ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

コピー能力が登場した『夢の泉の物語』以来、多くの作品に登場する能力。
カービィが「刀剣」の力をコピーした形態で、武器の王様と言われた"剣"の達人となり、一振りの剣で敵を斬り払う人気の高い能力。
作品を経るごとに強化され、コマンド入力で多彩な技が出せるようになり、扱いやすい能力の一つとして名が挙げられることも多い。熊崎Dによると全コピー能力でも標準的な立ち位置に設定しているとのこと。
また、メタナイトとの対決では半強制的にこの能力で一騎打ちが行われる事でも有名(一部例外あり)。

『夢の泉の物語』では射程の関係上、攻撃を当てるには敵にある程度接近する必要があった。
スーパーデラックス』では技が追加され、百烈斬りとソードビームによる中・遠距離からの攻撃が可能となる。さらに『鏡の大迷宮』ではファイナルソードが使用可能になり、真上と左右の攻撃にも対応。『星のカービィWii』では地上で横方向に回転斬りを放つ事が出来るようになった。

ヘルパーを呼び出すとブレイドナイトが出現する。

容姿

緑色のファンタジーっぽいとんがり帽子をかぶった姿となり、まんま別世界の緑の勇者をイメージしているが、帽子の先に球飾りが付いている点が異なる。
また、手には両刃剣を装備しており、作品によって細部のデザインは異なっている。

ミニゲームの『みんなでカービィハンターズ!』ではバランスアタッカーとして、勇者騎士を思わせる勇ましい衣装にアレンジされている。

使用技

他のコピー能力に比べて、作品ごとに技名が変更されているケースが多い。

  • チョッピング / たてぎり / 水平ぎり
前方を剣で斬りつける。ソードの基本攻撃。

  • ソードビーム
剣から斬撃波を飛ばす。体力満タン時に基本技を出すと発射できる。
アニメでは必殺技として多用されたが、ゲーム内での威力は控えめ。

  • くしざしソード / スライディングぎり / ドリルソード
ダッシュの勢いを利用し、剣を突き出しながら突進して攻撃する。

  • アッパーカット /ファイナルソード / きり上げスラッシュ~メテオエンド
斜め上に上昇しながら剣で斬り上げ、その後振り下ろして急降下する。
ファイナルソードは着地すると同時に前方へ衝撃波を放つ。

  • チョッピング~つきだし
空中で剣を一度振った後、そのままの体制で落下する。

  • スピニングソード / 回てんぎり(GBA)
空中で縦に一回転しながら斬る。水中でも使用可能。

  • ソード百れつぎり / ミジンソード / さみだれぎり
基本の技から連続斬りをする。作品によっては最後に「きめぎり」や「一刀りょうだん」を繰り出す。

  • したづき/かぶとづき
空中で剣を真下に構え急降下する。かぶとづきはヒットするとその体勢のままホッピングのように跳ねるため、連続攻撃が可能。

地上で力を溜めた後、威力の高い横回転斬りを放つ。
    • たつまきぎり
上昇しながら回てんぎりをする。地上で行うものよりも攻撃範囲が少し狭くなるが、左右に移動可能。

  • スカイエナジーソード
『トリプルデラックス』から追加された新技。
天空に剣を掲げてエナジーを溜め、通常攻撃と共に斬撃として飛ばす(敵を貫通するかどうかは、作品によって異なる)。
ソードビームと違い隙を作ってしまうが、体力が減っていても出せる利点がある。
説明文に「天にかかげてウォーッとさけび」と書かれているなど、そのハイラルフリークっぷりは止まる事を知らない。

ロボボアーマー ソードモード

そーどろぼぼ


ロボボアーマーがブレイドナイトをスキャンした形態。
両腕が巨大なビームサーベルに変形し、これで敵や太い鎖を切り刻む。

  • パワービームサーベル
ビームサーベルで斬りつける。

  • コンボビームスラッシュ
右斬り→左斬り→右斬り上げ→左斬り上げ→横回転斬りのコンボ。

  • ツインサーベルダンス
ドリルの如く回転しながら急降下して貫く。

主なコピーできる敵・物品


関連イラスト

カービィとメタナイト
初ペンタブでソードカービィ



関連タグ

星のカービィ カービィ コピー能力

夢の泉の物語 スーパーデラックス 星のカービィ(アニメ) カービィのエアライド 夢の泉デラックス 鏡の大迷宮 ウルトラスーパーデラックス 星のカービィWii 参上!ドロッチェ団 参上!ドロッチェ団 ウルトラスーパーデラックス トリプルデラックス ロボボプラネット スターアライズ

関連記事

親記事

コピー能力 こぴーのうりょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソードカービィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79441

コメント