ピクシブ百科事典

スリープカービィ

すりーぷかーびぃ

カービィのコピー能力の一つ。
目次[非表示]

概要

『夢の泉の物語』から登場した最も古いコピー能力の一つ。
カービィが「睡眠」の要素をコピーした形態で、変身した途端眠くなり、その場にぐっすりと眠りこけて操作不能となるハズレ能力。
一定時間経つか水中に入る事で起床し、能力も消失する。通常、コピー能力の使用はプレイヤーの任意で行えるが、このコピーのみ発動も解除も強制的に行われるのである。

しかし寝顔がとっても可愛いせいかファンは多く、見ている方も自然と和んだ気持ちになる。
うっかりコピーしちゃっても温かい目で見守りましょう。


コピー元は主にノディ。知ってさえいれば誤ってコピーすることはないが、ヘビーモールが吐き出す弾丸もスリープ能力を持っていることがあるため注意が必要。「スーパーデラックス」ではトラップとしてスリープ能力のコピーのもとが設置されている個所が幾つかあり、時には吹き荒ぶ風の中、大量にばら撒かれていることも。
アニメ版ではコピー能力ではなく、吸い込んだノディを吐き出さない限り二度と目を覚まさない恐ろしい病気として登場した。

カービィのエアライド」では、眠っている時に周囲へまき散らす紫色の空気にライバルが触れると、スリープ状態を感染させる事ができる。
そしてなんと「カービィバトルデラックス!」では2018年2月2日のアップデートで、夢うつつのままアクティブに動き回り、枕を振り回して戦う通常能力として登場。
単に寝相が悪いだけでは済まされない点も含め、任天堂の別キャラを彷彿とさせる。また、他のコピー能力と歩き方やポーズの取り方、カービィダンスなども違っている特別ぶり。

ちなみに多くの作品のゲームオーバー画面でカービィはこの能力の姿をしている。
コンティニューを選んだ場合は小さいマスターハンドに起こされて冒険に戻る。
起こし方は作品によって異なり、カービィをつついて起こすもの、鼻提灯を割って起こすもの、変わったものではナイトキャップを外しパーティークラッカーに変化させて起こすものもある。
メニューに戻る方を選択した場合のバリエーションはより豊かで、星形のベッドに運ばれて布団をかけてもらうものや、起こそうとしたマスターハンドを吸い込んでしまうものもある。

容姿

緑地に白い水玉模様のナイトキャップをかぶった姿となり、起床と共に脱げる。
『Wii』以降は帽子が紫地の黄色い水玉模様へと変わり、「バトルデラックス!」のみ武器にもなるを携えている。

使用技

  • スリープ / すいみん

コピーすると同時に発動し一定時間動けなくなる、スリープの基本技。
ドロッチェ団』ではコピー能力を強化する巻物を取得すれば、眠っている間少しずつ体力を回復する「じゅくすい」に強化される。

  • がんばり早おき
作品によっては使用可能。レバガチャによって通常時より能力解除までの時間を短縮できる。また、その際に起こる鼻ちょうちんの破裂には一応の攻撃判定がある。
スターアライズ』ではこの技と別に早起きする方法として、フレンズが攻撃で鼻ちょうちんを割る「オメザフレンズ」がある。
また、早起き自体は『エアライド』にも存在する。



※以下「バトルデラックス!」での技
  • まくらたたき ~ まくらアッパー ~ まくらフォール
手にした枕で前方をブン殴り、叩き上げ、振り下ろして自分も倒れ込む。意外と威力が高く、最後のまくらフォールから「ゆめの中へ」に派生できる。

  • スピンまくらダイブ
空中で枕を振り回して縦回転し、着地時に前方へ叩きつけて自分も倒れ込む。そのまま「ゆめの中へ」に派生できる。

  • ばくれつはなちょうちん
巨大なはなちょうちんを飛ばすタメ攻撃。ゆっくりと前方に進み、もう一度使うか何かに触れると爆発する。

  • おやすみナイトキャップ
緑色のナイトキャップを相手に被せる。喰らった相手はそのまま眠ってしまう。

  • ゆめの中へ
操作していないと枕に倒れ込み、ケーキを無限に食べる夢を見て少しずつ体力を回復させる。攻撃から派生した場合は枕を正しく使わない。
また、バトルロイヤルでこの技を使っているか派生できる状態では、バトルに勝っても勝利のポーズを取らない。

主なコピーできる敵・物品


関連イラスト

ワンドロまとめ
スリープカービィ



関連タグ

星のカービィ カービィ コピー能力

夢の泉の物語 夢の泉デラックス スーパーデラックス ウルトラスーパーデラックス 星のカービィWii カービィのエアライド 参上!ドロッチェ団 鏡の大迷宮 カービィバトルデラックス! スターアライズ

pixivに投稿された作品 pixivで「スリープカービィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109620

コメント