ピクシブ百科事典

三魔官

さんまかん

三魔官とは「星のカービィ スターアライズ」に登場するキャラクターの総称。
目次[非表示]

概要

星のカービィ スターアライズ」の敵幹部として登場する、魔神官ハイネスの配下で、暗黒要塞「ジャマハルダ」の指揮を執る3人の女性幹部。
終始カービィと敵対し、それぞれの魔法や武器を操りカービィ達の前に立ちはだかる。

一方カービィの公式Twitterの「三魔官のスタアラ★特報」では本編とは打って変わってゲーム場面や商品をコミカルに紹介している。ちなみに歴代のカービィシリーズキャラ内でもセリフ量がかなり多く、本編では初めて吹き出しが使われている。

また、彼女らの故郷では「ジャマハローア(こんにちは)」、「ジャマサラーバ(さようなら)」、「ジャマッデム(ガッデム)」といった幾つかの独特の単語が根付いているらしく、劇中でも何度か使用しているセリフがある。

ハイネスに忠誠を誓い彼の目的の達成のために銀河中に散らばったジャマハートを集めている。
しかしハイネスにとっては都合のいい道具にしか思われておらず、劇中でも酷い扱いを受けていた。

作中で「三魔官シスターズ」という呼称があるが、これは「姉妹」と「修道女」のダブルミーニングであり、姉妹なのかは不明。

メンバー

フラン・キッスちゃん


CV:上田麗奈
氷の魔法を操る三魔官の一人、異名は「氷華の三魔官
2戦目時は「災来する氷華

業火ちゃん!


CV:高橋李依
炎の魔法を操る三魔官の一人、異名は「業火の三魔官
2戦目時は「災来する業火

雷牙の三魔官ザン・パルルティザーヌさま(Re:金髪の三魔官さま)


CV:柚木涼香
雷の魔法を操る三魔官の一人でリーダー、異名は「雷牙の三魔官
2戦目時は「災来する雷牙

顛末

ジャマハルダ内で彼女たちと戦い、その後の宇宙でキッス&ルージュ、最終面でパルルティザーヌと再戦する事になる。
敗れた後のハイネス戦(後半)では意識のない状態で再登場し、投げつけられたり盾にされたりと忠誠を無下にされるような扱いを受け、最終的にそのまま彼女らが祀る神の復活の為の生贄となったが、最終決戦の中で主共々ラスボスの体内から吐き出される。その後の消息は今のところ不明。

Prayer song to God

三魔官の戦闘BGM名でキッス&ルージュとパルルティザーヌとで曲調が異なる。
THEアルティメットチョイス限定で彼女達のスペシャルページを繋げてみると、一つの歌詞が出来上がる

フラン・キッス
ーPrayer song to Godー
だけどでも つめたく だけどでも はげしく
だけどでも いのる だけなの
だけどでも さみしい だけどでも あいたい
だけどでも いのる Three Prayers

フラン・ルージュ
それでも うたう あのひとへの
この きもちよ とどいてねぇ KA MI SA MA!
だけどでも せつなく  だけどでも こがれる
けど おもうのはねぇ あなただけ なのよ

ザン・パルルティザーヌ
だけどでも つめたく だけどでも はげしく
だけどでも はかないの わたしたち
ねぇ いのるだけなの (ねぇ いのるだけなの)
わたしたちの ハート とどいてよ

まるで誰かを想うかのような歌詞だが、もしもこの歌を送る相手が
非情な狂信者へ豹変し、今も暴走を続けるハイネスであるとしたら・・・・・。

余談

三人の武器は斧、剣、槍であり、それぞれの名前は実在する武器から取られている(フランキスカ→フラン・キッス、フランベルジュ→フラン・ルージュ、パルチザン→ザン・パルルティザーヌ)。
おそらく「神官」という言葉の読みをゲームらしく変えたもの。

これまでのカービィシリーズの女性キャラクターはカービィ役の大本眞基子氏が兼任していることが多かったが(セクトニアやスージーなどがその例)、三魔官は全員異なる女性声優が担当している(しかも全員ハイネス役の千葉繁と同じ81プロデュース所属声優)。
近年のアニポケファイアーエムブレムゼノシリーズなどの流れか、この手のシリーズでは珍しく若手の女性声優が起用されており、上田麗奈氏と高橋李依氏はカービィシリーズ誕生以降に生まれた世代である。

三魔官を入力する際、1発で漢字変換するのが難しいため、「サンマ缶」という俗称で呼ばれたりしている。

関連タグ

星のカービィ スターアライズ
フラン・キッス フラン・ルージュ ザン・パルルティザーヌ
ハイネス

pixivに投稿された作品 pixivで「三魔官」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116546

コメント