ピクシブ百科事典

バイオゾイド

ばいおぞいど

バイオゾイドとは、アニメ『機獣創世記ゾイドジェネシス』に登場するゾイドの種別。
目次[非表示]

概要

ディガルド武国が運用する特殊なゾイドバイオノイドではない。

まるで恐竜の全身骨格がそのまま動いているような極めて異質な形態が特徴で、今までのゾイドと違って内部フレーム以外は機械的な要素を感じさせない斬新過ぎるデザインとなっている。

空中都市ソラシティに住まうソラノヒトからもたらされた技術がふんだんに応用されており、通常のゾイドとの最大の違いは全身が特殊な流体金属製の装甲ヘルアーマーで覆われていることで、実体弾やビーム兵器等の既存の兵器をほぼ無効化してしまう。

最下級のバイオラプターですらビームトータスのビーム砲を至近距離から喰らっても全くの無傷な程で、正面対決で有効なダメージを与えられるのはリーオ(メタルZi)製の武器による攻撃か、ヘルアーマーで覆われていない口腔内等を攻撃するぐらいとされ、リーオ製の武器が無いゾイドによる撃破は非常に困難と言われている。

しかし、実弾兵器やビーム兵器に対して完全無欠というわけではなく、劇中ではケーニッヒウルフのスナイパーライフルの他、デッドリーコングのパンチやエレファンダーによる踏みつけ、果ては大きな落石といった大質量の攻撃でも撃破されている。これらの質量攻撃はヘルアーマーの破壊ではなく、その攻撃から発生する衝撃で内部の機械を破壊する事が目的と考えられ、現実でもプレートアーマーのような重装甲の鎧を装着している相手には斬りつけるよりも鎧に剣を叩きつけることで相手の身体にダメージを与える戦法を取る。

他にもヘルアーマーの防御力を無力化する非常に強力な火器などは例外であり、ブラストルタイガーの「サーミックバースト」や同じバイオゾイドのヘルファイアなどの超高温にも弱く、ソードウルフクラッシャーのバイオクラッシャーから放つ衝撃波や、ソラシティのデカルトドラゴンザバットから放たれる光線でも撃破される描写がある。

とは言え、『ゾイドジェネシス』の時代にはゴジュラスアイアンコング等の従来のゾイドは全く登場しないので、これらの大型ゾイドの大質量攻撃やマッドサンダーのマグネーザー、ブレードライガーのレーザーブレード、ジェノザウラー荷電粒子砲等の超兵器ならば倒せるのでは?という意見もファンの間で交わされている。

欠点としては、通常のゾイドがコアさえ無事ならばある程度自己修復が可能なのに対し、バイオゾイドは自己修復機能は殆ど無いため、受けたダメージは施設で修理する他無く、本体の寿命も短いとされている。

更に材料と設備があれば大量に製造できるが、パイロットが特殊なスーツを着用し機体と繋がって操縦するというシステムの問題上、適合率が極めて低く、それ故に生身のパイロットが不足していた。この欠点を補うべく造られたのがナンバーと呼ばれる機械兵士で、それにより大多数のバイオラプターを配備しては短期間による他国への侵略を拡大できるようになったが、実はこのナンバーとは生きた人間から魂(ソラノヒト曰く生体エネルギー)を引きずり出して造られた使い捨て前提の道具であった。この非人道的な事実が後にディガルドと袂を分かったザイリンを通じて明らかにされた為、これを知った多くのディガルドの将兵らが離反し、討伐軍に合流する事態となった。

キットとしてのバイオゾイド

従来のポップアップキットのようなモーター・ゼンマイによる歩行ギミックを持たず、既に完成されたフレームに軟質素材で作られた装甲(バイオラプター&グイの装甲はプラパーツ)を取り付けていく簡易組み立てタイプのキットで、バイオラプター&グイを除いて歩行ギミックの代わりにゾイドコアの発光と数パターンの鳴き声発声ギミックを搭載している。

更に一部の箇所にボールジョイントを採用したフレーム各部の関節によって様々なポージングを取らせることが可能で、そのデザインはさながら恐竜の骨格をモデルにした骨格模型と言える。

しかしながら、特徴的なヘルアーマーは加工はおろか塗装すら困難な軟質素材で再現されており、従来のカスタマイズパーツやブロックスのパーツとも互換性がないため、ゾイドの醍醐味のひとつであるカスタマイズの敷居が高くなってしまい、模型誌でも細々と作例が紹介されるに留まった。

また、設定の都合上かつての恐竜型ゾイドがアバンタイトル以外でアニメに登場する機会を失い、現生動物(主に哺乳類)VS絶滅動物(主に恐竜)の構図にした事で動物=善、恐竜=悪というイメージが定着してしまったのも旧来のファンからは不評であった(ただし、『ゾイドジェネレイションズ』において、恐竜型ゾイドはバイオゾイドと共に登場を果たしている)。

登場したバイオゾイド

バイオラプター
雑兵。武力侵攻のためディカルト武国が人為的に生み出したバイオゾイド。飛行型の「バイオラプターグイ」が存在する。

バイオメガラプトル
メガラプトル型。最初期に登場した「本物の」バイオゾイドである(バイオラプター等はメガラプトルのコアを元に生み出されたクローン)。終盤では量産型も登場している。
バイオヴォルケーノ
バイオメガラプトルの進化系。より強固な「クリムゾンヘルアーマー」と対象を分子レベルにまで崩壊させる「バイオ粒子砲」を手に入れた。
バイオトリケラ
トリケラトプス型。攻撃的なバイオゾイドの中でも珍しい、防御型のバイオゾイド。頭のシールドからバリアを発生させつつ突撃する戦法を得意とする。こちらもバイオメガラプトル同様量産化されている。
バイオプテラ
プテラノドン型。極限まで軽量化されたヘルアーマーと、鋭いブレードを持つ。
バイオケントロ
ケントロサウルス型。より高硬度精製されたヘルアーマーの剣を複数武装する。こちらもバイオメガラプトル同様量産化されている。
バイオティラノ
ティラノサウルス型。バイオゾイドの頂点に君臨する唯一絶対の最強の王。腹部には接近した敵を破壊する肋骨状の「リブ・デスサイズ」を忍ばせ、口腔内には最高威力のバイオ粒子砲を隠し持つ。
バイオライガー
唯一の哺乳類型バイオゾイド。『ゾイドサーガDS』にて登場。
バイオディプロドクス
ディプロドクス型。商品化は実現しなかったが、ラフ画が『電撃ホビーマガジン』に掲載されている。

余談

  • ライトノベル『ゾイドジェネレイションズ』では、人間が操縦する兵器ではなく、マザーバイオによって半永久的に生み出され続け、独自の知能と意思を持って活動し、果ては他のゾイドを捕食して進化する魔物ような生命体として描かれているが、同時に生命体としての交流やテレパシーに近い意思の疎通も可能である。本作オリジナルのバイオゾイドとしてスピノサウルス型のバイオスピノ死神バイオなども登場した。


関連タグ

ゾイド ZOIDS ゾイドジェネシス 

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオゾイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11425

コメント