ピクシブ百科事典

メガデスザウラー

めがですざうらー

ゾイドシリーズ『三匹の虎伝説』に登場するデスザウラーのバリエーション。
目次[非表示]

開発経緯

ZAC.2230年、ZOITEC社と敵対していたZi-ARMS社は、自社の最終兵器のベースとして旧ゼネバス帝国が中央大陸戦争時代に開発したデスザウラーを選び、単機でゴジュラスの大軍を敵基地ごと破壊した逸話を持つ(実際は違うが)大口径荷電粒子砲の強化を重点に改装を行った。
アイアンコングPKのブースター・パックや武装が装備された点はデスザウラーMk-IIと同じだが、一番の特徴は加重力衝撃テイルの付け根に荷電粒子供給ファンが増設された点で、これにより理論上は無限に荷電粒子砲を照射し続けられる凶悪な機体となった

…が、現実は非情であり、この時代では中央大陸時代からの宿敵マッドサンダーの反荷電粒子シールドや、ゴジュラスギガのハイパーEシールドと古代チタニウム装甲など、大口径砲を無効化できる手段がいくつか存在し、これでも力不足である可能性があった(このことからマッドサンダーやゴジュラスギガはこの時代でも絶滅していない可能性がある)

Zi-ARMS社はより強力に、かつ完全な力を求め、ZOITEC社の社長から古代虎のゾイドコアの制御技術を盗んだうえで、3つの古代虎のコアをメガデスザウラーに組み込んでの本機のさらなるパワーアップを目論んだ。

顛末

ZOITEC社に対して軍事行動を起こしたZi-ARMS社の最終兵器として登場。
ホエールキング上で繰り広げられたブラストルタイガーレイズタイガーの戦闘に乱入し、レイズタイガーを捕獲しようとしたところにワイツタイガーが到着、Zi-ARMS社にとって残り2つのコアを入手できるチャンスが訪れた。


・・・筈だった・・・


3体の虎型ゾイドが揃ったことで3つの古代虎のゾイドコアが共鳴、ブラストルタイガーまでもが自身に牙を剥き、3体の虎型ゾイドの圧倒的な力になすすべもなく、ブラストルタイガーのサーミックバーストで装甲が融けたところにレイズタイガーの牙によってとどめを刺された。その際、悪あがきとばかりにホエールキングを荷電粒子砲で破壊、同機もろとも消滅。Zi-ARMS社の目論見はご破算に終わった。

ちなみに、海外版のゾイドフューザーズの資料集によると、「USZ-032メガデスザウラー」という名称で2003年7月にキット化する予定があったという。

類似機

よく似た特徴を持つ機体として、「メガザウラー」という機体が存在する。
GCソフト『ZOIDS VS.』シリーズの『II』と『III』に登場する強化型で、ネオゼネバス仕様のセイスモサウルスと同じ白い装甲と赤いフレームが素のデスザウラーと趣を異にしている。

キメラブロックスのテクノロジーを応用した改造機で、体内に複数埋め込まれた人工ゾイドコアとの合成拒絶反応をエネルギーとして取り出している。しかし膨大なエネルギーは制御困難であり、尾の付け根部分に強制服従回路(別名、拘束装甲)という特殊な装置が取り付けられている。(ちょうどメガデスザウラーに据えられた追加荷電粒子吸入ファンと同じ形である)ひとたび起動すれば、新陳代謝として荷電粒子ビームを放出し続けながら活動しなくてはならない

『II』では、攻略本にも登場しない隠し機体として登場、隠しコマンドの入力で登場させることができる。同作のブラッディデスザウラーを上回るステータスを持ち、前述の設定を反映させてか、荷電粒子砲を歩きながらチャージ時間なしで連続発射するという能力を有している(武器のセッティングとしては、普通の荷電粒子砲(BC-ECP CANNON)とは別にメガザウラー専用の荷電粒子砲(MEGA DS FPS)を装備する)。…が、実はメガザウラー専用の荷電粒子砲以外にも歩きながら荷電粒子砲を使う裏技が存在する
『III』では、ストーリーモードのラスボスとして登場。主人公のライバルキャラクターが「デスザウラーを進化させたもの」としている。ストーリーモードをSランクでクリアすると、VSモードで使えるゾイドの一体として追加される。

関連タグ

ゾイド デスザウラー

ワイツタイガー レイズタイガー ブラストルタイガー

関連記事

親記事

デスザウラー ですざうらー

兄弟記事

コメント