ピクシブ百科事典

フラン・キッス

ふらんきっす

ゲーム「星のカービィ スターアライズ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「…ジャマハローア。」

概要

CV:上田麗奈
突如ポップスターに現れた暗黒要塞「ジャマハルダ」の指揮を執る三人の女性幹部「三魔官」の一人。異名は「氷華の三魔官」。

三魔官では最初に公開されたキャラクターで、青いロングヘアーが特徴。カービィ公式Twitterの「三魔官のスタアラ☆特報」でも最初に登場し、1月12日から2月15日まで担当していた。

これまでのカービィシリーズの女性キャラクターはカービィ役の大本眞基子氏が兼任していることが多かったが(セクトニアやスージーなどがその例)、三魔官は全員異なる女性声優が担当している。

人物

一人称は「ワタクシ」で、凍てつくように冷静沈着な性格だが、口調は上品且つ丁寧。

魔神官ハイネスの部下であり、フラン・ルージュザン・パルルティザーヌと共に彼の目的の達成のために銀河中に散らばったジャマハートを集めている。

ムダな殺生は好まないと語っているが、主人であるハイネスに仇なす者には容赦ない。ちなみに暑すぎる所にいるとすぐに溶けてしまうらしい。

同じ三魔官であるフラン・ルージュとの仲はかなり良いようで、別行動を行っていた際にはルージュに会えないことを寂しがっている描写も。
なお、ルージュに対してはさん付けで読んでいる模様。

劇中での活躍

三魔官の中では最初にカービィ(とフレンズ)と出会い、「ぎょうしの回ろう」で一度目の戦闘となる。
戦闘BGMのタイトルは「Prayer song to God」。ルージュとの共用であるほか、パルルティザーヌやラスボスのBGMともフレーズを共用している。


武器は巨大化や念動操作が可能なで、巨大化した刃『フローズンジェラート』は喰らってしまうと氷付けにされて身動きが取れなくなるので要注意。刃を炎属性の攻撃で燃やすと中断させることができる。
また、冷水を炭酸飲料のように吹き出す銃『シェイキングソーダ』も使用する。この水流は氷属性の技で凍らせることができ、電気属性の技を当て続けると感電させて隙を作ることもできる。
その冷気は心をも凍てつかせてしまうとされているが、幸いにしてカービィ達はそこまでの悪影響を受ける事はないようだ。
攻撃で出すことがある水色の星からはアイス、青い星からはウォーターをコピー可能。

ジャマハルダ崩壊後、「小惑星フュー」にてカービィらと再会。
この際にどこぞの財団代表のように生物を冷凍してコレクションするという趣味がある事が判明し、カービィをコレクションに加えるべく再戦を挑んでくる。
攻撃が「ぎょうしの回ろう」の時よりも激しいものとなっているので、二度目といえど油断は禁物。
斧の巨大化はいっそう大きくなった『グラン・フローズンジェラート』に強化され、水流も発射中に照準をずらしてくる『シェイキング・ソーダ・スライダー』になっている。
また、新たな技としてルージュの『フラン・フランベ』に似た技『フラン・フリーズ』も使用する。地面に残った氷に触れると凍って動けなくなるので注意。
なお、この際に二つ名が「災来する氷華」に変化している。

二度目のザン・パルルティザーヌ戦後のハイネス戦の(後半)ではルージュ、パルルティザーヌと共に意識のない状態で再登場し、投げつけられたり振り回されたり盾にされたりと、忠誠を無下にされるような扱いを受ける。

ハイネス戦後には主人や同僚共々彼女らが祀る神の復活の為の生贄となったが、最終決戦の中でラスボスの体内から生還する。その後の消息は今のところ不明。

余談

ストーリーモードにおいてはラスボスの体内にある繭から剥がれ落ちる際に他の2人やハイネス同様食べ物も出てくる。彼女の場合はメロンソーダ

名前の由来は投げ斧のフランキスカと思われる。

今作のぼすぶっち枠である「The アルティメットチョイス」にも登場。
「中辛たんけん味」のみ初戦仕様、「鬼辛けっせん味」以降は災来時仕様となっている。
三魔官の他の二人と比べてキッスは左右に大きく動くうえ、画面手前や画面奥を通って移動するため動きが読みにくく、攻撃を当てづらいことから、一部では三魔官最強との呼び声もある。

関連タグ

スターアライズ フラン・ルージュ ザン・パルルティザーヌ ハイネス
三魔官

pixivに投稿された作品 pixivで「フラン・キッス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197461

コメント