ピクシブ百科事典

パンドラ(LBX)

ぱんどら

パンドラとは、ゲーム・アニメ・漫画・プラモデル『ダンボール戦機』に登場するLBX(ホビー用小型ロボットのこと)である。
目次[非表示]

概要

タイニーオービット社の社長である宇崎悠介が使用する専用の白いLBX。ストライダーフレームを基にしている同社の試作機。得意とする戦闘方法などが「クノイチ」に似ているが後継機という訳ではない(クノイチはサイバーランス社製、どちらかというとアマゾネスの流れを汲んでいる)。謎のLBXとして初期から山野バン達の危機を度々救っている。後に川村アミの専用機として渡され、カスタマイズされると共に色もアミのクノイチと同じ赤色に塗り替えられている。
細身な体格をしているが流線型なボディであるクノイチと比べてデザインが直線的でガタイが少し良くなっており、中性的な感じになっている。

加速力・反射性などでクノイチやアマゾネスを遥かに凌駕する機動力を有する。イノベーターとの戦いを想定されているためか、電子戦も可能であり、指向性電磁パルスによる電子攻撃能力を持つ。
基本武器クナイからダガー「ホープ・エッジ」へ変更されている。

ちなみに初めてスパークブロード通信による遠距離遠隔操作されたLBXである。

続編『ダンボール戦機W』ではディテクターに洗脳されたアミが操るLBXとして、濃い青色の「ダークパンドラ」が登場。頭部に追加された一本の角、赤く鋭い目、先端が上に向かって反り上がった肩パーツなど、攻撃的な外見となっている。基本装備は三方向に金属の刃を持つダガー「デスペレイトエッジ」。パートナー機である鬼クノイチ二体を従え、バン達と戦闘を繰り広げた。
バン達の仲間に復帰してからは白カラーの二代目パンドラを使用。ジェシカから教えてもらったのか二丁拳銃を使用しており、リベリオンのような近接ガンアクションを見せている。

また、ゲーム『ダンボール戦機 爆ブースト』では追加機体としてパンドラを参考に開発された「シャルナック」が登場している。

関連イラスト

パンドラさん


宇崎社長専用時・アミ復帰後の白カラーのパンドラ

Ami×Pandora


アミ専用時の赤カラーのパンドラ

ぱんだ


青カラーのダークパンドラ

関連タグ

レベルファイブ ダンボール戦機 ダンボール戦機W LBX 川村アミ
僚機・・・オーディーン フェンリル プロトゼノン/ゼノン ハカイオー絶斗 ナイトメア

コメント