ピクシブ百科事典

キメラブロックス

きめらぶろっくす

タカラトミーの玩具『ゾイド』におけるシリーズの一つ。ならびに同シリーズに登場する兵器の名称である。
目次[非表示]

概要

ゾイドの一種でゾイドブロックスの派生種と言える人工ゾイドの一群。

キメラブロックスの技術的なルーツはブロックスゾイド同様、ZOITEC社にあり、共通の規格で統一されたコアブロック・3種類のシステムブロック・フレーム・装甲・武装の各パーツをバラバラに分解し、用途に応じて自由に組み替える事が可能で人工ゾイドコアに遺伝子情報をプログラミングし、あらゆる生体の構成を認知させるという点ではブロックスゾイドと同様でだが後述の件でキメラブロックスでは人工ゾイドコアのプログラムにかけられたプロテクトが解除され、複数種の生体の攻撃性の高い部位を融合する事が可能なものとなった事で2種類の生物が融合したような形態のゾイドが誕生する事になり、これらのゾイドに用いられたプログラム「CHIMERA」からキメラブロックスと名付けられる事になる。
ちなみにロードゲイル以外は分類はキメラ型に統一されている。

共和国に先んじてブロックス技術に着目していたネオゼネバス帝国は、戦力増強とパイロット不足を補うため、これをより軍事色の強い自律行動型無人ゾイド(ゾイド-ZOIDS-のスリーパーゾイドやオーガノイドのような物)として運用する事を決定し、ZOITEC社に対しても半ば恫喝的なキメラ開発を要求した。
しかし、ブロックスの平和利用を願うZOITEC社はこれに反発し、ヘリック共和国への支援に方針を転換し、これにより共和国と帝国で異なる進化を遂げたブロックスの開発競争が始まったとされる。

当初は完全な無人機としての運用が考えられていたキメラであったが、ゾイドとしての闘争本能が制御用プログラムを侵食してしまい、敵どころか味方にまで襲い掛かり、さらには敵機・野生体を問わず、他のゾイドを取り込み自己進化を引き起こしてしまう危険性を秘めており、また個々での行動には対処できても、大規模な会戦には対応できないというデメリットもあったため、軍事的な利用価値は低く、そのため、ネオゼネバスでは司令母機を用意し、コントロールする方策をとることとなり、力押しの正面作戦等ではキメラブロックスを有効活用し、きめ細かな作戦が必要とされる戦闘では在来のゾイドを使い分ける運用を行っている。

第二次大陸間戦争終了後は生態系に及ぼす影響からこのキメラ技術は禁止され、ネオゼネバスと関連性のあるZi-ARMS社においてもブロックスゾイドであるパラブレードが開発されている。

キメラブロックス一覧


関連タグ

ゾイド ゾイドブロックス キメラ

オルディオス バトルクーガー・・・2種類のゾイドを融合させて誕生したキメラブロックスの先輩と言えるゾイド。

pixivに投稿された作品 pixivで「キメラブロックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント