ピクシブ百科事典

ライガーゼロフェニックス

ふしちょうのちからをえたらいがー

ライガーゼロフェニックスとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する戦闘兵器であり、金属生命体の一種、ライガーゼロのバリエーションである。

概要

ライガーゼロフェニックス


ライオンゾイドのライガーゼロがブロックスゾイド・フェニックスと合体した新しい形態。
ネオゼネバス帝国の攻勢に圧倒され、東方大陸に逃れたヘリック共和国軍が再起を賭けZOITEC社と協力して開発された。
フェニックスシステムと言う連結した2機のゾイドコアを共振させてライガーゼロ本体の基本性能を強化させるシステムを持ち、それによって機体出力は格段に向上し、短時間ではあるが低空での飛行も可能となっている。

かなりの重武装機であり、その火器は豊富。衝撃砲を主砲として備える比較的珍しい機体でもある。背中に装備されたチャージミサイルにはシステムで生まれた余剰エネルギーを充填するシステムが内蔵され、発射と同時に弾頭が融解し、エネルギーの塊をぶつけるという、いわばビームミサイルである。最大でゴジュラスギガのゾイド核砲一門に匹敵する威力を持たせられる。

ライガーゼロとフェニックスは合体後も自由に分離可能で、地上と空中からの同時攻撃も得意である。公式のチェンジマイズ作例として、テレストリアルモードとグライディングモードが紹介されている。ちなみに、バトルストーリー上の運営方法を見れば、テレストリアルモードこそが本来の戦闘形態だという意見もあるが、チャージミサイルが使用できないデメリットがあるという反論もある。

アニメ『ゾイドフューザーズ』では野良ゾイドのフェニックスがRDのライガーゼロと合体、前半の主役機として活躍した。
アニメのフェニックスは色が青から赤に変わっており、名称もファイヤーフェニックスとなっている。このライガーゼロの得意技としてストライクレーザークローのエネルギーを飛ばす攻撃も「ダイビングレーザークロー」となり、強力な威力を持つ直撃はおろかかすっただけでも強力な大型ゾイドを戦闘不能にするほどの威力をもつ(なお、当作品でのライガーゼロは、コマンドウルフがレーザークローを装備するほどの未来の技術で強化されたからか、通常のゼロアーマー時のレーザークローでさえ、強力ゾイドの電磁格闘装備を文字通り吹き飛ばしたり、地面に撃てばエネルギー波が地表を粉砕しながら敵に襲い掛かるほどの、もはや別物になっている)。

防御力も半端なく、さすがにジョイント部分を集中的に狙われると弱いが、フューザーズではお馴染みの個性あふれる独特なシールドを装備しており、本機の場合は緑色や虹色に変色する炎状のオーラまたは機体の表面のみを覆う光になっている。ジェノザウラー(オーガノイドなしだが未来の機体)の荷電粒子砲など余裕で耐える。

通常のゾイドでは全く相手にならず、トップファイター(笑)の操縦するブレードライガーやジェノザウラー、レッドホーン等を相手に4対1という卑劣な状況から逆転フルボッコするという冗談のような光景も見られた。

中盤までは鬼のような強さで覇道を爆進するが、マトリクスドラゴンエナジーライガー等の強力な敵に苦戦するようになり、ついに物語中盤で凱龍輝と戦い敗北。
敗北後とどめを刺そうとする敵を前にファイヤーフェニックスはRDとライガーゼロを庇い、凱龍輝の荷電粒子砲の砲撃が直撃、大破炎上。火の鳥のような光を解き放ちつつ消滅した。
しかしその後も、フェニックスの転生した姿と思しき少女が現れたり、最終回で巨大なオーラになって現れるなどしている。

バトルストーリーではレイ・グレックら共和国軍懲罰部隊の乗機として登場。
フェニックスとの連携で敵基地内をかく乱するが、セイスモサウルスによって部隊は全滅に近い損害を出してしまった。

また、戦闘後に相性の良くない合体をさせられた個体は全て死亡したり致命的なダメージを被ることが判明し、合体にはゾイド同士や装備などの相性があることが判明した。これが後のユニゾンに至る経歴である。

関連タグ

ゾイド 不死鳥 合体 ライオン  哺乳類 幻獣 ネコ ぬこ レオ
ライガーゼロ 凱龍輝

pixivに投稿された作品 pixivで「ライガーゼロフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4033

コメント