ピクシブ百科事典

ライガーゼロファルコン

さいごをかざったらいがー

ライガーゼロファルコンとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する戦闘兵器であり、金属生命体の一種、ライガーゼロのバリエーションの一つ。最強の形態。
目次[非表示]

概要

ネオゼネバス帝国のゾイドエナジーライガーに対抗するべく誕生したヘリック共和国軍のゾイド。
ライオン型ゾイドのライガーゼロが隼型ブロックスゾイド・ジェットファルコンと合体した新たな高速戦闘形態。
現時点でのライガーゼロの換装形態では最強の戦闘力を誇る。

ライガーゼロフェニックスに搭載されていたフェニックスシステムと同様に連結した両機体のゾイドコアの共振から来る本体性能の強化を目的とした設計。
ジェットファルコンのパーツからガイロス帝国のバーサークフューラーに搭載されていた攻防一体型万能兵器・バスタークローの可変式改良型が装着された。
このバスタークローをウイング状に変形させ、そこからのマグネッサーシステムと背部のブースター(ジェットファルコンの脚部)を併用させることで、さらなる高速走行と飛行が可能となっている。

速度ではライガーゼロフェニックスを上回り、戦闘ではその機動力・速度を活かして戦う。
そして格闘戦においては圧倒的な機動力と速度をもってバスタークローと爪を振るい、あらゆる敵を一撃で粉砕できる程の攻撃力を発揮する。
また、フェニックス同様、一見地味ながらバスタークローに内臓されたビーム砲や多数の衝撃砲などを装備し、パンツァーまでとは行かないがかなりの火力を有している。バスタークローのビーム砲は凱龍輝荷電粒子砲に正面から打ち勝つ程(ただし、凱龍輝の集光荷電粒子砲が最大威力だったかどうかは不明)。兄弟機のエナジーファルコンも、やはりド級のビームを発射することができる(デスザウラーの荷電粒子砲を凌ぐ威力のエネルギー砲を連射できるという文字通りの化け物が誕生するらしい)。

活躍

バトルストーリーでは首都奪還戦でレイ・グレックの乗る機体が登場。
ヴォルフ・ムーロアが自ら駆るエナジーライガーとの激戦の末にゾイドコアを貫き勝利した。
その後エナジーライガーのエナジーチャージャーが暴走を起こした際、周囲への被害を食い止めるべく機体同士を連結して余剰エネルギーを虚空へと開放する。
この一連の戦いがバトルストーリー最後の戦いである。
このシーンはポップアップキットでも再現されており、エナジーライガーとジェットファルコンをチューブで連結してエアーを送り込むと空気の力でバスタークローがリフトアップする。

B-CASでの戦闘が公式に記録されているのはレイ・グレッグの個体のみである。戦後は、残念ながら絶滅または絶滅危惧となったらしい。

アニメ『ゾイドフューザーズ』では後半の主役機として活躍。
古代の遺跡で石化して眠っていたジェットファルコンと合体して誕生した。
墜落するホエールキングを一体で支えられるほどの恐ろしい出力を誇る(ただし暴走したゴジュラスギガには一体では相手にならなかった)。
最強の必殺技の一つに数えられるストライクレーザーランス、360°のカバーが可能な球形の回転型シールド、といったチート装備の他、ザンスマッシャーにエネルギーを通して強化したストライクレーザークローも使用する。
最終決戦においては仲間の力を集め、セイスモサウルスのゼネバス砲を切り裂きながら突破、そのままを撃破した。
ファイヤーフェニックスとの関連性は不明だが、フェニックスの化身の少女フェニスが石化していたジェットファルコンにRDらを導き、ファルコンを復活させたなど何らかの縁はあると思われる。ライガーゼロやバーサークフューラー、凱龍輝をも怯ませるほどのソニックブームも共通している。特にユニゾンの際に、ライガーゼロを意図的に宙に舞わせるほどの気流の渦を起こすこともできる。

Pixivにて

やはり、手間と難易度のあるデザインなためか、2017年5月の段階で総作品数は2、機体そのものをデフォルメなどせずに描いた作品は0である。これは、真の意味での兄弟機とも言えるエナジーファルコンも似たような状況である。

ゼロ家
ゼロファルコンむすめ!



余談

改造例である「バスターライガー」に似ている部分がある。

関連タグ

ゾイド ライオン ハヤブサ 哺乳類  ネコ ぬこ 合体 レオ ファルコン
ライガーゼロ ライガーゼロフェニックス
バルファルク:同じハヤブサがモチーフであり、共通点も多い

pixivに投稿された作品 pixivで「ライガーゼロファルコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1473

コメント