ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

セイスモサウルス護衛用のキメラブロックスの一体。

スティラコサウルスの防御力(盾)と古代魚ドリアスピスの牙(ソード)を併せ持つ突撃型で、相手の攻撃をいなし、ソードレールキャノンで突破口を開く戦法をとる。

また、ドリアスピス形態にも変形でき、水中からも奇襲できる。

一見、新規に見えるがロードゲイルフライシザースのパーツやフレームも併せ持っている。


セイスモサウルスと合体することでベルセルクセイスモとなり、格闘能力を大きく強化させる。


アニメ『ゾイドフューザーズ』では、大型化したセイスモサウルスに合わせたのか、レッドホーン級の大型仕様が登場。

キュラッシャー隊の隊長に就任した元マッハストームマービスの愛機として、新市長のアルファ・リヒターに従わない者を攻撃していた。

しかしゾイドとの初戦闘となったガミーゴジュラスギガとの一騎打ちでは、手も足も出ず敗走し、セイスモサウルスとユニゾンすることでスティルアーマーとしての出番を終えた。

その後ベルセルクセイスモは圧倒的な力でレジスタンスを追い詰めるが、最終的にRDに敗れ、本体ともども爆散している。


ちなみにベルセルクセイスモのパーツと比べると、バトスト版より大型化した本機でも大きさが明らかに合わないが、ユニゾンした際に更に巨大化したのかは不明。



余談

当時としては強力な機体のはずなのだが、あまり活躍には恵まれていない。

バトルストーリーでは主役の話がなく、ウイルソン川でレオゲーターの数の暴力に圧倒され、ベルセルクセイスモも設定だけの登場にとどまっている。

アニメでは前述の通り活躍できぬままベルセルクセイスモにユニゾンしているため、スティルアーマーとしては活躍できていない。



関連タグ

ゾイド ゾイドブロックス キメラブロックス セイスモサウルス(ゾイド)


レッドホーン スティレイザー

関連記事

親記事

キメラブロックス きめらぶろっくす

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました