ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

青いバンダナをしたワドルディデデデ大王の側近のようなポジション。

「大王の逆襲」での台詞を見ると、基本的に敬語口調で話している。
一人称は『ボク』、デデデ大王に対しては『大王さま』、カービィに対しては『カービィ』と呼んでいる。礼儀正しい性格のためなのか、二次創作等では『カービィさん』と呼んでいたりする。「ウルトラスーパーデラックス:大王の逆襲」等の様子を見る限り、デデデ大王への忠誠心は厚い模様。

バトルデラックスのサイトにある必勝法の動画では、講師を務める秘書スージーのアシスタントとしてフルボイスで登場しており、声優は齋藤彩夏(本人のブログで判明)が担当している。

珍しく個体が一人しかいないワドルディであり、操作キャラになったりで人気が高い。
本編作品では概ねサポートに徹しているが、番外ならデデデよりも活躍している作品も結構ある。
尚、「星のカービィWii」などの作品ではワドルディと表記されることもある。

登場作

(一応デザイン上は)初登場となる。
サブゲームの「かちわりメガトンパンチ」での対戦相手であり、三連戦中の先鋒。
完全なミニゲーム限定だけあって、この時点では「場の雰囲気に合わせてバンダナを巻いただけの一般ワドルディ」の域を出ない感は否めず特別な個体としての制作意図はなかったと思われる。

大王の逆襲
ラストステージのデデデ城でカービィが向かってくる様子を大王に報告している。
最終ステージでは中ボスとして戦うことになり、戦闘能力は格闘王への道のときと同じ。
マスクドデデデ戦にも観客として登場し、カービィがダメージを受けると喜ぶリアクションを見せる。
EDにおいても、他のワドルディ達とともにデデデ大王について行く。
実質的にはこれが初登場作品とも言えるだろう。
「バンダナワドルディ」という名称が付けられたのもこの作品から。

格闘王への道
SDXでは普通のワドルディの姿だったが、USDXではバンダナワドルディの姿になっている。
攻撃らしい攻撃は仕掛けてこず歩いてジャンプするだけである。ただし接触ダメージは結構大きい。
また、普通のワドルディよりは耐久力はあるものの吸い込みやパラソルのだいどうげいなげで一撃で倒せる。弱い。とはいえ、SDXのワドルディはまったく動かないので一応強化されているといえる。何気に体力もSDXより増えている。

ミニゲームの「空中探検隊EOS」のメタナイト戦で背景に登場。
船員ワドルディとともに飛び跳ねている。

今回は槍を装備しカービィ、デデデ大王、メタナイトとともに操作可能キャラクターとなる。
カービィのコピー能力「スピア」との違いといえばホバリングが無限ジャンプになったのと能力を落とさない程度で要は「スピアのヘルパー」でしかない。
メタナイトはおろかデデデ(まだヘッドスライディング等が使えなかった)と比べても元コピーとの変化に乏しく、性能的にも微妙と評されることが多い。
まあ弱いという程ではないのが救いか。

OP・EDに登場。

ボス・中ボス戦前にカービィに回復アイテムを渡す役回りとして登場。
すれちがい通信によってより良い回復アイテムやキーホルダーをくれる。
デデデを操作する『デデデでゴー!』ではカービィより回復量の高いアイテムをくれる。

2P以降が操作するキャラとして登場。
星のカービィwiiでのバンダナワドルディと似たモーションをする。
通常の赤色のほか、緑、黄色がいる。バンダナの色もそれぞれ変わっている。
収集要素であるフィギュアの説明によると、出番が増えて嬉しいらしい。

トリプルデラックスとほぼ同じ立ち位置で登場。また、収集要素のステッカーにも彼のものがある。

冒険の拠点となる「まち」の中央でジェムリンゴの木の管理を行っており、ジェムリンゴが熟すと収穫してくれたり、攻略のヒントをくれるなど色々サポートしてくれる。ストーリーの進捗によってはカービィたちの活躍を賞賛してくれることも。

今回はパラソル能力を扱う。ストーリーモードでカービィの相方として一緒に戦ってくれる。

ある程度冒険を進めると召喚できる「ドリームフレンズ」として参戦。ただしデデデやメタナイトと違いストーリー上の出番はない。
技のラインナップは特にwiiと変わらないが、今作はコピー能力としてのスピアが未登場である関係で相対的に個性を得た。
逆に言い換えると、「能力としてのスピアが未登場なのにスピア能力を持ったバンダナワドルディが登場する」という不思議な現象が起きている。後のアップデートで追加されたドリームフレンズでも同様の事例が起こっている。
もっとも性能面の微妙さはより悪化し、只でさえドリフレ最弱どころか一般コピーにカウントした場合の地位もwii以下だったにも関わらずアップデートでどんどんチートじみたドリフレが追加されたので本作での彼の立場は相当小さいと言わざるを得なかった。
ただ、アップデート3弾で槍で地面を抉るように無敵状態で突進する新技「大地づき」を得たおかげで「最弱ドリフレ」の汚名返上にまでは至らないものの使い勝手は格段に向上した。
対ボス戦の一般コピーだとこれより使い辛い上に弱いコピーもある為それらを含めるとまだやりやすい方だが地上はとにかくは苦手な部類。
なお、スピアは斬撃が可能でありフレンズスター使用時も斬撃属性となる。仲間から属性を付けて貰う事も可能。

星の○○○○ポーズ画面によるとパラソルワドルディとは別個体である事が明言されている。
アドレーヌドリームフレンズとして参戦した際に同時追加されたスタート画面の寸劇(『64』を意識したパターン)ではパラソルワドルディが選ばれているのに対し、その追加予告PVではバンダナワドルディが選ばれている。理由はPV制作時にカービィを1Pにした状態ではパラソルワドルディを本来の色で出せない演出上の制約があった為である。(バンダナワドルディを含むドリームフレンズは1人目を原色で出せる)

バディファイターとして参戦。
性能面ではほとんどスターアライズ版の据え置きだが、ゲームバランスの変化もあってか前作よりも戦える性能になっている。
バディファイターでは唯一最初から使えるほか、無料ダウンロードできる体験版でも使用可能。
こうした点から、ストーリーモードのエンディングの一枚絵や、公式の動画等では「カービィのバディ」という位置づけに置かれている。

公式ノベライズ版

角川つばさ文庫が発売したカービィシリーズの小説にも登場する。初登場は『結成!カービィハンターズZの巻』であり、この作品ではカービィが迷い込んだ異世界プププ王国(キングダム)の住人として登場したが、後に『決戦!バトルデラックス!!』でも、カービィの親友のワドルディがある事情から青いバンダナを巻いて『バンダナワドルディ』の呼び名をもらっており、その後の作品でもバンダナを巻いて登場している。

関連イラスト

ぼくはもうなかない
ぴくにっく!


大王様
準備中



関連タグ

星のカービィ ワドルディ
デデデ大王 カービィ メタナイト

関連記事

親記事

ワドルディ わどるでぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バンダナワドルディ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バンダナワドルディ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1867382

コメント