ピクシブ百科事典

キメラドラゴン

きめらどらごん

キメラドラゴンとは、ゾイドシリーズの一つ、「キメラブロックス」シリーズにおける合体形態の一つである。
目次[非表示]

データ

機体名キメラドラゴン
番号
所属ネオゼネバス帝国バトルストーリー)チーム・ブラックインパクト(ゾイドフューザーズ)
分類キメラ
全長18.0m
全高8.5m
重量64.6t
最高速度M1.2
乗員人数無人
装備
  • レールキャノン
  • 電磁キャノン×2
  • ハンマーナックル×2
  • ミサイルランチャー×2
  • マグネイズテイル
  • マグネイズスピア×2
  • マグネイズファング
  • エクスクロー×2
  • エクスシザース×2
  • ハンマーナックル×2
  • イオンブースター×2


合体要員

デモンズヘッド
フライシザース
シェルカーン
ディプロガンズ

詳細

ネオゼネバス帝国が導入したキメラブロックスは無人運用を視野に入れたゾイドであったが、ゾイドとしての凶暴性が自律システムを侵食し、味方にも見境なく手を出す事案も発生していた。また、その中で他のゾイドを取り込むことさえあったという

そんなキメラブロックス群のうち、上記4体の合体要員が共和国軍の合体ブロックスゾイドマトリクスドラゴンに対抗するために合体・自己進化した形態がこのキメラドラゴンである。

マトリクスドラゴンと同様に大型ゾイドに比肩するパワーを持つ一方、無理に出力を高めた反動からゾイドコアの寿命は極端に短いという。恐らくはレブラプターと同様に早期退役が多かったと思われる。
必殺技「ヘルズゲート」は頭部のマグネイズスピアと顎部のエクスシザースで敵を突き上げる攻撃で、ゲームなどでは特攻技として描写されている。

アニメでは

ゾイドフューザーズ
第18話に登場。チーム・ブラックインパクト所属のラスターニの兄レナートが導入した無人ゾイドで、合体時の大きさがバトルストーリーの物より大型になっている。

戦術AIの正確さでマッハストームのライガーゼロファルコンコマンドストライカーを翻弄するが、キメラドラゴンに組み込まれていたスーパーマグネトロンチャージャーが戦闘中に機能不全を起こし暴走、コロシアムから逃げ出してしまう。
コマンドストライカーやブルーシティ治安局を一蹴した上にRDのゼロファルコンを正確な戦術で翻弄したが、AIとしての正確さを逆手に取られ、ストライクレーザークローを受け機能停止した。

なお、この一件でキメラドラゴンを導入した張本人であるレナートはチーム・ブラックインパクトのオーナーを降り、ラスターニに経営権が渡った。

余談

ゲーム媒体では無人機の設定を再現するのが困難であるためか、有人操縦可能な機体となっている。
特に『ゾイドVS』シリーズでは、機動性は高くないが同型の武器を二重に装着でき、火力を底上げできるなど、優秀なゾイドの一体となっている。おすすめはケーニッヒウルフのデュアルスナイパーライフル二挺。

キットについては、上記の合体要員の単品売りに加え、4種セットのキメラドラゴンもEZ版とFZ版の2種が発売された(成型色に若干の違いあり)。合体時の余剰パーツが少なく、大型のパーツが多いので、カスタムの幅が広い。

キメラゴジュラス(紫)


(こちらはwebコミック『ZOIDS妄想戦記』に登場した「キメラゴジュラス」)

関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドブロックス キメラブロックス
ネオゼネバス帝国 ゾイドフューザーズ
キメラ

関連記事

親記事

キメラブロックス きめらぶろっくす

兄弟記事

コメント