアイテムとしてテントが登場し、セーブポイントだけではなくフィールドでも使えるようになった。

アスタリスク所持者

アスタリスク所持者は敗北してパーティ側がアスタリスクを入手するとアスタリスク能力を奪われるのか大体がすっぴん姿になる。
各人物のアスタリスクを持った背景は様々だが、今作では何人かのアスタリスクは裏で何者かの暗躍が関わっている様子。



その他の登場人物


エクシラント大陸の国々

一度訪れた国もしくは村は無料の馬車で国と国の移動が可能。今作ではプレイヤーがフィールド移動する乗り物が無い(フィールドマップの仕様がこれまでと違う為か?)。

春風の国 ハルシオニア

今作での「始まりの国」であり、プラシド王が治める風光明媚な国。草原や高原が広がっており海にも近い。

渇水の国 サヴァロン

200年前に存在した王朝のせいで砂漠化が広がっており、なおかつ水不足だったのだが現在では水脈を掘り当てた事で城下町が水没してしまっている。国王は行方不明となっており、カストル王子が代理で統治している。評議会制の政治を行っている。

魔法の国 ウィズワルド

エルヴィスの故郷。大陸の諸国と異なり君主が存在しない珍しい国。その代わりにロディが代表となっている。これはエルヴィスの師である魔道士のエマが興した国であり、魔導研究所が存在し日々魔道士達が研究しているが、突然全体を植物が包み込む異常事態が発生している。

深雪の国 ライムダール

雪と氷に包まれた宗教国家。1000年前に現れた神竜によって救われた伝説があり、神竜を信仰するライムダール正教が国教となっている。人々を惑わす妖精を敵視しているようで妖精と疑われる人物に対して神判というものが度々行われているらしいが…? 付近には辺境の村・エンデルノがある。

軍国 ホログラード

非常に荒れた地に存在する軍事国家。300年前に一人の英雄がその地にいた民族をまとめあげて建国した。アダマスの野望によって近隣の国を属国にしようとしている。鉱物が国の産物らしい。

亡国 ミューザ

グローリアの母国であり、4つのクリスタルを祀っていた国。何者かによるクリスタル強奪により壊滅してしまっている。

????

エクシラント大陸のどこかにある隠された場所。ある章にならないと行けない。「人間を恐れている者達」が隠れ住んでいる。

余談

やはりブレイブリーセカンドの内容が不評だった事は浅野氏にも届いていたらしく、もう一度ブレイブリーデフォルトとしての再出発を目指した形として「Ⅱ」にしたという。舞台を一新したのもその事があった模様。
「ブレイブリーサード」ではないのもその理由であり、前作・前々作とは繋がりは無いとされるが…?
なお、前作以前の世界観についても構想自体はあるらしく、今後に期待したい。

通常戦闘曲ではエンカウント時にFF1~FF6、FF9にあったイントロがある等クラシカルなファイナルファンタジーを意識したと思しき部分もある。特に初期~ライムダールあたりまでの通常戦闘曲には一部に初期FFにあった「デケデケデケデケデケデケ」と似たフレーズがある。ライムダールでのイベントを期に~後半以降はロマサガシリーズを彷彿させる曲調。ある強敵との戦闘曲はFF7の「さらに闘う者達」を思わせるイントロ。

また、アスタリスク所持者戦はBGMが複数存在する。

今作では「グラディス」役となった斎賀みつきはキャストとしては「ブレイブリーデフォルト」「ブレイブリーセカンド」でティズを担当していた事で皆勤だったりする。


関連動画








外部リンク

ブレイブリーデフォルトⅡ公式サイト

関連タグ

ブレイブリーデフォルト ブレイブリーセカンド スクウェア・エニックス

ファイナルファンタジーシリーズ…言うなれば初期5作あたりまでの世界観を継承したようなのがブレイブリーシリーズと言える。
ファイナルファンタジー3ファイナルファンタジー5 …ブレイブリーシリーズでのジョブチェンジシステムの原典にあたる。前者は一時的に加わるNPCシステムが同じ。
ファイナルファンタジー8ファイナルファンタジー9…ミニゲームとしてトレーディング要素もあるカードゲームがある作品。

ロマンシングサガ…基本的にシンボルエンカウント方式
クロノトリガー…同上

MOTHER2MOTHER3…シンボルエンカウントの特徴が上記二作品よりも非常によく似ている作品。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL…発売前にスピリッツとして「セス&グローリア」「エルヴィス&アデル」が期間限定で登場した。

関連記事

親記事

ブレイブリーシリーズ ぶれいぶりーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイブリーデフォルトⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93307

コメント