ピクシブ百科事典

ZOIDS

ぞいど

ZOIDS(ゾイド)とは、惑星Ziに生息する金属生命体の総称。 Zoic Androids(動物のアンドロイド)がその名の由来である。 pixivではそれらを題材にした作品群のタグとしても使われている。
目次[非表示]

概要

1982年代に旧トミー(現:タカラトミー)より発売された『メカボニカ』の海外展開時に付けられたのがネーミングの発端である。翌年、商品名を海外名に合わせて『メカ生体 ゾイド』に改めた事でスタートしており、旧タカラの『トランスフォーマー』とほぼ同様の誕生の経緯を持つ同社の人気男児玩具シリーズである。

当時はアニメによるメディア展開こそ無かったものの、小学館刊『ゾイドバトルストーリー』などの書籍物上で展開される硬派でミリタリー色溢れるストーリーが好評を博した。その後は路線変更に伴うファン離れやミニ四駆ブームなどによりシリーズは一度終焉を迎えるが、数年間の空白期間を経た1999年に再始動。

3DCGをふんだんに使ったアニメ番組が呼び水となり、新たなファン層を獲得するに至ったが、『ゾイド新世紀/ゼロ』の放送終了後は玩具の売り上げが低迷。その後も低年齢層向けの商品展開を中心に様々なテコ入れを図るも状況は好転せず、2008年の『リバースセンチュリー』を最後に商品展開を終了。

それから5年の歳月が経過した2013年にはゾイド生誕30周年を迎え、同時にホビージャパンより刊行されていた『ゾイドコンセプトアート』の世界観をベースとした通販限定シリーズ『ゾイドオリジナル』がスタート。発売されたキットは対象年齢を15歳以上に引き上げる事でシャープな造形を実現し、既存の製品に新造パーツを加えた意欲的な商品展開であったが、ファンの関心を得る事は出来ずわずか1年足らずで打ち切りとなってしまった。

2010年代中期は長期シリーズとしてのゾイドは事実上休止状態となっていたが、2016年にはより洗練された稼働ギミックが組み込まれたマスターピースシリーズとしてシールドライガーセイバータイガーの2種が発売された他、更に同年にはスマホゲーとして『ZOIDS FIELD OF REBELLION』の配信も開始(2018年7月27日にサービス終了)された。

2018年には完全新規モデルキットを主軸にした新シリーズ『ゾイドワイルド』としての再展開の開始が発表され、それに基いたポップアップキットを始めとした各種商品の販売、さらには同シリーズのアニメ作品の制作および放送も告知された。

プラモデルでの商品展開の他、アニメやゲーム、漫画、小説といった複数のメディアでの展開も行われているが、上記に挙げた各シリーズは世界観やゾイドに関する設定等は各媒体で異なっており、一種のパラレルワールドとなっている。

バンダイ系列であるバンプレストシミュレーションゲームスーパーロボット大戦』シリーズへの登場はほぼ不可能と思われていたが、『スーパーロボット大戦K』で『機獣新世紀ゾイドジェネシス』が参戦し、話題となった。

ゾイドとは何か

惑星Ziに存在する生命体を総称して金属生命体と呼ぶ。
その中で、ゾイドコアを持つものをゾイドと呼ぶ。(Wikipediaより引用)

ゾイドが他作品に登場するロボットや兵器と違う点は、ゾイドがただの兵器ではなく意思を持った生命体という事である。彼らはゾイドコアという生物としての核を持ち、捕食や人の手による補給などでエネルギーを摂取する。また、コアが分裂する無性生殖で繁殖する。

ゾイドは生物である以上思考や感情もあり、戦闘機械獣として改造されたゾイドは搭載された機器類によって行動を制御されるが、こうした制御を受けつけにくい気性の荒い種も存在する。このため、戦いの中で乗り捨てられたゾイドが野良ゾイドと化して人々を脅かすケースも存在する。

ちなみに旧ゾイドシリーズにはない後付け設定だが、惑星Zi人も地球人との交配が進む以前は体内の金属細胞の純度が良く、一時的に全身を金属化(メッキ化)できる。ただし、彼らはゾイドコアを持たないのでゾイドには分類されない(そもそも惑星Zi人がゾイドだったら地球人との交配は不可能)。

兵器としてのゾイド

もともとは野生種を家畜として使役していたものを戦争に駆り出したのが戦闘兵器としての起源である。年を経るにつれ、ゾイドは人工パーツで体を置き換え、武装を取り付け、バイオテクノロジーなどの技術で巨大化させるなどして、より兵器として発達していった。

その後、地球人の移民船「グローバリーⅢ世」が惑星Ziに不時着し、銀河の反対側まで行ける技術を持つ科学力が彼らよりもたらされた事で超兵器(メカ生体)へと生まれ変わった。

兵器化されたゾイドは自力で食事する能力や繁殖能力を失うが、『機獣新世紀ゾイド 公式ファンブック』に登場した真オーガノイドのデススティンガーのように、あまりに生命力が強すぎる場合は他のゾイドを捕食するなりして自己進化を遂げたり、失ったはずの繁殖能力を取り戻す事さえある。

玩具として

動物恐竜昆虫などをモデルとした組み立て式の模型で、一部のシリーズを除きスケールは1/72。ゾイドのコックピットや銃座等に搭乗可能な同スケールのパイロットフィギュアも付属している。モーターやゼンマイなどの動力によって身体の各部や武器を動かしながらリアルに歩行、走行するのが大きな特徴で、モーターで駆動するゾイドには、発光ギミックや鳴き声を発する機能が内蔵されている物や、リモコンで操作できる物もある。

組み立てには接着剤の代わりにゴム製のキャップを使用する為、改造や修理の為の分解が容易となっているが、ゴムキャップ等が経年劣化で千切れてしまい泣きを見るコレクターも少なくない(特に平成シリーズは昭和シリーズより安物の材料を使っているのか千切れ易い)。

関連商品として動力を廃した『アタック(コマンド)ゾイド』や『SSゾイド』、ブロック状のパーツで構成され、自由に組み変え可能な『ゾイドブロックス』というシリーズも存在するが、これらは全て1/72で統一されている。例外として『ゾイド24』は1/24、『ゾイドワイルド』は1/32スケールとなっているが、設定的にはアタックゾイドとほぼ同等のサイズとなる。

コトブキヤのプラキットHMM(Highend Master Model)は、動力が内蔵されていない代わりにプラモデルとしての出来を追求しており、ゾイドのデザインにも独自のアレンジが加えられ、精巧で緻密なデザインと自由なポージングが楽しめるようになっている。

対するトミーテックのMSS(Modelors Spirit Series)は1/144スケールで統一されており、デザインは元のトミー版のキットを忠実に再現し、カラーリングは80年代の旧ゾイドシリーズのものを採用。小サイズながらも各部関節や武装の可動ギミックが取り入れられており、情景を演出する為のジオラマベースも付属している。

関連イラスト

ブレードライガー
ムラサメライガー
ゴジュラスマリナー
攻撃準備
コマンドウルフ
モルガ
発掘品
セイバータイガー



関連作品

ここではイラストタグとして利用されているものを取り上げる。

ゲーム

アニメーションシリーズ

 ※イラストタグとしてはゾイド / ZOIDSがよく利用されている。

 ※表記ゆれにゾイド新世紀スラッシュゼロゾイド新世紀/0など多数。

漫画

小説

関連タグ

TOMY タカラトミー
ゾイド(ゾイド各機種の一覧あり)
ヘリック共和国 ガイロス帝国 ゼネバス帝国

レボルト - バンダイが1987年に発売したゾイドの対抗馬で、同じくモーターによる駆動ギミックを有し、関節部にゴムキャップを使用する。デザインが奇抜すぎたせいかあえなく爆死。

パンツァーティーア - 横山宏がデザインを手掛けたゼネバス帝国側の24ゾイドをチョイスし、独自の世界観を与えて2003年にWAVEから発売。新規造型パーツが追加されているのと1/20スケールの無可動のフィギュア(パンツァーティーアは1/20設定)が付属する以外はほぼ同じ内容で、ゾイド24のパイロットフィギュアも付属している。

関連動画



外部リンク

ゾイドオフィシャルサイト|タカラトミー
ゾイドが僕らにくれた“無限の想像力”――帰還した“生みの親”が次世代に託す「最後の仕事」とは?【若ゲ特別回:傑作ロボット玩具「ゾイド」】

pixivに投稿された作品 pixivで「ZOIDS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2825190

コメント