ピクシブ百科事典

アナザーディメンションヒーローズ

あなざーでぃめんしょんひーろーず

『星のカービィ スターアライズ』に登場するモードの一つ。2018年11月30日に行われた無料アップデート第3弾で追加されたモード。
目次[非表示]

続くハイネスの祈りのえいきょうで、様ざまな次元へ
通じる、異空間(アナザーディメンション)の穴が開かれた。そしてこの次元では
キミはなんと、夢のフレンズにもなれるのだ!だが、
待ちうけるはじょうしきをくつがえす強さのボスたち
異空をかけてハートを集め、希望の光を⋯生むのだっ!

概要

本作におけるやりこみ要素の一つ。メインストーリーを一度クリアすれば解禁される。
メインストーリー終了後の時系列になっており、生還したハイネスが神降衛星エンデにて希望を求めて祈りを繰り返し捧げていたところ、儀式によって開いていた入口が、星のカービィwiiにも登場した異空間アナザーディメンションへと繋がってしまい、この異空間へハイネスも飲み込まれてしまった。
ハイネスが言うには「非常に大きなパワーが集まるとこの別次元へ通じる穴が開く」とのことで、一応はわかっていたようだが、異空間に自分自身が飲み込まれること・その後どうなるかといった展開は予想外だったと思われる。

祭壇に残された異空間への入口から、カービィはハイネスの行方を追って突入することになる。

入口は全部で5つ。最初は「ディメンションI」に入ることになり、ここを突破すると「ディメンションII」「ディメンションIII」「ディメンションIV」の入口が開く。全てを突破することで、最後の「ファイナルディメンション」へ入れるようになり、ここで最終決戦が行われる。

道中ではフレンズフロアもティンクルスターアライズ以外の4種が全て登場する。残機はそうそう増えないし、回復アイテムさえほとんど設置されていないため、強行軍はかなり危険。前方不注意に自覚がある場合は慎重に。仕掛けに関しても、作動させるべきものと放っておくべきものが混在している箇所があるため、何でもかんでも作動させれば時として後悔することになる。

アナザーディメンションというこの空間自体は、星のカービィwiiで登場したものであり、ポイントスターのデザインがwiiのエクストラ仕様の外見になっていたり、各ディメンションごとの最初のフレンズハート回収時やボスを倒した後のBGMなどにwiiで使われたものを流用しているなど、当該作の世界観を引き継いでいることのわかる演出がある。

ドリームフレンズ総登場

このモードはステージ自体が上級者向けのトラップてんこ盛り・パズル要素盛りだくさんになっており、それを切り開く為にカービィ自身がドリームフレンズへ交代するというギミックが仕込まれている。特定のフロアから先に進む際、扉に描かれたドリームフレンズやコピー能力へと自動的に切り替わり、次に交代するまでの間はその能力固定で進行する(コピー能力を獲得した場合はその能力のカービィを使用することになる)。

カービィへ交代する際に強制的に持たされるコピー能力は、ファイアアイスカッターウィングファイタークリーンエスパースティックの8種類。ドリームフレンズ同様に使いこなせるようにしておこう。

フレンズハートの収集

合計5つ存在する異空間を攻略する際、それぞれのステージでフレンズハートを回収しながら進むことになる。最低1つは回収しないと先に進めないように出来ており、最後の5つ目を除いた各ステージに30個ずつ・合計120個点在。パズル要素のうち難しいものはほぼこの要素に集約されている。

強化ボス

複雑な地形で中ボスと戦うトリッキーなシチュエーションもあるこのモードだが、最も厄介になるのがジャマハートの力で大きく強化された各種ボス。

ボスはバイタリティが「ハンターズ」並みに強化されているTheアルティメットチョイスの難易度Sボスの1.5倍〜2倍程度が通例である)うえ、攻撃の激しさは後半開幕の通称さんみいったいをはじめ某弾幕ゲー並みであり、ホバリング中は隙だらけであるカービィで挑むのは、はっきり言って自殺行為に等しいとまで言われている。
しかしながら、1Pはこの肝心要の時に限って使い勝手の良いドリームフレンズを使えない(カービィの操作を強いられるうえ、空中移動に長けたウィングなどを持ち込めない)ため、相当な地力を試されるだろう。
一応のっとりおんぶで無理矢理ドリームフレンズを使うという手はあるが、空中だと外れやすい上実質3人だけになってしまう。

異界四天王

『異界四天王』見参!!


アナザーウッズアナザービッグクラッコアナザーデデデアナザーメタナイトの4名。彼らは各ディメンションの締めくくりに立ちはだかり、従来の強化ボスとは比較にならない強さを発揮してくる。

倒すことで手に入るのは「心のヤリ」。
ストーリーモードの冒頭に出てきた以外は、エンデ・ニル誕生直後にフレンズスターティンクルスターアライズへと進化させた出番にとどまる、あくまでもストーリーを後押しする存在であったものが、ついにカービィ自身の手に渡ることになる。これはまぎれもなく、伝説の書にあった「かつて4人の英雄がニルの始祖を封印していたもの」。考えようによっては、今度はカービィ一行が伝説級の英雄になる時が来たのである。

最後の相手

堕神官
この戦いに 決着を··· 


最終ステージにおいては、カービィたちが集めてきた「心のヤリ」が、まるでかつての伝説を再現するかのようにジャマハートの集合体へと突き刺さり、これが決戦の幕開けとなる。
行方不明になっていたハイネス、そしてそれを追ってきた3人の幹部たちとの地獄めいた戦いが繰り広げられることに。

エンディング

フレンズハートが100個に届くかどうかでエンディングが分岐し、星のカービィ64以来となるBADENDも用意されている。100個以上のフレンズハートを集めると⋯⋯?

  • ちなみに、初回ルール説明時に「フレンズハートを集めて結末を変えろ!」と表示されていることから、どうやら今回の騒動はカービィたちの介入がなければ、三魔官やハイネスにとって確実に碌でもない結末になっていたことがわかる。

なお、エンディングの種類問わず、一度でも最後までクリアすると、最初から全ての入口が開くようになり、フレンズハートの回収を続けることが出来る。また、Theアルティメットチョイスの魂が飛び出る辛さをクリアしていれば、最高難易度の魂が飛び出る辛さEXも同時に解放される。

関連タグ

スターアライズ ドリームフレンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーディメンションヒーローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8157

コメント