ピクシブ百科事典

バイオティラノ

ばいおてぃらの

バイオゾイドの一種にして全てのバイオゾイドの頂点に君臨するバイオゾイドの王。
目次[非表示]

スペック

BZ-002 BIO TYRANO
ティラノサウルス型

全長29.4m
全高12.9m
重量160t
最高速度230km/h
パイロット武帝ジーンⅠ世
武装
  • バイオゾイドコア
  • ダークネスヘルアーマー
  • ヘルファイアー
  • 神の雷(バイオ粒子砲)
  • サンダーキラーバイト
  • テイルジャベリン
  • サンダーハッキングクロー×2
  • サンダースパイク×2
  • リヴ・デスサイズ×2

概要

黒い装甲に紫色のフレームとジェノザウラーを思わせるカラーリングをしたバイオゾイドの王。狂暴揃いのバイオゾイド達もバイオティラノの前には平伏すとまで言われている。

全身をメタルZiの武器をも防ぐダークネスヘルアーマーで覆っており、バイオヴォルケーノやソウルタイガーをも上回るスピード、両わき腹にある近づいた相手を捕獲・破壊する副腕リヴ・デスサイズ、そして対象を分子レベルにまで消滅させる主砲バイオ粒子砲と攻守ともに隙を持たない。

特にバイオ粒子砲はさらに強化されており、着弾点に黒い球体が発生し、ブラックホールの様に光球の中心に吸い込まれ破壊される。開発者は「ジーン砲」と名付けようとしていたが、当のジーンは「無粋」と良しとせず、「神の雷」」と名付けた。

アニメでの活躍

『ゾイドジェネシス』ではディガルド軍の総司令官ジーンの乗機として登場。同作のラスボスを務める。
バイオヴォルケーノに搭載されていた生命エネルギー変換装置の搭乗者への負担を減らした改良型と動力の落ちたゾイドをも検知できる最新鋭のレーダーを搭載することで完成した。

ディガルドの首都ディグに奇襲をかけたディガルド討伐軍を襲撃し、ソウルタイガーの機動性やデッドリーコングのパワーをも上回る圧倒的な実力を見せつけ、撤退に追い込んだ。

その後の演習にてヘルファイアーのみでバイオラプターの群れを壊滅。
続いてディガルドと決別することを決めたザイリンのバイオヴォルケーノと交戦。ここでも圧倒的な実力で敗退させ、終盤でバイオ粒子砲を神の雷に大幅に改良。討伐軍殲滅のために本拠地へ大軍勢と共に進撃。ルートにある町や村、果ては自軍の基地まで「神なる者の怒り」と称して神の雷で無差別に破壊しつくした。

自由の丘での最終決戦でも神の雷で待機していた第16師団のバイオメガラプトル部隊を壊滅させて動揺を誘い、ハヤテライガーとソウルタイガーの高機動攻撃をも物ともせずに圧倒。
ムラサメライガー、デッドリーコング、ソウルタイガー、改造ランスタッグを一蹴し、改造ランスタッグに装備されていたビーストスレイヤーで乱入したバイオプテラをも破壊する。

止めとばかりに神の雷を放とうとするが、バイヴォルケーノのバイオ粒子砲との撃ちあいで発射口が破損し、戦いを格闘戦に変更。
リヴ・デスサイズでソウルタイガーのゾイドコアをピンポイントで破壊し、左腕の封印を解放したデッドリーコング、バイオヴォルケーノを血祭りにあげ、狙撃を察知して防御し、終いにはバンブリアンを盾にしてムラサメライガーのゾイドコアをも破壊してしまった。

だがルージの思いに応え、強力な再生能力でゾイドコアを修復し復活したムラサメライガーを見て動揺しているすきにコアを二つ持っている為動けたデッドリーコングと大破を免れていたバイオヴォルケーノによってゾイドコアを守る外殻を壊され、コアをむき出しにされてしまう。
リヴ・デスサイズで二機を退けたが、行方不明になっていたラ・カンのソードウルフの乱入でリヴ・デスサイズを破壊され全戦力を失い、ムゲンブレードとムゲンブレイカーの二刀を翼の様に形成したムゲンライガーの斬撃で真っ二つにされ爆散した。

余談

  • ゾイドのラスボスには珍しく超大型ではない。バーサークフューラーとは違い、不器用そうな見た目から大軍相手にとんでもない立ち回りをした。
  • 派生種に、尻尾にもバスタークロー的な装備を持つ「マザーバイオ」がいる。HMM版のバーサークフューラーとゴジュラスギガにどことなく似ており、こちらは熱線砲を口と尻尾に装備している。
  • 実写版のグリムロックはとにかく見た目が似ている(マザーバイオの見た目にバイオティラノのカラーリングを施した感がある)。

関連タグ

ゾイド
バイオゾイド
ティラノサウルス
ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオティラノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1426

コメント