ピクシブ百科事典

荷電粒子砲

かでんりゅうしほう

物体に帯電する粒子を収束し、ビーム状に発射する兵器の一つ。
目次[非表示]

概要

高速の荷電粒子を打ち出して目標を破壊する兵器。
現代においては技術上の制約が大きく兵器としての実用化は困難であるため、事実上SF上にしか登場しない存在である。
ただし、同様の原理自体は既に医療目的で応用が始まっている(後述)。

大まかな原理・性能

「荷電(物体に電気を帯びさせる)した粒子を加速器内で電圧をかけて亜光速まで加速させて放つ」兵器であり、光を増幅・集束させて放つレーザー(光線)とは似て非なるものである。
電荷を掛ける物質は分子だろうが、金属分子だろうが何でもいい。ただ、粒子の質量が軽いと簡単に威力や射程の減衰を起こすため、出来るかぎり重い金属の粒子である方が適しているとされる。

威力については、兵器として成立するものが完成した場合凄まじいものになると想定されている。
実現できていないため、実際どうであるかは分からないものの、予測として“凄まじい熱を放ちながら照射した物体を原子崩壊によって消滅・溶解する”と言われている。
また強烈な電磁波や、少量ながらγ線などの放射線を放出するとも推察されている。

ただし地球上で使用した場合、磁場や自転の影響で一直線に飛ばないという問題が存在する。
地球上で荷電粒子を直進させるには途轍もないエネルギーが必要であり、やったらやったでその弊害として大量に放出される電磁波と放射線により大気が熱膨張して爆発、味方まで大損害…となる可能性が高く、現代の科学での実現は困難とみられる。
宇宙時代の兵器としての期待は高いが、現時点の技術で兵器として通用する威力のものを製作した場合加速器が巨大なものとなることが予想され、やはり扱いが難しいものになると考えられる。

医療面での応用

前述のとおり兵器としての威力・射程・経済性を備えた荷電粒子砲は実現困難であるが、実は同様の原理で「荷電粒子を飛ばし、目標を破壊する」という目的を持った装置は既に実用化されている。
重粒子線ガン治療と呼ばれる先端医療で用いられるものがそれであり、端的に言うとガン治療に効果があるものの垂れ流しでは人体の健全な部分にも悪影響を大きく及ぼす放射性粒子を亜光速にまで加速し、病巣だけを狙い撃ちすることでガン細胞のみにダメージを与えようというものである。
未だ加速器は数十mにもなる巨大なものであり、費用も莫大なものではあるものの、我々は既にSFの世界に足先を踏み入れつつあるといえるのかもしれない。

主要なSF作品中での登場例


ZOIDSシリーズでの扱い

作中最悪級のビーム兵器
機体に収束した荷電粒子ビームのように射出する悪魔のような兵器だが、ゾイド世界において荷電粒子砲以上の兵器は幾つも存在する。
最大出力ではアニメ「ゾイド」の終盤でデススティンガーを三つ貫き、デスザウラーに至っては、頭上で放射状に多数に拡散させた状態で、都市や山脈を破壊し、惑星全域に宇宙からの観測が容易なほどの爆発を引き起こしている。
主にデスザウラージェノザウラーバーサークフューラー等の大型ゾイドに搭載されているが、ゴドスカノントータスにも低出力タイプのものが搭載されている。

ゾイドの世界設定である「バトルストーリー」では、その運用や対策が細かく描かれている。
中央大陸戦争時には、その攻撃力の高さゆえに戦争初期から様々な対策が考えられ、ヘリック共和国は低出力荷電粒子砲を防ぐ「反荷電粒子コイル」を開発。
さらに反荷電粒子コイルを発展・完成させた「反荷電粒子シールド」を搭載したマッドサンダーは、デスザウラーの荷電粒子砲至近距離射撃を防ぎ切り、一つの対抗手段を確立する。
しかし反荷電粒子シールドは展開に高出力が必要なため、大出力の大型のゾイドでなくては搭載できず、反荷電粒子シールド開発以降も多数の荷電粒子砲が搭載されたゾイドが登場する。
そして最強の射撃能力を求め、半世紀後の第二次大陸間戦争時に開発されたセイスモサウルスには、過去と一線を画す最強の荷電粒子砲である「超集束荷電粒子砲」通称ゼネバス砲が搭載される。
ほぼ全ての射撃を無傷で耐える「超重装甲」を超長距離で打ち抜く攻撃力を誇り、一時は無敵を誇るが、荷電粒子を吸収し、自らのエネルギーに変換させる「集光パネル」を搭載した凱龍輝の登場により、至近距離のゼネバス砲すら無効化・吸収されてしまう。

なお、惑星Ziでは大気中に微細な荷電粒子が含まれているため、まるでレーザーを放つかのごとく一直線に飛んでいる。

関連項目

大量破壊兵器 反物質 対消滅 核爆発

外部サイト

荷電粒子砲:wikipedia

荷電粒子:wikipedia

荷電粒子砲:ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「荷電粒子砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110330

コメント