ピクシブ百科事典

デカルトドラゴン

でかるとどらごん

デカルトドラゴンとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する戦闘兵器であり、金属生命体。
目次[非表示]

スペック

所属Zi-ARMS
分類ドラゴン型
全長27.3m
全高9.4m
全幅20.5m
重量120t
最高速度マッハ1.8
乗員1名
武装
  • エレクトリックディスチャージャー
  • レーザーガン×2
  • プラズマレールキャノン×2
  • ブレイクニードルテイル
  • プラズマウイング×2
  • サンダーボルト

概要

デスレイザーパラブレードが合体して誕生するドラゴン型ゾイドで、いわゆるユニゾンゾイドである。新世代のゾイドでは、おそらくは最も「ドラゴンらしい」ゾイドである。前脚の方が後脚よりも大きい。

その性能は従来のあらゆる同じクラスのゾイドを凌駕し、接近戦も古代虎型ゾイドに迫ると言われている。デスレイザーの能力に、パラブレードの大型武装 (ブレードとプラズマ砲)が追加され、ユニゾンによる圧倒的な出力を持つ。

プラズマウイングによる飛行が可能で、対地性能にも優れる。

デスレイザー同様、古代虎型ゾイドではワイツタイガーと最も共通点が多い。

ちなみに、合体元の2種はどちらも実際のモデルの恐竜とは似ても似つかない肉食系になっている。

バリエーション

ソラシティ仕様

番号GZ-017
所属ソラシティ
分類ドラゴン型
全長27.3m
全高9.4m
全幅20.5m
重量120t
最高速度マッハ1.8
乗員1名
武装
  • エレクトリックディスチャージャー
  • レーザーガン×2
  • プラズマレールキャノン×2
  • ブレイクニードルテイル
  • プラズマウェーブウイング
  • ドラゴンアーマー

アニメ『ゾイドジェネシス』にてソラシティ防衛用のゾイドとして青と白の機体が登場。

元々は絶滅寸前であったデスレイザーとパラブレードをソラノヒトが回収し、メタルZiコーティングがなされた「ドラゴンアーマー」を施して再生、復活させて大型ゾイドとの戦闘やギルドラゴンに当たっていた。この作品には、設定にはない武装や装備を持つゾイドが少なくない。デカルトドラゴンも、バイオゾイドを丸ごと凪ぎ払う強力なエネルギー砲を咥内に持つ。

ソラシティを裏切ったディガルド武国の武帝ジーンⅠ世が大量のバイオラプターグイを送り込んだ際に、ソラシティのパラ議員と防衛隊員のユウロの乗る2機が無人のザバットと共にソラシティ防衛に当たった。

パラ機はダメージを負ったため一時撤退し、ユウロ機は最後まで孤軍奮闘したもののコックピットにバイオラプターグイの特攻を受けてユウロが死亡したことで機能を停止した。

関連タグ

ゾイド

pixivに投稿された作品 pixivで「デカルトドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント