ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マイクカービィ

まいくかーびぃ

星のカービィシリーズに登場するコピー能力の一つ。ここではアイテムとして登場するマイクについても記述する。
目次 [非表示]

かれがうたったあとには、ぺんぺんぐさもはえなくなったとさ…。


概要

 とってもだいすきな うただけど

  3かいしか うたえないんだ!

でも なぜ うたっている だけなのに

 てきが やっつけられるのかな?

(星のカービィ 夢の泉の物語より)


夢の泉の物語』で初登場した使い切りのコピー能力

カービィが「マイク」の力をコピーした形態で、凄まじい大声もしくは歌で辺り一帯に攻撃する脅威の力。

最高音量時の3回の声は『スーパーデラックス』では桜井政博、『ウルトラスーパーデラックス』以降は熊崎信也の声を入れたものとなっている。


彼がメディアミックス含むほぼ全ての作品で、某有名なガキ大将もびっくりな殺人的音痴(自覚は全く無い)とされているのはこのコピー能力が原因である。


初代『星のカービィ』にもアイテムという形で登場している。ボムカレーと並んである意味最も古いコピー能力。ただし当時は入手したマイクを飲み込んでしまうと不発に終わる。

その他の作品でも『コロコロカービィ』や『カービィファイターズ!』シリーズなどでちらほらアイテムとして登場している。


なお、『星のカービィディスカバリー』では『参上!ドロッチェ団』以来の未登場。やれやれ……。


容姿

画面をブチ割るカービィ

作品によって細部のデザインは異なるが、能力ぼうしの基本イラストは、共通してヘッドホンを装着し手にハンディマイクを持った姿となる。技を使用する回数によって発動中は下記のそれぞれの姿へ変化する。

初期作品では「コピー」や「クラッシュ」などのように発動していない時は点滅するようになっていた。


使用回数は基本的に3回(『カービィのエアライド』では1回)で、使い切ると通常のカービィに戻る。

一撃の破壊力は「クラッシュ」に劣るが、3回の合計では同等かそれ以上のダメージ量となる。


  • メガホン(1回目)

プゥピィィィィッ!!

1日1カービィちゃん 8/16 マイクカービィ

野球帽+メガホンの応援団風の格好に変化。ちなみに『スーパーデラックスの帽子』のデザインはこの球団っぽい

凄まじい大声を発し、前方の敵や障害物を吹き飛ばす。『ウルトラスーパーデラックス』までは画面全体への攻撃だった。

GB時代から伝統のSEが使われていたが、『Wii』以降は大本眞基子氏による声が使われるようになった。


  • デスクマイク(2回目)

ドリャアアアアアアッ!!!

姿は従来のヘッドホン+ハンディマイクのまま。

「メガホン」より強力な大声を発し、前方の広範囲を吹き飛ばす。こちらも『ウルトラスーパーデラックス』までは画面全体への攻撃だった。『スーパーデラックス』ではハル研の事務系の人の声を加工して使われている。こちらも『Wii』以降は大本氏の声になっている。


  • スタンドマイク(3回目)

チェストオォォォォォォオッ!!!!

1日1枚コピー能力30周年Ver マイク

モヒカンヘアー+スタンドマイクのヘビメタスタイルに変化。

「デスクマイク」より強力な大声を発し、画面内ほぼ全ての広範囲を破壊する。やはり『ウルトラスーパーデラックス』までは画面全体への攻撃だった。

『Wii』以降はボタン長押し+レバガチャにより、威力をさらに強化した「ラストコンサート」となる。

『スーパーデラックス』では桜井政博、『ウルトラスーパーデラックス』以降の最大音量は熊崎信也の声を加工したもの。


派生能力

ロボボアーマー マイクモード

ロボボアーマーコレクション

(上記イラスト右の上から4番目)

   頭に とどろく

  ばくれつ サウンド!

さけべ 大音りょうで…

  デストロイアンプ!!

(星のカービィ ロボボプラネットより)


外見は赤・黄・緑を基調としたデコトラ調の派手なカラーリングとなり、両腕が4基のスピーカーに変形する。


そして何と能力が使い切りではない。効果範囲こそ素の状態には及ばないものの、威力は軽く上回っており、破壊の爆音を際限無く撒き散らしながらステージ内を練り歩くことができる。


  • デストロイアンプ

壁や地面に反響する爆音波を前方にかき鳴らし攻撃する。連射すると、星のカービィシリーズおなじみの「グリーングリーンズ」の最初のフレーズになっていることがわかる。

ダッシュ中に使うと、前方へ集約し飛んでいく「ソリッドアンプ」となる。


  • トーンフィナーレ

その場で弾ける巨大な音符を出現させる。弾けた後は小さい音符となって四方八方を跳ね回る。


フレンズ能力

  • デスボイコーラス

スターアライズ』でフレンズがいる時にラストコンサートをする事で、フレンズ含めて全員で歌う技。

知っての通りカービィは音痴だが、フレンズも一緒に歌う事で技が強化されている。もしやフレンズになった時点でカービィの音痴が周りにも移ってしまうのだろうか……?

また、属性を持つフレンズの歌声にその属性が宿る性質もある。


他メディアのマイクカービィ

漫画版

やはり強烈な破壊力を持つ能力として登場。別に能力を使ってなくても歌うこと自体カービィの趣味の1つであるため、事あるごとに歌っている。

基本的に周りに迷惑をかけるため皆から嫌がられているが、中には壊れかけの潜水艦から脱出するために海底から地上へ呼びかけるために使われたり、呪いの鬼の面を割ったりとその破壊的な歌でピンチを救うことも多い。

歌のレパートリーは豊富にあり、得意ジャンルは演歌(ただしその全てが替え歌)。


コロコロアニキで連載再開後も相変わらず歌は下手だが、「カービィの歌が世界を変える!!」で極端に落ち込んだ際には、そのショックから語りかけるバラード調の歌になっただけでなく純粋に歌がうまくなってしまうという珍しいパターンになった。そのままメジャーデビューまでこぎつけたものの、結局調子に乗って普段の歌い方を出してしまい、すぐに契約は打ち切られることとなってしまった。


アニメ版

ゲームとは違い、常にヘッドホンの姿で大熱唱するコピー能力となっている。

無論、その歌は凄まじく、聴かされたマッチョサン魔獣苦しんだあげく爆発四散してしまった上、周囲の機械や城まで爆発し完全崩壊する始末。我が身の危険を感じたカスタマーサービス自分の提案した作戦を自分で白紙にしてしまった

複数の魔獣に囲まれてもソレらを全て爆発四散させた事がある。

カスタマーサービスやデデデ大王エスカルゴンだけならまだしも、メタナイトフームブンや村の人々等味方すらも関係無く巻き込み苦しめた最強(最凶)の兵器となっている。

アニメでは2度登場するのだが、2回目では被害を受けた全員が能力を手にした瞬間とても嫌そうなリアクションをしている

また、一時はスナック菓子の食い過ぎで太ったデデデ大王もこの歌の影響で元の体型に戻ったが、同時に彼へ1回目以上の強烈なトラウマを植え付ける事になった(そもそも、マイク初使用後の時点でデデデ大王もエスカルゴンもカービィを見た瞬間に一目散に逃走している)。


劇中で歌った曲は、エンディングテーマ「きほんはまる」と、マッチョサンの「エアロビ天国」(「デデデ大王のテーマ」と「あしたはあしたのかぜがふく」のアレンジ)の2つ。


尚、2回目の時は作画ミスでその場に居たハズのワドルディワドルドゥ隊長が居ない。マイクカービィを見てその場から逃げたとする意見もあるが、その説だと、そもそも1回目の時にその場に居なかったので、マイクカービィの恐ろしさも知らないハズなので矛盾してしまう。


第31話

  • カスタマーサービス「な、何と凄まじい声だ!止めてくれ!死ぬ!、送り返さねば!」
  • デデデ大王「こ、鼓膜が破れるぞい!」
  • エスカルゴン「キャラオケ地獄でございますぅ!」

第61話

  • フーム「この技だけは何とかならないの!?」
  • メタナイト「ダメだろ……」(真剣、そして諦め声)

第64話

  • フーム「ワザとやったのね!カービィの歌は二度とごめんよ!!」
  • デデデ大王「もう少しで、城が壊れるところだったゾイ!」

※VTRでマイクカービィが映し出されただけで、カービィ本人は歌っていないのにも拘わらずマイク使用時に近い破壊力を出していた


但し、アニメ版でカービィがコピー無しで歌った時は可愛らしかったので、あくまでコピーは必殺技に強化するんじゃないだろうか。


小説版

ここではコピーしていなくても音痴。但しコピー状態よりは遥かにマシのようである。

第1巻「あぶないグルメ屋敷!?の巻」から目出度く登場。

パフェスキー夫人を改心させるためウォーキーをコピーして披露している。

いくつか持ち歌はあるようだが、1巻ではオリジナルの歌を披露した。結局この歌に恐れをなして夫人は改心するものの、カービィ本人は歌に感動して改心したものと勘違いしていた。


おまけにこの世界のカービィは料理の腕も壊滅的で第17巻「メタナイトと黄泉の騎士」ではこのお話の悪人への制裁として、

カービィ主催の、ある意味何も知らない悪人のためだけの、完全に某ディナーショーとしか言いようのないスペシャルディナーコンサートが開催されている。まぁ悪人は相当な外道だったので因果応報ではあるのだが…


主なコピーできる敵・物品


小ネタ

『夢の泉の物語』ではバグによってなんと255回叫ぶこともできた。

あの凶器的な歌が叫び放題とは何たる地獄。

手順は以下の通り。

  1. ペイントローラー戦にてペイントローラーに星型の弾を3発当てる
  2. ペイントローラーがウォーキーを描くのを待ち、吸い込んでマイクをコピー
  3. 2回叫んでペイントローラーの体力を削る
  4. 画面の中央(ボス戦後にクリアの印のスターロッドが出る)にてスタンドマイクで叫び、とどめをさす
  5. すると残り回数が0の状態でクリアの踊りをする
  6. 画面転換後、その「0回」の状態でBボタンを押すと残り回数が「P5」になる。この「P5」こそが255回を示す。その時プププランドはピンクの悪魔の咆哮に包まれた

当然というべきか『夢の泉デラックス』では使用されていない。


登場作品


アイテムのマイクが登場した作品


関連イラスト

それでは聴いてくださいセンシティブな作品

歌自慢()達「ちぇすとぉぉぉぉ!!!」


関連動画


関連タグ

星のカービィ カービィ コピー能力

ジャイアンリサイタル ほろびのうた ハイパーボイス ばくおんぱ

やめてくださいしんでしまいます 我々の業界でも拷問です

関連記事

親記事

コピー能力 こぴーのうりょく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 325184

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました