ピクシブ百科事典

右近

うこん

日本語圏の人名。かなり古風。
目次[非表示]

概要

元々は天平神護元年(765年)に定められた令外官の一つ、近衛府の「右近衛府」の略から取られた。対して左近(左近衛府)というものもある。

また、紫宸殿南階下の西方に植えられた橘のこと指す言葉でもある。
右近衛府の武官の列する側にあたることからいう。
対義語は左近の桜

古風かつ趣がある名前であるので、人物の名前でも使われる。
創作キャラでは左近と対になるキャラクターとして作られることが多い。

一覧

1.右近(歌人)
生没年未詳。平安時代中期の歌人。藤原季縄の妹、または一説に娘。醍醐天皇の中宮・藤原穏子につかえる。主に村上朝歌壇で活躍。男に忘れられる身を嘆く歌を残す。天徳4年(960)の内裏歌合わせなどに参加。歌は「大和物語」「拾遺和歌集」などにみえる。「後撰和歌集」以下の勅撰集に九首入集。また百人一首にも歌が選ばれている。

代表歌・百人一首
忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな

2.右近()
謡曲。脇能物。観世・宝生流。世阿弥作、観世小次郎信光加筆。鹿島の神職が、京都右近の馬場で桜葉明神と会い、共に花を賞する。

3.右近(人形草紙あやつり左近)
左近の相棒で、もう一人の主人公。明治初期に人形師・三代目小泉卯之助によって作られた傑作童人形。

4.西門の左近(NARUTO音の五人衆)
肉体の共有を利用した暗殺を得意とし、相手の身体に入り込んで敵の機能を奪う忍。両者とも残忍な性格で、右近は更に凶暴かつ陰湿。相手をじわじわと追い詰める戦い方をする。普段は右目を前髪で隠した弟・左近が主体となり、その間左目を前髪で隠した兄・右近は中で眠りにつき、戦闘中に起きて手助けをする。

関連タグ

人名一覧
左近

pixivに投稿された作品 pixivで「右近」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40737

コメント