ピクシブ百科事典

ダークメタナイト

だーくめたないと

ダークメタナイトとは、GBA用ゲームソフト『星のカービィ 鏡の大迷宮』に登場する敵キャラクター。
目次[非表示]

概要

鏡の大迷宮」に登場した、メタナイトの「邪悪」の側面とも言うべき存在。(これは本来のメタナイトが高い騎士道精神の持ち主であるためと言われている)
メタナイトを一騎打ちで倒した後、彼をディメンションミラーの中に封印するなど、本物のメタナイトを超える実力を持った暗黒騎士。
プププランドに現れた際には、邪魔なカービィを倒してしまおうと斬りかかるが、ただでさえ厄介な存在を4人に増やしてしまうという大きな誤算を犯してしまった。

ステージ8「RADISH RUINS(ラディッシュルインズ)」のボスとして登場するが、このときはメタナイトの姿になっており、名前も「???」としか表示されない。(ただし剣の大きさは本物のメタナイトより大きいままであった)
鏡のかけらをすべて集め、ディメンションミラーの内部に突入すると再び遭遇。
またもメタナイトとして襲い掛かろうとするが、本物のメタナイトが現れたことによって本来の姿を現し、カービィたちに向かってくる。

ドット状では単に灰色系統のメタナイトといった感じだが、公式絵では色に加えて更に相違点が幾つか見られ、

  • 仮面の切れ込みがメタナイトと比較して縦の間隔が狭く、角度が急。
  • 仮面の左目の所に傷がある(この傷はメタナイトによって付けられたものらしい)。
  • 目つきが悪い。
  • マントは端がボロボロになったものを着用している。
  • 剣の色が銀色になっていて、メタナイトのものより大きい。(メタナイトの剣は金色)
などと、まさに「悪」のメタナイトらしい姿をしている。
ラスボス戦の前に登場することから、恐らくはダークマインドの手先として暗躍していたものと思われる。

まさかまさかの再登場

ここでてめぇを止めるってな!


まさか まさかの さいとうじょう。
さいきょうのせんしの さいきょうのカゲ!
カガミの中の めいきゅうに、とわなる年月を
ふういん されつづけていたあの黒きナイトが
リベンジするべく…よみがえる!
ポーズ画面の説明

星のカービィ トリプルデラックスにおいて、2004年以来実に10年ぶりの再登場を果たす。
この復活は多くのプレイヤーの意表を突き、公式でも「まさかまさかの再登場」と言われているほど。

前作星のカービィWiiで再登場したギャラクティックナイトのように本編には登場しないが、クリア後に登場するデデデでゴー!のラスボスと、真・格闘王への道で13体目の相手でありラスボスの前座という立場で登場する。
鏡の大迷宮ではカービィに倒され、まるで鏡が割れるように消滅してしまっていたが、何故か絶命はしておらず、あの後長い年月を封印されていたようだ。
(一応エンディングでディメンションミラーの中にメタナイトらしき姿が見えたため感が鋭い人にはこっちか本物のメタナイトが出てくると予想していたらしい)

今回はドット絵ではなくしっかりポリゴンでデザインされているため、傷や目つきの悪さなど、ドットで表現しきれなかった特徴がしっかり反映されたデザインとなっている。
しかし、ボロボロのマントに関してはWiiでのメタナイトと合わせたためか、常時羽を生やしたデザインとなっているため反映されていない。またメタナイトの剣の色が金色なのに対してこちらは剣の色は銀であった。

本編で同様に再登場したマスクドデデデに合わせてか、名前が「ダークメタナイト リベンジ」となっている。
…が、デデデでゴー!において対峙するデデデとはこれが初対面であり、見事なまでに名前と矛盾してしまっている。
デデデ視点からすれば矛盾はしているが、恐らくはプレイヤーに対するファンサービス、もしくはかつて自身を打ち倒した現実世界の存在への復讐といった意味合いだろうか。
(ちなみに鏡の大迷宮はカービィシリーズで唯一デデデが出ていない作品である

攻撃技は鏡の大迷宮における技や前作のギャラクティックナイトの技と共通するものが多いが、その技を画面奥や手前から発動するようにアレンジを加えた技から、

  • 地に鏡を発生させ、そこから巨大な剣を突きだす「ミラーズエッジ
  • 自ら鏡に入り込み分身を作り出し、その分身らとともに襲い掛かる「ミラーズディビジョン
など、鏡に関する独自の新技を習得し、強さに磨きがかかっている。
事実、前作のギャラクティックナイトよりも強いと評されることが多く、公式からも
最強の戦士の最強のカゲ
という大胆な二つ名を与えられているほど。
更に、ギャラクティックナイトのようにHPが半分近く減ると曲が変更され、鏡の大迷宮ダークメタナイト戦のアレンジ曲、「よみがえる最強の影」を背景に戦うという熱い演出が用意されており、まさに華々しい再登場と言える。

デデデに敗北した後は上空に出現した鏡の中へ再び封印され、さらに彼のハンマーの一撃によってトドメをさされて鏡ごと砕けて消滅した。

後に復活に至った理由がMiiverseにて語られた。
その内容は、
「USDX、カービィWiiに引き続き、あの銀河最強の戦士(ギャラクティックナイト)の登場が予想されていたため、いい意味で裏切ろうとした結果ダークメタナイトを復活させることにした」
とのこと。
素晴らしい発想と言えるだろう。

更なるサプライズ



2018年の『スターアライズ』では第2弾のアップデートで、ドロッチェに続いて何とドリームフレンズとして登場。
これによりカービィはもちろん、メタナイトやデデデとの夢の共闘が実現出来るようになる。
鏡の国出身なだけあってミラー要素が加わっており、ガードを含む一部の技には飛び道具を反射する事ができ、一定時間使用し続けるとバリアが剥がれ、通常のガードになる事もないが回避ができない。トリデラで使った地面から巨剣を出す技、分身もあるなどメタナイトとは大きく差別化されている。上位互換と言うより、「機動性を犠牲にして攻撃面を強化したメタナイト」と言ったところか。しかし派手な変わりに隙が大きく案外メタナイトと比べてダメージソースにそれほど優れていなかったりする。またシンプルなメタナイトと比べて扱いやすさも落ちている。

ミスした時は他のキャラとは違い、原作での撃破時のように鏡が割れるように消滅する演出となっている。
なお、本編で何ひとつも台詞が存在していないせいか、サブモード「星の〇〇〇〇」での彼の説明文では、本来操作キャラの台詞が入る部分で「………。」と無言となっており、具体的な言葉遣いなどは不明となっている。
ただ、ファイル選択画面では他のドリームフレンズを鏡の大迷宮でカービィにしたように4分割したり、ブレイドナイトの前で剣を掲げていたら本物が現れた途端に逃げ出したりと、邪悪な彼の意外な一面も見れたりする。
因みにEDではアドレーヌリボン、ドロッチェと一緒に絵を描いているシーンがあるが、絵の才能は意外にもお子様レベルである事が判明した。

描く際の注意

→→(地上)⇒←


スマブラXにおけるメタナイトのカラーリング変更で、青カラー(上のイラスト)が「ダークメタナイトカラー」とされていることがよくあるが、見ての通りダークメタナイトではない
確かに雰囲気はダークなイメージではあるが、キャラクターとしてのダークメタナイトとは相違点が多く、

  • 全体的な色(例:ダークメタナイトは目が黄色だが、スマブラXの青カラーは赤い。ダークメタナイトは体が灰色だが、スマブラXの青カラーは紺色。他色々)
  • 仮面(スマブラXの青カラーは切れ込みの形も本物と変わらず、傷もついていない)
  • 目つき(スマブラXの青カラーは目つきが全く悪くない)
  • マント(色は勿論、スマブラXの青カラーはメタナイト本人同様損傷がないマントを着用)
  • 剣(スマブラXの青カラーはメタナイト本人と同じ剣を装備、ダークメタナイトの装備している剣は銀色)
などと十分相違点があるため、混同しないように注意しよう。
また、スマブラXの青カラーと混同こそしていないものの、目が赤く描かれていることがよくある
公式のデザインでは黄色なので、本物をそのまま描きたいユーザーは気を付けよう。

大乱闘スマッシュブラザーズ3ds/WiiUで前述のカラーとは別に、鏡の大迷宮の時のカラーリングを元にしたカラーがあるがやはりいくつかの違いがある。

呼び名についての注意

結構長い名前なので、ファンの間では略して「ダメナイト」、さらに略して「ダメタ」と呼ばれがち。
転じて、二次創作では本当にダメな人として描かれることも多々ある。
あくまで二次創作としての一面なので、使用する際には時と場所、機会をよく見極めることを心がけたい。

関連イラスト

しゃどちゃんアタークッ!
対峙



関連タグ

カービィ メタナイト デデデ大王
シャドーカービィ ブラックデデデ ミラー三人組
ダメナイト ダメタ
星のカービィ 鏡の大迷宮 トリプルデラックス

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークメタナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1311857

コメント