ピクシブ百科事典

キングD・マインド

きんぐでぃーまいんど

黒い鏡より蘇りし、悪しき心の化身
目次[非表示]

概要

キングD・マインドとは、みんなで!カービィハンターズZに登場するボスキャラクターの一人。
「闇の王」とも称される、黒い鏡に潜む「わるいこころ」そのものであり、全ての元凶。同作ラストボスとしてカービィハンターズを待ち受ける。

詳細

鬼ランククエスト「ラストバトル」にて、カービィハンターズに敗れ追い詰められたダークタランザが黒い鏡より召喚した邪悪の化身。
己を呼び出したダークタランザを粉砕し、カービィハンターズに襲い掛かってくる。

[ドット] キングD・マインド
闇の鏡の王


ベースは配色の変わったブラックデデデだが、仮面や背中のトゲなどダークマインド第一形態を思わせる意匠があり、背中やハンマーに施されたマークもアナザースージーにも見られたダークマインドの瞳を模した特別な物になっている。また、ハンマーや後述のアスクもトゲや模様等のデザインが多少異なる。

戦闘

外見同様、攻撃もブラックデデデがベースになっているが、打ち出すエネルギー弾が星型弾(スターバレット)になっているなど細かな変更点がある。
腹をクチに変えて暗黒弾を放つ攻撃も行うが、真黒の塊だったブラデと異なり、ダークマインドの「クラッシュボム」を想起させる、漆黒の球体に稲妻が走るエネルギー弾となっている。

体力を削るとハンマーが砕け、本人も倒れるが、黒く怪しげなオーラを纏って起き上がり、やはりブラックデデデ同様巨大なアクスを召喚して後半戦への突入となる。
豪快な槍捌きを披露してくれるが、しかし闇の王の本気も本性もこんなものではなかった

(ネタバレ注意)ダークタランザ&キングD・マインド


なんと、画面中央で浮かび上がり、デデデ大王を思わせる手足や頭を余計なパーツと言わんばかりに格納、凶悪なアゴと目玉だけの姿となるのだ。
この形態では、その凶悪なアゴから想像できる通り噛み付きによって攻撃してくる。画面内をバウンドしながら突進し、一巡しては一度奥で巨大化、再びステージへ戻って突進…という一連の攻撃を3回行い、十分に巨大化したところで画面上部から必殺のキングD・ビームをぶっ放す。
キングD・マインドの噛み付きは星のカービィ3の変身デデデ大王と異なり丸呑みにされることはなく、一部のボスの様な継続ダメージもないが、その分単発の攻撃力が高く、またバウンドによって思わぬ角度から急襲を受けることもある。
噛み付き及びキングD・ビームは四人のカービィの内誰か一人をターゲットとして繰り出すが、特にキングD・ビームはチャージ完了から照射までが非常に早い上見た目相応に威力も高いので要注意。

なお、チーム・カービィハンターズの必殺技「フレンドメテオ」を発動するための石板はもちろんこのクエストでも出現するが、「キングD・マインドがキングD・ビームを打ち切るまで四枚目が出現しない」というちょっとした鬼仕様になっている。しかも回復アイテムの供給は無しという二重苦。
それでも攻撃を掻い潜ってダメージを蓄積させることで、闇の王といえども体力がゼロになり見事撃破となるのだが、鏡から出現した化身でありながらなぜか通常ボスのように爆発して消滅する
そしてこの違和感は直後のクエスト選択画面で解決する…

真ラストバトル

闇の王は鏡より再び蘇った。
世界をかけた真の最終決戦に…
ゆけ!カービィハンターズ!
                   (「真ラストバトル」クエスト説明文より)

「ラストバトル」は最終決戦などではなかった。それを超えた先にある極鬼ランク「真ラストバトル」こそが真の決戦クエストとなる。
これまでのフィールド「大決戦」とも異なる、星型の水晶があちこちに転がる幻想的で異様なステージで、自ら黒い鏡より現れた闇の王と今度こそ雌雄を決するのだ。

カガミの国の闇の王


金属じみた異様な光沢に覆われ、漆黒のローブを纏った威圧的な姿。
デザインこそ変化は無いが、その今までにない色彩の為により強大さを感じさせる外観となっている。

戦闘

戦闘開始後すぐに暗黒弾発射攻撃を行うなど、攻撃内容こそ変化は無いが順序が変わっており、さらにそれぞれ強化されている。
とはいえ「ラストバトル」同様前半戦は余興に過ぎず、体力を削っての後半戦こそが本番となる。

後半戦に突入し、やはりアクスを召喚したキングD・マインド。しかし、一度もそれを振るうことなく画面中央部へと移動し、アゴと目玉だけの異形へと変化する…
かつてのダークマインドそのままの異形へと

Dマインド


噛み付き突進とキングD・ビームで攻撃してくるのは前回と変わらないが、本気になったキングD・マインドのキングD・ビームはステージを完璧に隙間なく攻撃する
無敵技や緊急回避を活用しなければ絶対に避けることができず、一撃瀕死クラスの超威力を誇る文字通り「必殺技」である。

キングD・ビーム以外の攻撃力も異常で、最高防御力を誇る「プラチナZ」シリーズですら、衝突しただけで四割近くものダメージ、噛み付き突進なら余裕で半分を持っていかれる極悪の性能である。また噛み付き形態は全身が常時攻撃判定を持っているのか、変身直後の静止状態でも突進を喰らったときと同等のダメージを受けてしまう。
そして相変わらず四枚目の石板はダークビーム照射後まで出現せず、回復アイテムも一切供給されないため、必然的に超ステータスのボスアタックに正々堂々立ち向かわなければならないこととなる。
また各種耐久力も高く、プラチナZ武器でも中々削り切れないタフネスに加え、後半戦はタイムビームによる時間停止チャージへの耐性及びその上昇値が大幅強化される。噛み付き形態は常に滞空していながら空中属性も持たないので、「当てにくい上に上がりにくい」という悪条件が時間停止ハメ戦術すら困難にする。

文句なしの強敵でありながら、このステージで課せられる勇者ミッションの一つは「かけだし」シリーズ、つまり初期装備でクリアするというものである。Z強化をしてもギリギリの戦いになる。
幸いプレイヤーがかけだしシリーズでさえあれば良いので、どうしても難しければおともをプラチナZで揃え、自身は「ヒーリングエリア」や「タイムビーム」での援護に徹しよう。クスリを使うのも有り。

撃破

このカービィハンターズ究極の試練を乗り越えキングD・マインドの体力をゼロにすることでようやくの勝利となる。
倒れる闇の王。逃亡を図ったのか再び黒い鏡が出現するが、カービィハンターズが力と念を送り込むと、闇の王自身だけでなく鏡にも無数のひびが入り、やがて諸共に粉々に砕け散り、暗い様相だったステージにも明るい光が差す。
わるいこころは彼方へと封印され、プププ王国に再び平和が訪れるときが来たのだ。

BGM

みんなで!カービィハンターズZでは登場するボスのほぼ全員が前半・後半の二段構成での戦闘となるが、そのなかでも唯一キングD・マインドのみ、前半と後半で別々の戦闘BGMとなっている。

前半


ランディアExと同じ曲。
USDXの「巨大ボスとの戦い」のアレンジであり、元をたどれば初代星のカービィの「キャッスルロロロ」の再アレンジということになる。

後半


こちらはキングD・マインド専用曲。
USDXのマスクドデデデ戦BGM「マスクド・デデデのテーマ」と、鏡の大迷宮ダークマインド戦BGM「ラストボス/第2形態」のリミックスアレンジとなっている。
二つの曲のフレーズを単純につなげるのではなく、マスクド・デデデのテーマに割り込む・あるいは取り込むようにダークマインドのテーマが流れるという特殊なメロディのリミックス。
「ラストボス/第2形態」はメロディが全編あるのに対し、「マスクド・デデデのテーマ」はほぼイントロ・Aメロのみとなっていて、サビの部分は「ラストボス/第2形態」の裏側で流れている程度。

  • 余談だが、キャッスルロロロアレンジのBGMはカービィのエアライドにてデデデ大王戦BGMとして利用されている。そのため、前半・後半共に「過去の対デデデ戦闘テーマアレンジ」であるという見方もできる。

設定・考察

ダークマインドブラックデデデが融合したようなデザイン・戦法ということで、その正体の考察も盛んであったが、みんなで!カービィハンターズZ自体がパラレルワールドの外伝ということもあり、結局納得のいく結論は出ていなかった。

後に、NintendoDRREAM(ニンドリ)2017年8月号の熊崎氏のインタビューによって、この「闇の王」の正体と誕生の経緯が明かされた。
今回の一連の事件の発端は、この世界のタランザセクトニアを蘇らせようとしたことにあったという。
力を持った「黒い鏡」にセクトニア復活を願うも、その力と狂気に囚われ暴走し、異次元から「アナザー」系ボス達を呼び寄せた挙句己の影であるダークタランザを生み出してしまった。

タランザもダークタランザも、プププ王国の平和のため立ち上がったカービィハンターズによって打ち倒されたが、ダークタランザは逆転の為黒い鏡に自分の考える一番凶暴な人物をもとに「最強の戦士」を思い描き、具現化させた。その戦士こそが「キングD・マインド」なのだ。
しかし「悪しき心を持った者」が「最強の戦士」を「黒いディメンションミラー」に思い描いたことで、そこに真の「わるいこころ」が入り込む隙ができ、ダークマインド本体が出てくる素地となったのだという。

なお、公式サイトのコラム「マホロアのとっておき情報」でもキングD・マインドについてマホロアが触れており、マホロア曰く「闇の王の外見はプププ王国の王様にそっくり」らしい。「その王様も鏡に映ったことがあって、闇の王とはその似姿を借りて出てきた、イビツな黒い鏡の親玉なのカナァ」と考察している。

考察

作中で「かつて鏡の国を支配しようとした悪の心を、一振りの剣と4人のヒーローが打ち破った」という伝説が「金色の鏡の中の国」に伝わっていることが確認できる。
基本的には歴代ファンへのファンサービスだと思われるが、「この世界にも通常のディメンションミラー及び鏡の国が存在し、『ダークマインドの野望を4人のヒーローが打ち破る』という鏡の大迷宮(カービィ本来の世界)と同様の事件がこの世界でも起きていた」という可能性もある。

黒いディメンションミラー

作中では「いびつな」「力を持った」などと表現される「黒い鏡」。
通常のディメンションミラーでは翼だった側面の大きな飾りがダークマインドの鎧の様なトゲになっている他、小さな装飾も若干刺々しくなっているのが特徴。また、縁が黒ないし灰味がかった銀色をしており、鏡面には「大決戦」ステージにも似た不気味な不気味な風景が常に映し出されている。
上記の通り、「キングD・マインド」とは悪しき心と願いの積み重ねを足場に復活した「この世界のダークマインド」本人であるが、復活に至らしめたこの「黒いディメンションミラー」の正体については未だ謎が多い。
真ラストバトルにてキングD・マインドがこの鏡から自力で現れ、敗れた際にも再び鏡が出現していることや、この黒い鏡に描かれた最強の戦士からダークマインド本体が復活するという設定から、この鏡こそがダークマインドの真の本体である、という可能性もある。

余談

  • マスクドデデデの仮面の元ネタはダークマインド第一形態の鎧がモデルであることが熊崎氏によって明かされており、その繋がりから誕生したキャラクターであると言える。
  • ヘビィハンマーのレア9そうびとしてダークマインドシリーズが登場している。上記の通り、ダークマインドはハンマー使いであるデデデと裏設定的な縁があるため不思議ではないが、他のレア9そうびのモデル(ランディアマホロアタランザ)がいずれも開放時点で作中で重要なポジションにいたことから違和感の拭えないチョイスであった。このキングD・マインドと相対することで初めて真相を知る、中々に心憎い演出となっている。逆に言えばこの後のストーリー展開にダークマインドが絡むという伏線であったともいえる。
  • みんなで!カービィハンターズZは4色4人のカービィの冒険であり、時には通信によるマルチプレイヤーでの共闘もできるという、実は鏡の大迷宮と全く同じシチュエーションのゲームである。であるならば、そのラスボスにはダークマインドこそが相応しく、この選抜は必然であったと言えよう。おともカービィの色が一人だけ違う?はて、ナンノコトカナァ?
  • このゲームのおもてクレジットのBGMには『鏡』初出の森・自然エリアのアレンジが組み込まれている。ここから以降のストーリーに『鏡』関連で何かあるのかもと感じ取ったプレイヤーもいたようだ。
  • 元々ロボボプラネットはトリプルデラックスの正当な続編(タイトルはトリプルデラックス2)として開発され、既視感を抜け出すために大幅改良を加えたという経緯がある。その時のストーリーの内容は天空の国から新たな刺客が来るというもので、このことから当初はトリプルデラックス2で出すつもりだったが路線変更したため、今作で新たに出すことにしたのでは?と考えている人も多い。


関連タグ

みんなで!カービィハンターズZ
タランザ ダークタランザ
アナザースージー

鏡の大迷宮
ダークマインド ブラックデデデ

pixivに投稿された作品 pixivで「キングD・マインド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25444

コメント