ピクシブ百科事典

大空ヒロ

おおぞらひろ

大空ヒロとは、レベルファイブのメディアミックス作品『ダンボール戦機』シリーズの登場人物であり、シリーズ二作目の『ダンボール戦機W』における主人公の片割れである。
目次[非表示]

「世界の平和は、僕が守る!」

概要

CV:下野紘

大空ヒロは、ダンボール戦機WのW主人公のうちの一人。13歳。
特撮ヒーロー「宇宙英雄センシマン」をこよなく愛する特撮・ゲームオタクで、ふとした事からバンと知り合って、彼からLBXの操作を教わる。その後、トキオシアのブレインジャック事件に巻き込まれ、ペルセウスを使って戦うことになった。

特徴

センシマンへの憧れから、「(重大な役目を担うものとして)選ばれる」ということに特別な感情を抱いている。
当初は厚めのメガネ(雰囲気の為につけている伊達眼鏡で視力は悪くはない)をかけ、地味な焦緑色の服装をしているなどいかにもオタクという恰好だったのだが、トキオシアにて暴走したLBXの襲撃でメガネを落とし服も破けてしまい、洋服売場から拝借した青と紺のジャケットと白のジーパンを纏って以降はこの服装である。
お調子者だが明るく素直な性格。礼儀正しく言葉遣いも丁寧で、「バンさん」「ランさん」など同い年以下でも他人を「さん」づけで呼ぶ。
家では母親が研究に夢中になると帰ってこないことが多く、物語開始時点で1年以上の間1人で暮らしていた。
LBXによる実戦経験はなかったが、バンの指導や後述の特異な能力もあって急速に成長し、現在はバンと肩を並べるまでに至っている。
頭の中に浮かんだイメージがその後現実に起こるという予知に似た能力を持つ。 また、LBXバトルでは集中力が極限に達した時に目が金色に光り、凄まじい操作能力を発揮する。これは母親の大空遥にはない能力であり、彼女も知らなかった。

ヒロ


ゲーム版『ウォーズ』では、17歳に成長した姿で登場。
あどけなさが抜けた凛々しい顔つきとなったが、特徴的なアホ毛はキャスケットで隠れてしまった。

ゲームキャラとしての特徴

BOOST

無印に新要素を追加した完全版の『BOOST』では、正式な仲間にはならないものの、エピソード0で操作キャラとして使用する。

このエピソードをクリアすると、LBX「センシマン」・「戦闘員」がポイントショップで入手可能になり、また剣系必殺ファンクション「コスモスラッシュ」を全キャラで使用できるようになる。

爆ブーストでも、エピソード0をプレイできるが、剣系必殺ファンクション「コスモスラッシュ」を入手する方法が、アルテミスレジェンドでヒロを倒すことで入手できるように変更された。

爆ブースト

無印に新要素を追加した完全移植版の3DS作品『爆ブースト』では、追加されたアルテミスレジェンドでヒロを倒すと正式な仲間にすることが出来るようになった。

仲間になった時点でのキャラクターレベルは60で、ペルセウスを持ってくる。

特殊能力は、ヒロの使用するLBXのパーツがペルセウスに統一されている時のみ、ヒロのLBXのスピードの上昇とCゲージ出力が上昇するものとなっている。

また仲間になった時点で、剣の習得熟練度がレベル10の状態で、習得熟練度を上げることで入手できる剣系必殺ファンクション全てをすぐ使用できる。 またヒロが加入することで、剣系必殺ファンクション「コスモスラッシュ」を全キャラクター使用できるようになる。

ウォーズ

裏ランキングバトル1位に君臨しており、勝利すればスカウトして仲間にする事ができる。

使用LBX

ペルセウス

ペルセウス


格闘ゲーム大会の優勝商品として手に入れた、ヒロにとって全ての始まりとなるLBX。詳細は個別記事参照。

イカロス・フォース

イカロス・フォース


ペルセウスの後継機として開発された、イカロスシリーズの片割れ。詳細は個別記事参照。

アキレスD9

ロールアウト


ミゼル編で登場した、人間の力の象徴とも言える新生アキレス。詳細は個別記事参照。

宇宙英雄ペルセウスS

宇宙英雄


ゲーム版『ウォーズ』の裏ランキングバトルで使用する、センシマンカラーの赤いペルセウス
元々はゲーム版『W』の特典パスワードで入手可能な機体だった。

『LBX烈伝』において

LBXの伝道師


外見や年齢は『ウォーズ』のものと同じで、LBXは『W』本編から引き続きアキレスD9を使用。
国際テロ組織「ワールドセイバー」がA国で起こしたテロ活動の際に、エンペラーM5の攻撃からアラタを庇うも、アキレスD9破壊され、ヒロ本人もワールドセイバー拉致されてしまう
その後、再びアラタ(とバンジン)の前に姿を現すが……。

※この先ネタバレ注意!!


















































「どうもしませんよ。僕はやらなければならない事を見つけた。それだけです」

ダン戦まとめ



ヒロはワールドセイバー洗脳されていた

敬語口調こそ変わらないが、性格は冷酷非情なものとなり、ワールドセイバーから託されたLBXディ・レギウディア」を手に、かつての仲間であるバン達に襲い掛かる。

服装も大きく様変わりしており、飾り付きの黒いパーカーと黒いパンツ、模様が入ったピンクのブーツを身に着けている。
また、左腕は袖を通しておらず、パーカーの下は無印のコウスケよろしく何も着ていない
髪色は明るい青に、瞳の色も茶色から赤に変わっており、セレディの意思がヒロに乗り移った様にも感じられる。

作中では、アラタがヒロの特殊能力についてオーバーロードである可能性を示唆していたが、ヒロの特殊能力とアラタキョウジが使用していたオーバーロードは異なる部分も多く、断定する事はできない。

自身の操作技術とディ・レギウディアの力によってバン達を終始圧倒していたが、最終的にバンアラタのタッグに敗北。
ディ・レギウディアがブレイクオーバーした際は、シンクロ率が極めて高かった為に、左目に出血する程の傷を負った(『ダンボール戦機』シリーズにおける明確な出血描写はこれが三回目。一回目は漫画版でルシファージンの首に剣を突き付けた時。二回目は同じく漫画版で山野博士ディテクターに襲撃された時)。
洗脳は解けた様だが、ヒロはそのまま昏睡状態に陥り、その後についてはいかなる公式媒体でも語られていない

余談

花咲ラン同様、担当声優と名前が似ている。
その為か、こんなやり取りが行われた事も。

久保田恵「これも運命だよ。いっそカタカナに改名しちゃえば?」
下野紘「しません!(笑)」
(アニメージュ付録「イナダンミニロマンアルバム」より)

また、プラモデルの公式サイトで「"青空"ヒロ」と名前を誤植された事もある。

関連タグ

ダンボール戦機W オタク 山野バン 花咲ラン 大空遥

関連記事

親記事

ダンボール戦機W だんぼーるせんきだぶる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大空ヒロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2215233

コメント