2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ビームを刀身にした刀剣ビーム兵器の一種。

STARWARSシリーズの「ライトセーバー」、ガンダムシリーズの「ビームサーベル」などが代表例である為、SF作品での登場が顕著だが、ファンタジー作品にも登場する事がある。

ステレオタイプのビームソードのイメージは柄から青白いビームの刃が伸び、振ると「ブゥン」という電子的な効果音が鳴る近未来的な武器というものであるが、実際には刃の色が赤や紫だったり、光で敵を焼き切るのではなく、属性が存在していたりするパターン伸縮自在でムチとしても使われるなど作品世界によって設定は大幅に異なる。

明確な形を持たないビームでどうやって刀身を形成するかなど、現実的には原理に説明しづらい部分が多いものだが、フィクション世界では様々なオーバーテクノロジーによって製造・使用されている。

剣以外にも似たような原理の刃物が創作作品にも登場する為、本項でも後述する。

刃の生成のされ方の一例

刃の無い取り柄から刃が生成されるタイプ


芯から刃が発生するタイプ


実体剣にエネルギーを纏わせるタイプ


これと似たような例として炎や電気を剣に纏わせて強化という事例も確認されている。

ブレスレットから生成されるタイプ


腕などから生成されるタイプ


そもそも剣そのものが光で出来ているタイプ


剣からビームを発射するタイプ(ソードビーム)


剣以外の近接武器

/ナギナタ


ナイフ



チェーンソー

メイス

/ハルバード

トンファー


ガンダムエピオンのビームソード

過去作まとめ


新機動戦記ガンダムW』ではガンダムエピオンが使う強力なビームサーベルのことを指す。
サーベルより刃渡りが広く威力が高いということで「ソード」と名称され、本体のジェネレータと有線で直結しているため桁外れの出力を持ち、機体の千倍以上のサイズを持つ宇宙要塞バルジを一撃で一刀両断するほどの威力を持つ…なのだが、ゲームでは普通のビームサーベルと大して変わらない事も少なからずある。
さらに漫画版『敗者たちの栄光』では「シュトゥルム・ウント・ドラング」と呼ばれる追加兵装が登場し、攻撃形態である「ツヴァイヘンダー・モード」は全長100m以上の超巨大ビームソードを形成する出力を誇る。

スマブラのビームソード

全てのスマブラシリーズに登場する打撃アイテム。リーチと威力に優れた使い勝手のいいアイテム。
『X』以降はキャラが巨大化したり小さくなると持っているアイテムの大きさにも反映されるようになったため、巨大化したキャラ(特に亜空の使者に登場する巨大ディディーコング)がビームソードを持つと冗談抜きで手が付けられなくなる

関連リンク

Wiki(外部リンク)

関連タグ

ビーム兵器 SF
ビームシールド ビームライフル

関連記事

親記事

ビーム兵器 びーむへいき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135559

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました