ピクシブ百科事典

シャドールシファー

しゃどーるしふぁー

シャドールシファーとは、『ダンボール戦機W』及び『LBX烈伝』に登場した小型ロボット「LBX」のひとつである。
目次[非表示]

概要

テロ組織「ディテクター」がルシファーを強化改良したLBXであり、アーマーフレームのタイプはナイトフレーム

その姿は先代ルシファーをベースとしつつも大きく様変わりしており、黒中心のカラーリングを中心により悪魔的になっている。
背中のビームウィングは撤廃され、代わりに巨大なブースターを搭載。その重量はLBXが耐えられるギリギリのレベルだが、直線軌道における推進力は大幅に向上している。
基本装備は、剣「ヘルズエッジ」と、盾「魔王クエイサーシールド」。どちらも先代ルシファーのものを踏襲している。

全体的に大胆なイメージチェンジが図られているものの、コウスケの美学には適っていた模様。

派生機体

竜帝ルシファー

ゲーム版にのみ登場する、雷龍を意識したカラーリングとなったシャドールシファーのカラーバリエーション機。
灰原ユウヤ専用に作られたらしく、彼に使わせると専用のセリフが流れる。

作中での活躍

ディテクターに洗脳され、スレイブプレイヤーとなった神谷コウスケの機体として登場。
大空ヒロジェシカ・カイオスの前に立ちはだかり、ペルセウスジャンヌDのタッグ相手に互角に渡り合っていたが、わずかな隙を突かれ、ジャンヌD必殺ファンクションでも何でも無いただの発砲で爆散。先代ルシファーも割とアレだったが、それを上回るあっさりとしたやられっぷりはもはやギャグの領域である
後のミゼル編ではしれっと復活しており、他の多くのLBXプレイヤーと共にミゼルの野望に立ち向かった。

後の外伝『LBX烈伝』でも、引き続きコウスケの機体として登場。
旧世代の機体ながら、コアスケルトンをAXシリーズに変更する等のメンテナンスを施しているお陰で、その実力は最新鋭のLBXにも引けを取らない
また、コウスケ自身が指揮する神谷重工LBX部門が開発し、テロ組織「ワールドセイバー」に奪われたエンペラーM5を自らの手で葬る為に、クエイサーシールドを改良した新兵装「魔王弓フィーニス」を装備。その威力はスタンフィールインゴットをも貫く。
さらに、先代ルシファーが搭載していた特殊モード「セラフィックモード」も使用可能となっている。
今までの鬱憤を晴らすかの様な活躍をしており、ワールドセイバーに洗脳されたヒロ殺されそうになったアラタの命を救う等、重要な役割を果たしている。
最終決戦では、ジンエンペラーM3カスタムと共に、エンペラーM5を撃破。自らが生み出してしまった兵器にケジメをつけた。

余談

2020年5月の時点で、ハイパーファンクションを除くダンボール戦機のプラモデルとしては最後に発売された商品となっている(再販を除く)。

関連タグ

ダンボール戦機W LBX ナイトフレーム 神谷コウスケ ルシファー(ダンボール戦機) 魔改造 下克上

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャドールシファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152

コメント