ピクシブ百科事典

セイスモサウルス(ゾイド)

せいすもさうるす

セイスモサウルスとは、玩具又はアニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称。
目次[非表示]

概要

第二次大陸間戦争により勃興したネオゼネバス帝国が、当時圧倒的戦闘能力を誇ったゴジュラスギガを撃破する為に開発したセイスモサウルス型超大型ゾイドである。
格闘能力に特化し超重装甲で身を固めるゴジュラスギガに対して、接近される前に撃破することをコンセプトに開発を行った結果、最強の射撃能力を持ったゾイドとして完成した。

元々デスザウラーをリニューアルしたゾイドを開発する計画が持ち上がっていたが、ゴジュラスギガがクック要塞でデスザウラーを撃破したという事実を受けてさらに打倒ゴジュラスギガを命題に掲げた結果から、『長距離砲撃型デスザウラー』の構想が採用され、本機の開発へとスピンオフした経緯がある。

ベースとなる野生体は、ゼネバス砲の使用に耐えられる個体を求めた結果、デスザウラー等の野生体よりも抜きんでて優れた耐久性とエネルギー伝達力を持ったゾイドコアを持つセイスモサウルス型が選ばれた。

兵装

  • 超集束荷電粒子砲:通称「ゼネバス砲」。セイスモサウルスの主兵装であり、改良された荷電粒子吸収能力と全長53.5mの長大な機体全体を砲身とするエネルギーの一点集中によって、従来の荷電粒子砲を著しく上回る威力と射程を実現することに成功。高出力の荷電粒子砲を持つ機体の共通弱点として荷電粒子吸入ファンがあるが、搭載場所を腹部にしており、後述する31問のレーザー機銃の存在もあいまって攻撃され難いものとなっている。
  • 2連装レーザー機銃:首から尻尾にかけて計31問設置された機銃。荷電粒子を通しており連射性と攻撃力が高く、雨の如く弾幕を展開することも出来るが、大型ゾイドには効果が薄い。
  • 地対空8連装ビーム砲:通称「セイスモ8連砲」。レーザー機銃と同じく対空兵器の一つであるが、こちらは威力を重視しているようである。
  • 2連銃座式ビーム砲:背部に2基装備、砲手が搭乗する銃座となっている。
  • 加重力衝撃テイル、キラーバイトファング:近距離戦におけるフェイルセーフに近いものではあるが、格闘能力も決して低くはなく、ゴジュラスギガには劣るものの、大型ゾイドを軽く打ち倒せるほどの攻撃力を持つ。


加えて防御性能も非常に高く、その強度はゴジュラスギガに匹敵するほか、BLOXマウントを9か所設置しており、アルティメットセイスモなどへの合体・強化が容易に行える。

主な活躍

バトルストーリーでの来歴

ZAC2106年に初登場。ゴジュラスギガの活躍で共和国軍に奪われたクック要塞奪還戦が初陣。

並の攻撃では傷一つ付けられず、圧倒的な戦闘能力を誇っていたゴジュラスギガに対し、電子戦用ゾイドと連携し超長距離からの狙撃を行い、一撃でゴジュラスギガの超重装甲を打ち破る火力のアウトレンジ戦法とアルティメットセイスモ等の合体形態の戦力を以て攻め寄せるへリック共和国軍を撃破、中央大陸から駆逐することに成功する。

しかし、中央大陸を追われた共和国軍は東方大陸に逃げ延び、そこで荷電粒子砲による攻撃を全て吸収して無効化してしまう凱龍輝や、セイスモと電子戦ゾイドの連携を妨害するためのディメトロプテラを開発し、再び中央大陸に帰還。重狙撃ゾイドとしての役割を無効化された事で、最終的に共和国軍の首都奪回を許してしまうことになる。

アニメでの来歴

セイスモサウルスRSS


ゾイドアニメシリーズの3作目『ゾイドフューザーズ』のラスボスとして登場。

世界征服を企む悪の組織リヒター・スケールがその切り札として生み出した最終兵器。
ゴジュラスギガすら見下ろせるほどの巨体を誇り、小銃の一撃が擦るだけでゴジュラスギガを落とせるという理不尽なまでの火力を持つ。

組織のリーダーで物語後半よりブルーシティの新市長として強権を振りかざすようになったアルファ・リヒターに反抗するRDやブレードらZiファイター達を根絶やしにすべくリヒター自らが乗り込んで出撃。その巨大な体躯とゼネバス砲を始めとした圧倒的な火力、そしてキメラブロックスゾイドとZiユニゾンしたアルティメットセイスモおよびベルセルクセイスモといった形態を使い分けてRD達を容赦なく攻め立てた。

やがてRDが一人になるまで追い詰めるも、勝ち誇るリヒターの身勝手な理屈に憤ったRDの精神に呼応して限界以上の性能を発揮したライガーゼロファルコンの突撃を受けて爆発四散、リヒターの野望とともに滅び去った。

全体的なカラーリングがより悪役らしい黒や紫の系統に変更され、加えてアニメ版のデスザウラーやデススティンガーと同様、アニメ版ゾイドにおけるボスのお約束からか本機もまたバトルストーリー版の10倍以上のスケールに描写されたまさに超弩級巨大要塞というべきゾイドになっている。この辺は同じ竜脚類型であるウルトラザウルスに似ているが、ウルトラが指揮能力と積載能力に長けていたのに対し、セイスモは火力など純粋な戦闘能力に特化しているのが特徴である。

ゲーム作品などではこのカラーリング版を「セイスモサウルスRSS(リヒタースケールスペシャル)」と個別に表記している事がある。

実は全5作あるゾイドアニメシリーズにおいて現時点では唯一ティラノサウルス型ではないラスボスでもある。
また、アニメ版で超収束荷電粒子砲が「リヒター砲」ではなく「ゼネバス砲」と呼ばれたことについて一部のゾイドファンから疑問視されているが、理由は謎のままである。

バリエーション

本項ではチェンジマイズ及びユニゾンを「合体」と記載する(登場時期の都合で表記が一定していないため)。

アルティメットセイスモ

シザーストームおよびレーザーストームと合体した重武装形態。媒体によっては重装備タイプと呼ばれることもある。
機動力は低下するが、格闘、射撃すべての攻撃力が上昇する基本形態の一つであり、ベルセルクセイスモと共に『ゾイドフューザーズ』に登場した。

アルティメットセイスモ砲撃戦仕様

一部雑誌などで紹介されていた合体バリエーションの一つ。
シザーストーム・レーザーストーム・スティルアーマーの射撃武装の内、クレセントレーザー以外を全て有する重砲撃形態で、あらゆる距離での砲撃に対応する。

アルティメットセイスモ格闘戦仕様

一部雑誌などで紹介されていた合体バリエーションの一つ。
下記のベルセルクセイスモと同じく格闘戦を重視した形態。

ベルセルクセイスモ

スティルアーマーと合体した格闘戦形態。
ゴジュラスギガとの白兵戦という最悪のケースを鑑みて考案された。

セイスモドラゴン

FZ版のキットで紹介されているキメラドラゴンとの合体形態。

ブルーセイスモサウルス

イベント・改造コンテスト限定品として登場した、青いカラーのセイスモサウルス。
PS2ソフト『ゾイドタクティクス』にも登場するが、カラーリング以外で特に大きな変化はない。

セイスモサウルス 世界征服モデル

電撃ホビーマガジンに掲載されたイラストが初出。
ゼネバス砲よりも更に大型の荷電粒子砲、通称「世界征服砲」を装備したタイプ。この装備の搭載によって背中に荷電粒子強制吸入ファンを二個追加されており、尻尾・背中・頭部にかけてまっすぐに伸びた長大な荷電粒子砲が据え付けられている改良プラン。なお、ゼネバス砲はこの「世界征服砲」用のレーザーサイトに変更されている。
あまりに突拍子もないプランだった事もあり、開発はされていない。

関連タグ

ゾイド
デスザウラー・・・モチーフこそ違えど、元来の計画から言えば、このゾイドの後継機といえる。
ウルトラザウルス・・・竜脚類仲間。こちらは空母に近い性質を持つ。近年、モデルの「種」の消失の可能性があるという点でも似ている。

関連記事

親記事

ゼネバス帝国 ぜねばすていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セイスモサウルス(ゾイド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1833

コメント