ピクシブ百科事典

爆発四散

ばくはつしさん

爆発して四散すること。……のはずだが。

概要

何かが爆発、そして様々な方向へ飛び散る(四散)こと。

ニンジャスレイヤー」における忍殺語では、作内のニンジャが死亡するときに起こる現象である。
ニンジャの体内には、修行でニンジャになったリアルニンジャの場合は自分自身の、過去のニンジャがディセンションした憑依ニンジャの場合は憑依者のニンジャソウルがある。ニンジャが戦闘などで瀕死~即死レベルのダメージを受けると、ソウルの力に肉体が耐えられなくなり、そのまま爆死してしまう(この爆発自体には外部への破壊力はほぼない)。この様子を指して、地の文などで「爆発四散」と呼ぶ。
爆発四散をしたニンジャは死体を残さず、首をはねられて死んだ場合、胴体の方だけが爆発四散して、首は残ることがほとんど(死体が残る例や、首が爆発四散した例もまれにある)。
病気や拷問などにより衰弱死した場合は爆発四散せず、そのまま死んで死体も残る。

余談だが、「ニンジャスレイヤー」の世界では、UNIX(コンピューター)も容易に爆発する。UNIXのネットワークとニンジャソウルにはどうやら関わりがあるようなので、ニンジャとUNIX双方の爆発には知られざる真実が秘められているかもしれない。備えよう。

関連タグ

ニンジャスレイヤー 忍殺語
爆発 爆死
腹筋が爆発四散 涙腺が爆発四散
スキャッター…「scatter」は「まき散らす」「四散させる」という意味。

pixivに投稿された作品 pixivで「爆発四散」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28146

コメント