ピクシブ百科事典

ルシファー(ダンボール戦機)

るしふぁー

「ルシファー」とは、ゲーム・アニメ・漫画・プラモデル『ダンボール戦機』に登場するLBX(ホビー用小型ロボットのこと)である。
目次[非表示]

概要

秘密組織・イノベーターに加担する企業・神谷重工の御曹司・神谷コウスケが使用するLBX。アーマーフレームのタイプはナイトフレーム

神谷重工が今まで培ってきたノウハウとA国の最新技術がふんだんに注ぎ込まれており、コウスケの操作技術に対応できるよう開発されたこの世に1機しかない特注品。
外見はコウスケの美意識を反映しており、大天使の荘厳さを持ちつつ聖騎士のような姿をしているが、戦闘で半壊した時には悪魔のような凶悪な顔を見せた(コウスケ曰く美しいとのこと)。天使悪魔の二つの面を併せ持っているといえる。

背面の大型ブースターは常に浮遊しており、このおかげで重量を負うことなく驚異の加速性能を得る事が出来る。なお、ブースターとして機能しているのは円盤状のパーツのみであり、浮遊するだけなら翼の部分は必要ない。ビーム翼はプレイヤーであるコウスケの美意識から追加されたものである。

また、アキレスオーディーンゼノンと同様、特殊モード「セラフィックモード」を搭載している。使用時は全身が神々しい光に包まれ、機体性能を飛躍的に上昇させることができる
ゲーム版での効果は状態異常からの回復・光属性の攻撃を無効する、というもの。

基本装備は、ビーム刃を持つ長剣「ヘブンズエッジ」と盾「天帝ネメシスシールド」。

専用必殺ファンクションとして、「デビルソード」「セラフィックウイング」の二種を所有している。

派生機

シャドールシファー

それが世界のルール。


ダンボール戦機W』及び『LBX烈伝』に登場する、ディテクターによって改造されたルシファー。
詳細は個別記事参照。

ルシファー(ヒカル機)

ルシ


ダンボール戦機ウォーズ』に登場する星原ヒカルが使用していたルシファー(神威大門統合学園に入学する際、学園の規則で没収されている)。
両腕がシャドールシファーのものへと換装、全身が金色に、ワンポイントカラーとして青色で塗装された、ヒカル専用にカスタマイズされた機体。
装備はルシファーと同様「ヘブンズエッジ」「天帝ネメシスシールド」。
ヒカルが出場したアルテミスの決勝戦でムシャカブト(LBX)サラマンダーを立て続けに撃破し、優勝する様子がアニメ内で描かれた。

竜帝ルシファー

灰原ユウヤ専用仕様のシャドールシファー。
雷竜をモチーフとしたカラーリングが特徴。

装甲娘』では

適合者の本名は「ジングウジ リヨ」(CV:伊藤静)。旧版、ミゼレムクライシス版共に登場している。詳細は『ルシファー/ジングウジ_リヨ』を参照。

ACCM

装甲娘 ミゼレムクライシス』のACCM(アシストファンクション)としてルシファーが登場している。
2020年8月31日に探索で入手できるようになった。

ウェポンタイプが「ソード/レイピア」の装甲娘に装備できる。

必殺ファンクションは「デビルソード」を使用。
効果は、敵全体に120%の格闘ダメージを与え、物理属性ダウンを付与する。

ソード/レイピア系のACCMは他にペルセウスがある。
ペルセウスは敵列に対しての攻撃で、こちらは全体攻撃である。

装甲娘戦機』では

装甲娘戦機 / スズノ


装甲娘のアニメ作品の装甲娘戦機では、ルシファーの力を持つスズノ(CV:宮下早紀)が登場している。

詳しくはスズノ(装甲娘戦機)を参照。

余談

登場回数こそ多くはなかったものの、プレイヤーである神谷コウスケのインパクトやそのデザイン等から高い人気を誇り、プラモデル「ハイパーファンクション」シリーズにアキレスジ・エンペラーに次ぐ3体目として、ラインナップに加わることとなった。

海外展開の場合。LBX名は宗教上の理由からかNEMESIS(ネメシス)とされている。

名前の由来はルシファー。天使の中でも最上級の位を持っていたが堕天堕天使達の長となった。大魔王サタンと同一視されている。この機体が二つの面を持っているのも元ネタの設定から取られたため。

関連イラスト

ルーさん
LBXルシファー



関連タグ

レベルファイブ ダンボール戦機 ダンボール戦機W LBX ナイトフレーム 神谷コウスケ シャドールシファー

関連記事

親記事

ナイトフレーム ないとふれーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルシファー(ダンボール戦機)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19821

コメント