ピクシブ百科事典

ワイツタイガー

わいつたいがー

ワイツタイガーとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の一種である。無敵の力を持つと言われる伝説のゾイド『三匹の古代虎』の1体。
目次[非表示]

※メイン画像は派生機のレッズタイガー。

スペック

機体名ワイツタイガー
番号RZ-073
所属ZOITEC
分類トラ
全長18.7m(レッズタイガーは20.8m)
全高11.8m(レッズタイガーは12.5m)
重量94t(レッズタイガーは102t)
最高速度340km/h(レッズタイガーは388km/h)
乗員人数1名
武装
  • エレクトロンハイパーキャノン×2
  • 208mm2連装ショックキャノン
  • 3連装イオンブースター
  • ストライクエレクトロンクロー×4


概要

古代虎の核の一つ「白の核」を元に、東方大陸の企業ZOITEC社が開発した虎型大型ゾイド。
蒼の核を持つ格闘戦仕様のレイズタイガー、紅の核を持つ砲撃戦重視のブラストルタイガーに対し機動力と電撃系統の武装に特化した機体で、文字通りの電撃戦が得意。大型化した爪によって大型ゾイドの装甲を易々と引き裂く事ができ、Zi-ARMS社のデカルトドラゴンをも圧倒した。
また、飛行も可能としている。

しかしながら制御装置が未完成で、長時間戦闘を継続するとコアから発せられるエネルギーに機体が耐え切れず内部から融解する為、通常時はワイツウルフとサビンガに分離し、緊急時に合体してワイツタイガーになる。


ワイツウルフ

あまりにも高い出力を持った制御不能な怪物であるワイツタイガーを制御可能にする為に分離された片割れの内「白の核」を搭載するメイン機と言えるオオカミ型ゾイド。本来ならばボディはゾイドコアに対応したモチーフでなければ稼働しないが、この機体が作られた時代では遺伝子情報のプロテクト技術が発達した事で解決を見ている。

サビンガと分割された事でワイツタイガーよりもパワーは落ちているが、この形態でも十分すぎるほどのパワーを持ち、キット付属のDVDではエレクトロンハイパーキャノンの斉射で大型ゾイドのアイアンコングを容易く葬っている。


サビンガ

分離されたワイツタイガーの片割れの内、サブ機と言えるモモンガムササビ型ブロックスゾイド(頭部の換装によりモモンガ又はムササビ型に変更可能)。

サビンガのパーツがワイツウルフと合体する事によって、「白の核」のパワーが開放される。
ただし、火器の類は一切装備されておらず、用途も主に偵察などがメインなので戦闘に用いるにはいささか不安の残る機体である。
また、パラブレードのパッケージ裏面では2機のサビンガが確認されており、ワンオフ機ではなく量産機である事が伺える。

バトルストーリーでの活躍

ZOITEC社が保有する古代虎型ゾイドのノウハウを欲していた軍事企業Zi-ARMS社は、ZOITEC社長を誘拐するべくデスレイザーを向かわせる。
迎撃に出たワイツウルフはデスレイザーとパラブレードの合体形態デカルトドラゴンに苦戦を強いられるも、自らもサビンガと合体する事でその圧倒的な力を開放させた。
しかしデカルトドラゴンを捻じ伏せる事には成功するものの、白の核から発せられる膨大なエネルギーに機体が耐えられなくなり、内部から融解し戦闘不能となってしまう。
結果としてZOITECの社長はデスレイザーによって連れ去られてしまった。

社長救出作戦には「蒼の核」を持つ第2の古代虎型ゾイド・レイズタイガーが選ばれ、ワイツタイガーも修復が不完全な状態でZi-ARMSのメガデスザウラーとの決戦に駆けつけている。

バリエーション

イミテイト以外は機体説明などに古代虎に関する記述が一切ないため、オリジナルとの関係は不明。

ワイツタイガーイミテイト

古代虎の核を用いない代わりに通常の虎型ゾイドの核を流用した試験機で、黄色やオレンジ等の暖色系のカラーリングでまとめられているが、外見や装備はほぼ同じ。
ワイツウルフとサビンガとの合体システムをテストする為に製作された機体で「猛虎」の異名を持ち、「白虎」ワイツタイガーの影武者として活躍する。


ソードウルフ

アニメ機獣創世記ゾイドジェネシス』に登場するオオカミ型ゾイド。
頭部の装甲パーツと、ダブルハックソードという接近戦用武装パーツを追加した赤いワイツウルフで、後にバイオクラシャーと呼ばれる巨大なソード型武装パーツを装備する事でソードウルフクラッシャーに強化された。


アニメでの活躍

元キダ藩藩主であり、熟練のゾイド乗りでもあるラ・カンが駆るオオカミ型ゾイドとして登場し、非常に素早い動きで序盤はバイオラプターを次々と撃破しては熟練者搭乗のゾイドとして印象付けていたが、中盤で対峙するバイオトリケラには何度も苦戦を強いられ、ストーリーの流れとは言えルージ一行のやられ役(狼なのにかませ犬)にされてしまった。

しかし、バイオクラッシャーを装備してからは剣から放たれる衝撃波で接近戦以外でもバイオゾイドを撃破する事が可能になり、最終決戦では(一瞬だが)名誉挽回の大活躍を果たす。
エナジーライガーよろしく機体側面に砲撃装備を搭載しており、アニメ作中ではエネルギーバルカン的な描写がされていた(使用回数は一度のみ)。なお、当作品では砲撃装備の本来の仕様からの大幅な変更や完全な未使用または一度のみの使用、設定にはない謎武器の存在が目立つ。

レッズウルフ

レッズウルフ
レッズウルフ


電撃ホビーマガジンにて連載されていたライトノベルゾイドジェネレイションズ』に登場するオオカミ型ゾイド。
本編の特撮写真用のプロップモデルとしてワイツウルフを改造したキットが存在し、キャノピーはクリアイエロー・装甲は朱色に変更されている。
足はタイガー用のパーツを使用し、脚部は力強さを出す為に太めに改造され、最大の特徴である抜刀システム及びカヅチを左肩に搭載している。

劇中での活躍

ナカト国遊撃隊の隊長、ジンが操縦するオオカミ型ゾイド。
名前は、彼の父ギシンの相棒のコマンドウルフから由来しており、その意味では「ジーク」の名前を父ダン・フライハイトの相棒から受け継いだバン・フライハイトの状況に似ている。

ワイツウルフの1体だが、そのサイズは平均して一回り大きく、群れで行動するオオカミ型としては珍しく単独行動を好む(アーバインコマンドウルフを彷彿とさせてはいる)。
文字通り「一匹狼」で強制されるのを嫌うが、ジンにねじ伏せられてからは彼の愛機となり、サイズ通りの力強さと強靭さとその重量に似合わぬ俊敏さ、そしてメタルZi製の武器「カヅチ」を駆使してバイオゾイドを次々と撃破していく。
ちなみに本来の装甲は白だが、ジンによって朱色に変更され、彼の父親の愛機であったコマンドウルフの名前を付けられている。

レッズタイガー

レッズタイガー



レッズウルフのパワーアップ形態と呼べる虎型ゾイド。
特撮写真用プロップモデルはレッズウルフに朱色の塗装を施し、ワイツタイガー用のパーツを付けた朱色のカヅチ搭載のワイツタイガーだが、爪を銀に塗装したり背中のウイングスラッシャーの付け方を微妙に変えているなどの変更点がある。

劇中での活躍

ジンの愛機であるレッズウルフのパワーアップ形態として登場。
外見上はワイツタイガーとほぼ同等だが、サビンガとの合体ではなくレッズウルフが単体で変身する物であり、ゾイド乗りとゾイドが高いレベルで同調しないと変身できない。つまりは、ユニゾンではなくてムラサメライガーのようなエボルトである。
両者、特にゾイドのコアに多大な負担をかける為に重要な局面でない限りこの形態が使われる事はないが、レッズウルフと比較するとその能力は大幅にアップしており、その戦闘能力は絶大となる。ミサイルを叩き落とす事も可能。
小型のエレクトロンドライバーと思わしき武装も追加されており、ジャミングを無効化できる。

余談

現時点において純粋なワイツタイガーとワイツウルフを描いた作品は一つもない
(サビンガに関してはまとめ絵として一つだけある。)
※下の作品の6枚目

ゾイドワンドロまとめ 8




関連タグ

ゾイド ZOIDS ZOITEC Zi-ARMS ゾイドジェネシス
哺乳類 トラ オオカミ モモンガ ムササビ
レイズタイガー ブラストルタイガー

関連記事

親記事

ゾイド ぞいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイツタイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8254

コメント