ピクシブ百科事典

ザン・パルルティザーヌ

ざんぱるるてぃざーぬ

「星のカービィ スターアライズ」に登場するボスキャラクター。
目次[非表示]

「しんせいなる ハイネス様のいのりは···だれにも、ジャマさせないっ!」

概要

CV:柚木涼香
突如ポップスターに現れた暗黒要塞「ジャマハルダ」の指揮を執る三人の女性幹部「三魔官」の一人にしてリーダー。異名は「雷牙の三魔官」。
三魔官では最後に名前が公開されたキャラクターで、発売前日のコロコロコミック4月号まで公開されていなかった。黄色いサラサラヘアーが特徴。
最初にハイネスの名前をカービィの前で口にした三魔官は彼女である。

人物

一人称は「わたし」で、キッスの冷静さとルージュの勇猛さをあわせ持ったような性格。中性的な容姿もあり男装の麗人を思わせる雰囲気の人物で「俗物」「手練」「粛清」などカービィシリーズには珍しい台詞回しが多い。ルージュ同様、カービィのことは「ずんぐりピンク」と呼ぶ。

魔神官ハイネスの部下であり、キッス、ルージュと共に彼の目的の達成のために銀河中に散らばったジャマハートを集めている。
主人に対しては絶対の忠誠を誓っており、ちょっぴり虐げられても自身を拾ってくれたり、魔力を与えてくれた恩義と彼のカリスマ性に陶酔している故に、心から敬愛しているとのこと。
が、名前があまりに長すぎるためにハイネスは未だに彼女の名前を覚えていないらしい

強力なの力を持ち、彼女が生み出す電気は戦闘に用いるだけでなく、ジャマハルダ全体のエネルギーも賄っている。

劇中での活躍


曲名:忘らるる閃光のライトニング
キッスとルージュを撃破した後、暗黒要塞ジャマハルダの最終ステージ「天けいの間」で一度目の戦闘となる。このBGMは三魔官他二人の「Prayer song to God」をアレンジした彼女専用のもの。

の力を宿す戦槍を振るって戦い、自らも雷のように素早く移動する(この軌道上にも判定がある)他、相手を麻痺させる百裂突き『ザン・サウザント』や、落雷を落とす攻撃『ライトニングレモネイド』などでカービィを追い詰める。
加えて力をさらに強化する雷太鼓を背負い、大量の電気弾『カミナリオコシ』や、水平に凄まじい威力の特大レーザーを轟雷弓から放つ『エレクトロエクレア』などを扱う、かなりの実力者。

一方、雷太鼓にウォーターのような水属性で攻撃を続けるとショートを起こし爆発、衝撃でしばらく気絶し隙をさらけ出す。
小説版では、ビビッティアの絵から実体化した大量の水を出す物から、水を浴びさせられた。

また、攻撃で出すことがある緑の星はプラズマ、オレンジの星はビームをコピー出来る。

カービィらに敗北すると、その実力を危険視して早期抹殺を図り、ジャマハルダの核を破壊してカービィを要塞の道連れにしようとしてくる(ちなみにパルルティザーヌ本人は核を破壊したらすぐにジャマハートを持って逃亡する)。


その後「神降衛星エンデ」にて、ハイネスの儀式を妨害されないようにするため「災来する雷牙」として再び勝負を仕掛けてくる。

ジャマハルダの時よりも攻撃が激しいものとなっているので注意。
雷太鼓の技がより雷弾発射数の多い『カミナリオコシ・オンド』や、轟雷弓も軌道が斜め上空から撃ち込むパターンの『レア・エレクトロエクレア』に強化されている。
雷雲も『ライトニングレモネイド・ターン』に強化されているが、今回は前半戦の使用となる。

敗れた後のハイネス戦(後半)ではキッス/ルージュと共に意識のない状態で再登場し、投げつけられたり盾にされたりと、忠誠を無下にされるような扱いを受ける(もっとも、城の外まで吹っ飛ばされるよりはマシだろうが)。

ハイネス戦後には主人や同僚共々彼女らが祀る神の復活の為の生贄となったが、最終決戦の中でラスボスの体内から生還する。その後の消息は今のところ不明。
ちなみにストーリーモードにおいてはラスボスの体内にある繭から剥がれ落ちる際に他の2人やハイネス同様食べ物も出てくる。彼女の場合はプリン

小説版では…

角川つばさ文庫の「スターアライズ編」前編・後編にて登場。
キッスとルージュからはフルネームで呼ばれ、キッスは更に様付けしている。
後編では三魔官達のハイネスに対する思いについて語られている。
彼女はハイネスにひろわれ、育てて貰ったことに対しての恩を忘れておらず、
曰くハイネスを悪く言うものはルージュやキッスでも許さないらしい…。
彼女の忠実さが伺える。キッスやルージュ達もそれを理解している模様。
なお誰もが期待しただろう名前ネタだが、前編はともかく後半では初戦から間が空いたせいで終始カービィたちから「ザン・パルルなんとか」「ザン・パルルルルルーヌ」などと呼ばれた。


 


小説版ネタばれ注意!!

キッス、ルージュ、ハイネス達と共にエンデ・ニルに取り込まれていたところをカービィたちに救われ、体外に飛び出す。
原作では四人のその後については触れられていないが、
エピローグにて、他の三魔官と共に再登場する。
本人達によると気がついたら、四人で宇宙を漂っていたらしい。
ハイネスは深手を負ってはいるものの、彼女たちの手当てにより快方に向かっているとのこと。
と同時に彼女は昔の気持ちを少しずつ取り戻していると優しく語っていた。
その後、他の三魔官と共にハイネスのところへ帰る。

余談

名前の由来は槍の一種である「パルチザン」と思われる。
キッスやルージュと比べると一人だけ名前が似通っていないのは、出生の違いを匂わせたいネーミングにしたい為らしい。

キッスやルージュと違い複雑な名前はプレイヤーにとっても覚えにくく「パルメザンチーズ」や「パルなんとかさん」呼ばわりされたりしている。
小説版でも前編ではフルネームで覚えられてはいるものの、後編までは覚えられていなかった。
先述したのも含め、作中では「パルルルルルーヌ」や「ザン・パルル」などと間違えられている。
原作通り、名前を覚えてもらえないこと気にしている描写がある。
なお、キッスやルージュからは「ザン・パルルティザーヌ様」、「ザン・パルルティザーヌ」とフルネームで呼ばれている。

隠しモード「The アルティメットチョイス」でも登場。
「激辛しれん味」のみ初戦仕様、「極辛ピンチ味」以降は災来時となっている。

さて、戦闘BGM名の「忘らるる閃光のライトニング」だが、この命名の元ネタと思しきものとして小倉百人一首のひとつに「忘らるる 身をば思わず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな」がある。
その意味は「忘れ去られる自分自身のことは構いません。しかし、神に誓った私との愛を破ったあのお方が、神罰によって命を落とすことが惜しいのです。」となっている。これは、まさに彼女が持つハイネスへの感情そのものと言えるのではないだろうか。

スタアラ★特報

公式Twitterでは3月21日から4月24日までキッス、ルージュに代わって情報を発信していた。
ここでも「私だ。ザン・パルルティザーヌだ。」とフルネームで名乗り、「この名、忘れるでないぞ」、「私だ、もう名前は覚えたな?」、「私だ。ザン…もう名乗らなくても覚えているな!」と度々念押ししたりと、当人もこの名前を気にしている模様。

4月のツイートではくしゃみをしており、花粉症設定がある事を匂わせている。
5月中旬以降からも、第2弾アップデートに関する情報配信を担当。送り込んだ部下から追加ドリームフレンズに関する情報を受け取り配信していくのだが、最初はシルエットクイズになっており、次の配信でその正体が判明、その次にフレンズの技に関する情報という流れをとる。

6月のツイートでは自分の上司たるハイネスについての情報も配信。「私の名前は忘れても、これ(ハイネスの所作)は絶対に見逃すでないぞ!」と名前に関して半ば諦めているフシも一見みられるが、「ハイネス様こそ、至高の存在···」というテロップがあるため、ハイネスの前では些細な事らしい。
ちなみにハイネス第2形態の様子が公式動画で公開されたため、ハイネスのコンプレックスにしている素顔がネットで全世界に晒されたというネタ感想が飛び交うハメに。

あだ名をつける癖

本編のみならず、スタアラ★特報でもカービィの事を終始「ずんぐりピンク」呼ばわり(「カービィ」と呼んだのは1回しか確認されていない)。
それだけならまだしも、追加のドリームフレンズにもやたらとあだ名をつけまくり、情報配信でも自らが付けたあだ名で呼ぶことが多い。

対象キャラクターあだ名
カービィずんぐりピンク
マルクたまのりピエロ
ドロッチェ化けネズミ
ダークメタナイトちょいワル仮面
アドレーヌでこっぱちアーティスト
リボンチビッコ妖精

関連イラスト

ザン・パルルちゃん
忘らるる閃光のライトニング


ザン☆パルルティザーヌ
カービィ ツメコミフレンズ



関連タグ

スターアライズ フラン・キッス フラン・ルージュ ハイネス 三魔官

pixivに投稿された作品 pixivで「ザン・パルルティザーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 331352

コメント