ピクシブ百科事典

ジャジャン拳

じゃじゃんけん

ジャジャン拳とは、「HUNTER×HUNTER」のキャラクターであるゴンの技である。
目次[非表示]

概要

HUNTER×HUNTER』のキャラクターであるゴンが、ジャンケンにヒントを得て開発した技である。
そもそもゴンとキルアは念能力の基礎は出来ていても、それを個人特有の力に変える「発」は会得していなかった。そのためグリードアイランドビスケとの特訓の末、これを考案に至った(ビスケはジャンケンの由来が拳法の密伝「邪拳」にあると語っていた)。
ちなみにゴンはジャン拳だと思っていたようだが、蟻編においてナックルから名前を聞かれ「ジャ…ジャン拳」と吃音してしまったのがきっかけで彼から「そうか 『ジャンケン』と『ジャジャン!』と出すのを掛けているってわけか」と勘違いされこの名称となった。

ジャジャン拳<グー>

拳にオーラを込め、思い切り殴りつける強化系の攻撃。原理的には、ウボォーギンのビッグインパクトと同一であるが、単にぶっ放すだけのビッグインパクトとは異なり「硬」でオーラを一点集中させているのが特徴。
他の必殺技「ジャジャン拳<チー>」「ジャジャン拳<パー>」と比較しても、ゴン本来の系統技であるため、を砕き、巨体のキメラアントの彼方まで吹き飛ばす程の高い威力を持つ。
覚醒した状態でもトドメ技として使用され、ネフェルピトーを粉砕した。

ジャジャン拳<パー>

掌に集中させたオーラを、相手に向かって解き放つ。
「ジャジャン拳<グー>」よりは威力が落ちるが、ゴン自身が放出系よりの強化系能力者であることから、オーラの球に付加効果を持たせることが可能である。

ジャジャン拳<チー>

指先に集中させたオーラを、状に変化させ相手を切り裂く中距離用攻撃。当初はナイフ程度の切れ味だったが、蟻編ではキメラアントの分厚い甲殻ですら易々叩き割る程の切れ味を有するようになった。
「ジャジャン拳<グー>」「ジャジャン拳<パー>」に比較すると、この変化系の修行に手こずっていたが、修行次第では剣に付加効果を持たせることも可能である。

SDゴン



関連タグ

HUNTER×HUNTER ゴン=フリークス ゴンさん

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャジャン拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111346

コメント