ピクシブ百科事典

ホエールキング

ほえーるきんぐ

ホエールキングとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称。

ホエールキングは、ガイロス帝国が開発したマッコウクジラ型超大型輸送ゾイドである。
中央大陸戦争当時にゼネバス帝国が亡命先の暗黒大陸から帰還した際に運用していたホエールカイザーがベースとなっている。

超大型ゾイドの大半は戦闘用に造られているものだが、この機体は輸送用に開発された機体である。クジラ故の性格が戦闘に向かなかったのだろうか。とはいえ全長225m・全高54m・重量8290tと他のゾイドとは一線を画すサイズを持つ。
機関にマグネッサーシステムとイオンブースターを用いることで海上と空中、ひいては海中をも航行することができ、最大時速827km・最大一個大隊をも輸送できる破格の輸送性能を誇る。
また、その圧倒的な積載量を転じて爆撃にも使用され、基地一つを壊滅させている。
しかしそのサイズゆえにゾイド同士の戦闘には不向きであり、共和国軍に撃墜されることも度々あった。全面Eシールド貼りにするのはコスパとエネルギー上難しいのだろうか。

輸送機である為、武装は最小限に留まっている。主な武装はASZ2連装720mmエレクトロンキャノン6門の他僅かに存在する程度、ただしどれも凄まじい威力。しかし、巨大すぎる故に戦闘面での小回りや運用性が利かず、そのため対通常ゾイドの戦闘になると脆さが出てくる。が、頭部にあるASZエレクトロンマスドライバーは普通のゾイドよりもでかい超巨大武装であり、名前から予想すれば超大口径電撃砲という事になる。アニメでは、AIドロイドのベンジャミンがハリーのホエールキングをハイジャックし、ゾイドバトル連盟母艦のウルトラザウルスに特攻した時に使用、この時は衝撃砲か実体弾のような描写だった。

  • 実在のマッコウクジラが、「ソニックビーム」というファンタジーじみた攻撃やレントゲンなどの機能を持つ超音波を発射するのもおでこである。

バリエーション

バトルストーリーでは、無人爆撃機ザバットの高高度プラットフォームとして改造された
「モビーディック」が登場、大型ミサイルを搭載したサラマンダーによって撃墜されている。フューザーズでも白鯨型が登場。

ゾイドジェネレイションズでは、改造されたホエールクイーンが登場する。

アニメでは、ラオン博士バックドラフト団が改造個体を使用、特にラオン博士の「ホエールキングザグレート」は、重力兵器も装備していてデスザウラーに匹敵する戦闘力を持つらしい(本人談)。

大鯨と愉快な鯨たち/むつきのむつき


(ホエールキングの向こうにいるのがホエールカイザー)
近縁種?に、クジラというよりはリードシクティスやアロワナなどに見えるホエールカイザーや、アニメでニューヘリックシティ防衛の為に造られた氷山空母を動かしていた超巨大ゾイドがいる(アニメオリジナルゾイドの例に漏れず詳細不明)。こちらは、どちらかと言えばヒゲクジラに近い。ゾイドコンセプトアートでのホエールカイザーは更に独特の見た目である。

関連タグ

ゾイド
グレートシング
ホエルオー (名前つながり)

pixivに投稿された作品 pixivで「ホエールキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11584

コメント